« 12月9日(土) 「盗んだ俳句で走り出す」 | トップページ | 12月11日(月) 月が出た出た、月がぁ出た、身請け炭鉱の上にでた »

2017年12月12日 (火)

12月10日(日) 祇園精舎の鐘の声、職業不詳の響きあり

 

12月10日(日) 祇園精舎の鐘の声、職業不詳の響きあり
 いいですか、私には「平家物語」と「源平合戦」の区別がいまひとつ分かっていないのですぞ。南極地底世界説でその手の人には有名なバード少将(リチャード・バード)。子供の頃この人の伝記を読んだのだが、この人は幼少時、おじいさんのところへ行ったついでに客船で世界旅行をしたというお坊ちゃんであった。この旅行で「世界には夕暮れのない地域がある」ということを知ったリチャード。え、どこ?それ。

 この伝記ではかなりむりやりに日本人南極探検家 白瀬中尉のエピソードが語られていて、バードが当時、忘れられていた白瀬中尉の南極探検を再評価したことになっていた。ちなみに南極探検から帰還した白瀬中尉、後援会が国民の義捐金を使いこんでいたため現在の価値に換算すると1億5千万円もの借金を負うことになってしまった。その後彼は借金返済のために20年もの間、実写フィルムを抱えて娘と共に、日本はもちろん台湾、満州、朝鮮半島を講演して回ったという。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にうどん。乾燥わかめを放り込んだら実にそれらしくなった(美味しくなったという訳ではない)。昼飯はゴハンと豆腐・わかめの味噌汁、納豆。夜はカツオの叩きとマグロの刺身、豚汁。ビール500ml缶一本飲む。ゴハンは半合。

 その後、音楽を聞きながらだらだらと読書。午後9時すぎにシャワーを浴びて午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 12月9日(土) 「盗んだ俳句で走り出す」 | トップページ | 12月11日(月) 月が出た出た、月がぁ出た、身請け炭鉱の上にでた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/66150987

この記事へのトラックバック一覧です: 12月10日(日) 祇園精舎の鐘の声、職業不詳の響きあり:

« 12月9日(土) 「盗んだ俳句で走り出す」 | トップページ | 12月11日(月) 月が出た出た、月がぁ出た、身請け炭鉱の上にでた »