« 11月9日(金) 『CICの黄色いハンカチ』 | トップページ | 11月4日(土) 『テイクアウトの城ラピュタ』 »

2017年11月 6日 (月)

11月5日(日) 『天かすの城ラピュタ』

 

 11月5日(日) 『天かすの城ラピュタ』
 これは苦しい(笑)。スティーヴン・キング 「スリーピングビューティズ」ようやく読了。発売(キンドルへのダウンロード)がアメリカ時間の9月26日だったから約40日掛かったか。実本では700ページオーヴァーの本なのだが、キングを読みつけていると「ははあ、ちょっと長めですな」くらいにしか感じられない。これが「すげえ長い」に変わるためには最低1,000ページ以上ないと(笑)。

 書き忘れていたが保安官代理のテリーは急変する状況のストレスに耐えきれず酒に逃げ、さらにガレージの中で排気ガスを使って自殺してしまった。

 刑務所でイブと対峙したフランクと皆さん。彼女を射殺しようとする。それを必死に止めるクリント。「待て、これは彼女が俺たちを試しているのだ、うっかり彼女を殺してしまうと女たちは永遠に帰ってこなくなるぞ」ためらうフランク。彼はついにイブを射殺せず、彼女の言うあの場所へ行ってみようということになる。

 車に分乗してみなさんが向かったのはもちろんあの巨木。みんなは仰天する。さらに白い虎、赤い蛇(レッドスネークカモン!)、そしてクジャクを見てもう1回仰天だ。イブは巨木を指さし「あれがポータルよ、彼女たちがいる世界と行き来できるの」イブはミシェルを連れて巨木のうろに入る。そして向こうの世界へ。

 女たちも巨木から出てきたイブとミシェルに男たちに負けず劣らず仰天している。ジャニス(コーテス)とミシェルは感動の対面。そして女たちは向こうへ帰るかどうか議論を始めた。イブによれば向こうの世界へ戻るためには全員の賛同が必要だと言う。一人でも反対すればそれはかなわない。彼女たちが戻れば全世界の女たちが戻ってくる。さんざん話し合った末にやっぱり戻ることが決定。女たちは巨木のうろに次々と入っていく。

 最後に残ったのはリラであった。彼女は勘違いしたとはいえ結果的にジャネットを射殺した自分を未だに許せていない。彼女は巨木の傍に彼女の墓をつくり最後の別れを告げる。そして彼女も巨木のうろへ向かった。

 全世界で繭化した女性たちが目覚めた。「大いなる覚醒の日」が始まったのだ。

 続く(あと一回で終わりです)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に雑炊。350キロカロリー。昼飯は大根の煮た奴とキュウリ、トマトをトッピングしたラ王冷やし中華。ああ、この冷やし中華もあと三食で無くなってしまう!500キロカロリー。夕食はトマト、チーズを使ったピザトーストを二枚。600キロカロリー。これでビール500ml缶一本飲む。そして仕上げにゴハン。ふりかけ、煮た大根を使って作った味噌汁でゴハンを半合。300キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,750キロカロリーなり。

 その後はWOWOWで録画しておいた「WAHAHA本舗 全体公演4(だったかな)」のっけからすずまさによるコンドームのふくらまし方指南。このコンドームは入場の際に観客の一人一人に配られていたもの。やっぱり昔のWAHAHAは良かった。なんであんな風になっちまったんだ?

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は昔の「大食い選手権 史上最弱チャンピオン 杉山」(1998年04月16日, TVチャンピオン「全国大食い選手権〜春てんこ盛り湘南・伊豆大食い死闘編」)の回。この大会で予選でトップだったのはいい年こいてまあお顔もそんなでもないのに未だに芸能学校通ってレッスンを受けているという人であった。しかし、この人は第1回戦の肉まん大食いであえなく敗退したしまった。ついでに言えばこの大会で優勝した杉山氏も次の大会で同じく1回戦負け(だから史上最弱のチャンピオンと呼ばれる)。

 今の大食い大会が偉いのはこの芸能学校通ってた人と同じくらい「変な人」を未だにオミットせずちゃんとキャラクターとして出してくることだよなあ、え、誉めてないって?

 午前1時過ぎに就寝。
 

|

« 11月9日(金) 『CICの黄色いハンカチ』 | トップページ | 11月4日(土) 『テイクアウトの城ラピュタ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月5日(日) 『天かすの城ラピュタ』:

« 11月9日(金) 『CICの黄色いハンカチ』 | トップページ | 11月4日(土) 『テイクアウトの城ラピュタ』 »