« 4月16日(月) 「ヴィージャーと学校友だち」 | トップページ | 4月18日(水) 肉を切らせてホルモンを絶つ »

2018年4月19日 (木)

4月17日(火) 「かんかんのうの国のアリス」

 

4月17日(火) 「かんかんのうの国のアリス」
 かんかんのう きうれんす・・・。うん、圓生古典落語の「らくだ」を読んで腹を抱えて大笑いしたのは我が人生の中でもトップクラスの素晴らしい体験であった(その程度でトップクラスなんてあなた、あまり良い人生を送ってないわねとか思わないでください)。

 『ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アース』(『Nazis at the Center of the Earth』)という素敵な映画を見た。アサイラムとナチスの残党という大変にグッドな組み合わせ。ナチスの残党というものはとにかくヒトラーを蘇らせたがったり、毒ガス作って今更地球を征服しようとしたりするもので、この映画はその枠から一歩もはみ出していないのが凄いのだ(変な誉め方)。ナチスの残党は自らちゃーんと一目でナチスの残党だと分かるようにナチスの制服を着たりしているんだぞ、スワスチカだって忘れないぞ。

 そしてよりにもよってジェイク・ビジー(『スターシップトゥルーパーズ』のバカ、エースですよ、しかもゲリー・ビジーの息子なんだ、これが)の科学者(笑)によって誕生したのがロボ・ヒトラー!こんなの『ゼイ・セイブド・ヒトラーズ・ブレイン』(1967年 http://sfcineclassics.movie.coocan.jp/TheySavedHitler'sBrain.htm)以来の衝撃ですよ。

 冒頭のまったく南極に見えない南極場面(フツー、白い息を吐いたりするよね、寒いんだから)といい、ロボヒトラーと言い、ナチスの秘密基地なのだけれども、同じような倉庫や廊下を延々と逃げたりする安っぽさといい、私の期待をまったく裏切らない凄く良い映画でしたよ(本気)。

 ハイビジョン画質やステレオ音声については、オトナとしてうるさく言わないってことで(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯はマルタイ棒ラーメン。夕食は冷凍食品の水ギョーザ5個でビール500ml缶一本を飲んで野菜炒めとゴハン1合。

 その後前述の『ナチス・イン・センター・オブ・ジ・アース』を見て大喜びしたのである。

 終了後にシャワーを浴びてだらだら。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 4月16日(月) 「ヴィージャーと学校友だち」 | トップページ | 4月18日(水) 肉を切らせてホルモンを絶つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月17日(火) 「かんかんのうの国のアリス」:

« 4月16日(月) 「ヴィージャーと学校友だち」 | トップページ | 4月18日(水) 肉を切らせてホルモンを絶つ »