« 10月25日(水) 「親学」の背中に子亀をのせて | トップページ | 10月27日(金) 「目黒のサーバル」 »

2017年10月27日 (金)

10月26日(木) 「かばんちゃんの男」

 

10月26日(木) 「かばんちゃんの男」
 ミュージカル「ラ・マンチャの男」の駄洒落ですが何か。お前さん方ね、勘違いしちゃいけない。籠池某だの、前川某だの、黒川某だの、小西某だの、あれはみーんな安倍政権の回し者なんだから。みーんな安倍首相の部下なんだから。マスコミの権威を失墜させようっていう企みなんだから。

 彼らは某日・某所でこんなことを話しあっていたんだから。

 安倍首相「私が森友学園・加計学園でお金を貰ったり友人だからといって特別な便宜を図ったりしたという疑惑をマスコミに流すのだ。マスコミはこんなあほらしい話でも私に対する批判になるならば大喜びで飛びつくであろう。後から話をもっともっとあほらしくしてマスコミの権威を失墜させ国民の信用を失わせるのだ」

 籠池某「はは、首相、こんなのはどうでしょう。私が昭恵夫人に100万円を寄付した体にするのです。そして私は報道陣が見守る中で昭恵夫人の経営なさっている居酒屋まで返しに行くのです。100万円も本物ではありません。一番外側だけホンモノで後は白紙でごまかすのです。こんなバカなことをする人間などおりませんから一発で国民の目も覚めることでありましょう」
 
 前川某「国民が好きなのは何と言っても下半身がらみの問題です。私は出会い系バーに通っていたことにします。そしてネットなどでそれをツッコまれたら<貧困調査のため>と言うのです。こんな見え見えの言い訳をする男など信用される筈もありません。マスコミの評判は地に落ちることでありましょう」

 黒川某「私は小市民を装った活動家という役を演じたいと思います。マスコミは活動家に甘いですからどんなにバカげたことでも好意的な記事にしてくれます。私にはさらなる秘策もございます。選挙期間中に総理を詐欺ほう助罪で刑事告発するのです。証拠が何一つない状況での刑事告発。いかにも活動家らしいPR効果だけを狙った愚行と国民は思うにちがいありません」

 安倍首相「みな、さすがである。素晴らしいアイデアの数々、誉めてつかわす」

 小西某「あの総理、ワタクシはどうすればよろしいのでしょうか」

 安倍首相「おう、小西か、そなたはいつも通りでいればよろしい」

 小西某「お褒めに預かり恐縮至極であります」

 安倍首相「いや、誉めてない、誉めてない」

 安倍首相のたった一つの誤算はいろいろ馬鹿馬鹿しいことをやらせたのにも関わらず、この疑惑をまともに信じ込む国民が少なからず存在したということであった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチと野菜ジュース。350キロカロリー。昼飯は納豆・ゴハン半合、豆腐の味噌汁、大根の煮た奴二切れ、茹でホウレンソウ。500キロカロリー。夕食はピザトースト1枚、大根の煮た奴一切れ、茹でホウレンソウ、納豆ぶっかけうどん。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後は映画もみずにだらだらと「けものフレンズ」見たり「スリーピングビューティズ」読んだり。午後9時過ぎにシャワーを浴び午後11時半に入眠剤を服用、午前1時過ぎに就寝する。

|

« 10月25日(水) 「親学」の背中に子亀をのせて | トップページ | 10月27日(金) 「目黒のサーバル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月26日(木) 「かばんちゃんの男」:

« 10月25日(水) 「親学」の背中に子亀をのせて | トップページ | 10月27日(金) 「目黒のサーバル」 »