« 12月27日(水) 「みにくいアルフィーの子」 | トップページ | 12月29日(金) 「新宿コール天街」 »

2017年12月29日 (金)

12月28日(木) 「みにくいアヒージョの子」

 

12月28日(木) 「みにくいアヒージョの子」
 私はどうもオリーブオイルという奴が信用できん駄洒落。韓国映画『造られた殺人』を見る。ストーリー的にはかなりいい加減な映画なのだが(笑)全編を彩る強烈なブラックユーモアとキム・デミュン演じる連続殺人犯の凄まじい狂いっぷりに最後まで目が離せなかった。中盤以降の展開は良い意味で私の予想を裏切りハラハラ・どきどきのしっぱなし。映画の原初的な楽しさ・面白さを存分に味わうことができた作品と言っても過言ではないだろう。

 こういう楽しさを邦画でも体験したいものだが、まあ、無理だろうねえ、あはははは・・・。

 いずもを空母に改修!のニュース(誤報だったけど)にいろいろ吹き上がっているアレな人たちがいるようだが、いづもというのは単純なヘリコプター護衛艦というだけではない。もちろん、ヘリコプター運用能力に優れた大型艦であるが、任務の多様化に対応するため輸送艦機能、他艦艇への補給機能(3,300kLの貨油・真水:汎用護衛艦3隻分)、病院船機能(35床)をも備えているのである。空母への改修はいずも型の大きな特徴であるこの多機能性を大きく損なってしまうだろう。

 また、F35Bを運用するに当たってその能力を最大限に発揮させるためにはスキージャンプ台の装備が不可欠である。しかし、いずもは艦首に大重量のソナーを備えるため艦のバランスの関係からスキージャンプ台の後付は困難であると言われている。もちろん、スキージャンプ台なしでもF-35Bの短距離離陸による運用は可能であるが、飛行甲板をほぼ全面使って滑走するためにヘリコプターの運用に著しい制限が生じるであろう。

 そもそも「日本政府がヘリコプター護衛艦を空母に改修してF-35Bを載せることを検討」と報道されたのは今回が初めてではない。2013年7月14日にFNNは、日本政府はF-35Bを海上自衛隊の「ヘリコプター搭載型護衛艦」に艦載機として配備・運用するために、2020年代半ば以降の導入を目指し、検討していると報じたが7月16日の防衛大臣記者会見で否定された。

 まるっきり同じようなことを報道してまるっきり同じように否定される。この「いずもを空母に(日本が空母を保有する)」というフェイクニュースの繰り返しに何らかの政治意図を感じてしまうのは何も私だけではあるまい。だいたいよう、実際に日本政府にそのような意図があるのならば今年3月に就役したかがに何らかの改良がくわえられていただろう(艦首CIWSの位置を変えたりとかさ)。。

 たぶん、このニュースをでっちあげた奴は「かが」の存在を忘れている(笑)。

 (いずも型の空母改修とは関係なしに将来的に海自がF35BをNIFC-CAのセンサーノードとして少数機を導入、運用するということはあり得るかもしれない。SM6の導入、対応イージス艦<ベースライン9>の整備などハードルは高いけれど))。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとゼロカロリーコーラ。昼飯は盛岡冷麺。夕食はコンビニのからあげ炒飯弁当とうまかっちゃんという無茶飯(笑)。これだけで1,500キロカロリーぐらいいっとる。

 その後、プロジェクターを起動させて前述の『造られた殺人』を見たのである。ハイビジョン画質はなんというか、奥行き感の表現は大変に優れているのだが、どうも細かいノイズが多い。また画面の左の一部に定期的に変な青いノイズが出現するのはどういう訳か。

 音声はAAC5.1チャンネル。サラウンド音場はあまり広がらないが一つ一つの音の鮮度が宜しい。重低音もなかなか効果的に使われている。

 その後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 

|

« 12月27日(水) 「みにくいアルフィーの子」 | トップページ | 12月29日(金) 「新宿コール天街」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月28日(木) 「みにくいアヒージョの子」:

« 12月27日(水) 「みにくいアルフィーの子」 | トップページ | 12月29日(金) 「新宿コール天街」 »