« 10月5日(木) 「モリカケですか、レレレのレー」 | トップページ | 10月7日(土) 「ハイ&ローのガンダルフ」 »

2017年10月 7日 (土)

10月6日(金) 種も仕分けもありません

 

10月6日(金) 種も仕分けもありません
 嘘つけ(笑)。58名もの犠牲者を出したラスベガス乱射事件。私はどうしても1966年のテキサスタワー事件を思い出さずにはいられない。テキサスタワー事件の犯人チャールズ・ホイットマンは元海兵隊隊員。彼は犯行に先立ち自分の母と妻を殺害、そして受付嬢や見学者を殺害してテキサスタワーに侵入。展望台から眼下の人々を次々に撃ち始めた。犠牲者は15人(妊娠していた犠牲者の胎児、腎臓を撃たれて重い障害が残り、後に死亡した1名を含めて犠牲者数を17名とする場合がある)。なんとも準備の良いことに長時間の籠城に備えてホイットマンは弁当を持参していたという。

 私がこの事件を知ったのはスティーヴン・キングの「ゴールデンボーイ」から。他にもジョン・ウェイン・ゲーシー、ヘンリー・ルーカス、テッド・バンディ、ジェフリー・ダーマー等々アメリカの連続殺人犯に興味をもったのは間違いなくキングの小説がきっかけである(笑)。お陰様で『羊たちの沈黙』で腕にギブスをして包帯で吊った男が車に家具を積み込むのを手伝って欲しいと親切な女性を誘い、拉致するという手口がテッド・バンディのアレンジだったことを知った時に奇妙な快感を覚えるような人間になってしまったとさ。  

 アン・ルールの「テッド・バンディ 「アメリカの模範青年」の血塗られた闇」、ブライアン・マスターズの「死体しか愛せなかった男―ジェフリー・ダーマー」も読んじゃったしな。でもさすがにダーマーの実父 ライオネル・ダーマーの「息子ジェフリー・ダーマーとの日々」は読む気にならんかった、うん。

 ということでスティーヴン・キング 「スリーピングビューティーズ」の登場人物紹介第2弾。フリッツ・メシャム 37 整備士 バリー・ホールデン 47 パブリックディフェンダー(これはどう訳せばいいのだろう)、オスカー・シルバー 83 判事 マリー・パック 16 エリック・ブラス 17 カート・マクリード 17 ケント・ダーレイ 17 ドーリング高校の生徒  ウィリー・バーク 75 ヴォランティア ドロシー・ハーパー 80 引退老人 マーガレット・オドネル 72 ゲイルの姉 引退老人 ゲイル・コリンズ マーガレットの妹 68 歯医者秘書 ミセス・ランサム 77 パン屋さん(このミセス Mrsにはピリオドがついていない) モーリー・ランサム 10 ミセス・ランサムの孫 ジョニー・リー・クロンスキー 41 私立探偵 ジェミー・ホーランド 44 歴史学教授 イブ・ブラック 30年来の異邦人(意味が良く分からん)

 刑務所 ジャニス・コーテス 57 ドーリング刑務所所長 ローレンス・ヒックス 50 ドーリング刑務所副所長 ランド・クィグリー 30 ヴァネッサ・ランプレイ 42 2010&2011年 オハイオ 腕相撲選手権の35~45歳部門のチャンピオン ミリー・オーソン 29 ドン・ピータース 35 ティグ・マーフィ 45 ビリー・ウェッターモア 23 スコット・ヒュージース 19 看守 ブランチ・マッキンタイア 65 秘書 クリントン・ノークロス  48 刑務所付き精神科医 

 まだまだ続きます。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にふりかけでゴハン、油揚げの味噌汁。目玉焼き 400キロカロリー。昼飯に玉ねぎ半個を電子レンジで3分加熱して花かつおを振り掛け牡蠣醤油をちょっと垂らした奴とマルタイ棒ラーメン。350キロカロリー。夕食は冷凍食品の牛肉カルビ焼きとキュウリ一本で缶ビール500mlを一本。その後、牛肉カルビ焼きの残りを丼飯にのっけて納豆と一緒にわしわしかき込む。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 後は映画も見ずに音楽聞きながら読書。「スリーピングビューティズ」読了4パーセント。午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 就寝午前1時過ぎ。

|

« 10月5日(木) 「モリカケですか、レレレのレー」 | トップページ | 10月7日(土) 「ハイ&ローのガンダルフ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月6日(金) 種も仕分けもありません:

« 10月5日(木) 「モリカケですか、レレレのレー」 | トップページ | 10月7日(土) 「ハイ&ローのガンダルフ」 »