« 12月16日(土) 身請け文明 | トップページ | 12月18日(月) グングニールアシスタント  »

2017年12月18日 (月)

12月17日(日) 「アジテーターのジョー」

 12月17日(日) 「アジテーターのジョー」
 いきなり赤軍派のキチガイに「我々は明日のジョーである」とか言われてちばてつや先生、梶原一騎先生も困っただろうな駄洒落。WOWOWハイビジョン録画の『寄生体X』というフランス映画を見る。このクソそうな邦題に違わず予想通りのクソ映画であった(笑)。

 彗星が地球に大接近する。するとなぜか人が凶暴化して主人公少年のパパが夫婦喧嘩の末にママを包丁でぐさぐさ、ぎゃあああ。それから11年が経過、少年は元気に成長してちょっといい加減なオンラインパソコンサポートサービスの仕事に勤しんでいる。どういう風にいい加減かというと、「パソコンのトラブルで困った人が電話してくるとなんでもかんでもとりあえす“再起動”してください」と言うだけという・・・(笑)。そんな時、あの彗星がまた地球に大接近。どうやら11年前の大接近の時に宇宙生物が地球に降ってきて多くの人々に密かに寄生していたらしく、そいつらが彗星の再接近で元気はつらつオロナミンC!人間をゾンビのごとく操ってパリ(エッフェル塔とか出てこなかったけどとりあえずパリにしておけば間違いなかろう)が阿鼻叫喚の地獄と化す!のであった。

 前半のムードは悪いものではない。メールで隣人の女に呼び出された主人公がどこそのマンションでやっているパーティにやってくるあたりのシークエンスはお祭り騒ぎの世紀末的な混沌を的確に表現しているし、カクテル飲んだ主人公がトイレで失神、意識を取り戻してみたらゲロ吐いていた!がのちの展開に何の関係もなかったというやる気の無さも良いぞ。しかし、この好印象はすぐに雲散霧消、ゾンビ的な人間が次から次へと襲い掛かってくるどこかで見たような場面が続いて81分という短い映画なのに飽き飽きしてしまうのだ。

 これはなんだな、30年以上も前ににっかつホラービデオで『死体と遊ぶな子供たち』を見た時のがっかり感に似ているな、ソッチ関係の雑誌でやたらに持ち上げられていたものの、実際見てみたらゾンビが出てくるまでみんながあれこれおしゃべりしているだけでタイクツ極まりなかったんだよな、まさか30年以上もたって同じような気持ちになるとは思わなかったよな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとゼロカロリーコーラ。350キロカロリー。昼飯はうまかっちゃん。海苔やらねぎやらもやしやらたっぷり入れて食う。500キロカロリー。夕食は豚のしゃぶしゃぶでビール500ml缶一本飲んでアマゾンで取り寄せた盛岡冷麺。キムチ、茹で卵、キュウリ、チャーシューをのせた豪華版。900キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,750キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動し前述の『寄生体X』を見ていろんな意味で悶絶したのである。ハイビジョン画質はまあ、それなり。黒が浮いているけど変なノイズが出るよりよほどまし。音声はAAC5.1チャンネル。いやあ、久しぶりだなあ、こんなに音数が少なくて貧乏くさいサラウンドは(笑)。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は「そこまで言って委員会」など。就寝午前1時過ぎ。

|

« 12月16日(土) 身請け文明 | トップページ | 12月18日(月) グングニールアシスタント  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月17日(日) 「アジテーターのジョー」:

« 12月16日(土) 身請け文明 | トップページ | 12月18日(月) グングニールアシスタント  »