« 1月17日(水) バカボン上映 | トップページ | 1月19日(金) 「ハバネロ退屈男」 »

2018年1月19日 (金)

1月18日(木) 「サラウンド・パリ」

 

1月18日(木) 「サラウンド・パリ」
 ドルビーサラウンドかなあ、ドルビーデジタルかなあ、DTSかなあ、ソニー・ダイナミック・デジタル・サウンド(SDDS)かなあ、アトモスかなあ(一応、劇場用のサラウンド規格限定駄洒落です)。元ネタは「サロン・ド・パリ」フランスの王立絵画彫刻アカデミーが18世紀にパリで開催するようになった公式美術展覧会。私は無教養なので名前以外はちーっとも知らんかった。

 夏木陽介死去 享年81 この人の私にとってのイメージはやっぱり『三大怪獣地球最大の決戦』の新藤刑事だなあ。正気を取り戻したサルノ王女に拳銃をチャキっと構えて「私は日本の警察官 そして貴方のボディガード」とカッコよく決めた瞬間、伊藤久哉に拳銃を撃ち飛ばされる。このあまりに無慈悲なタイミングの悪さにオールナイトの劇場中から失笑にも似た笑いが巻き起こったものである。

 (この後、伊藤久哉がキングギドラの引力光線によってまき散らされた落石をがっと受け止めて悲鳴を上げながら谷底へ落ちていくというみうら・じゅん師言うところの岩石ブレーンバスターによってさらに爆笑状態となるのである)

 追悼のために録画してある『独立愚連隊』『独立機関銃隊未だ射撃中』『のら犬作戦』『蟻地獄作戦』を急ぎみることにしよう。ご冥福をお祈りする。


 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にマルちゃん正麺の塩ラーメンとキュウリ。400キロカロリー。昼飯はケチャッピーのナポリタン。パプリカ細切り、電子レンジで3分加熱した茄子を使う。これでケチャッピーを大目に使ったらなんかにやにやするくらい美味しくできてしまった。やっぱりケチャッピーはケチったらいかんピー!500キロカロリー。夕食はカレー。冷凍のミックスヴェジタブルとシーフードミックスをフライパンで炒め水を灌ぐ。香味ペーストを入れた後しばらく煮込んでジャワカレー ルー一欠けを投入。焼肉のタレで味を調える。「クッキングパパ」の原口さん考案の簡単カレーを参考にしたレシピ(オリジナルは香味ペーストの代わりに豚骨スープの素を使う)であるが、ちょっと味が濃すぎた。あれはもう少し水で薄めなければならん。ゴハンが少し多めでだいたい600キロカロリーくらいか。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ネオンデーモン』を見る。20歳過ぎたらただの人、整形は当たり前、胸だって小さくしちゃうわ、ごらんなさい、おかげでハンガーみたいな体型よ!というモデル世界の実情と暗部を描く!というのはお題目に過ぎない。N・W・エフン監督はこのお題目を免罪符として、異常な性愛と美への執着を描くことにただひたすら腐心している。

 その象徴と言える存在がメイク係りでエンバーミングのアルバイトをしていてしかもレズというややこしい役柄を演じたジェナ・マローン。ヒロイン(エル・ファニング)から拒絶された彼女は、性的渇望を癒すためにエンバーミング中の女性の死体と自慰的な性行為を行うのである。それがまた、死体の胸を揉みしだきながら口中に唾を吐きいれ、それを自らの舌で掬い取る、終いには死体にまたがって激しく腰を使い始めるというおいおいおいおいおいなもの(笑)。そりゃ確かにジェナ・マローンはそのキャリアにおいて『ドニ―・ダーコ』(2001年)のグレッチェンに代表されるような「可愛いけれどもどこかイタい少女・女性」を演じてきた人だけど、まさかここまでやっちゃうとは。

 これがあまりにショッキングだったので後の展開がもうどうでも良くなってしまったくらいです。

 ハイビジョン画質はまあダメですな。細かなノイズが目障りだしコントラストも不十分。N・W・エフン監督の特徴的な絵作りをスポイルしてしまっているようだ。音声はAAC5.1チャンネル。このサラウンドは情報量が多い、台詞の彫りが深く立体的、BGMの品位が高い。控えめな重低音の使い方など美点が多いが、これはまあ、ヤマハ AVプリ CX-A5100の力によるものなんでしょうなあ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動し、今までちびちびと見ていたWOWOWハイビジョン録画の『血と砂』を最後まで。岡本喜八監督は単純な反戦ではなく、敵中の拠点をわずか17人(そのうち13人はそれまで実戦経験のない軍楽隊の若い奴ら)で奪取・固守しなければならないという絶望的な状況を使って戦争における「ひたむきな一生懸命さ」を描こうとしたのではなかったか。

 彼らがどれほど勇猛果敢、懸命に戦おうがその果てに待っているのは“滅び”でしかない。その冷徹な現実にすりつぶされる人間を描くことで結果的に戦争の空しさを強く訴えかけているのではないかと思うのである。

 モノクロハイビジョン画質はやっぱりダメ。コントラストが確保できておらず黒も浮き気味。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 1月17日(水) バカボン上映 | トップページ | 1月19日(金) 「ハバネロ退屈男」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月18日(木) 「サラウンド・パリ」:

« 1月17日(水) バカボン上映 | トップページ | 1月19日(金) 「ハバネロ退屈男」 »