« 4月1日(日) 「マブチ売りの少女」 | トップページ | 4月3日(火) 「ファミマ第三の予言」 »

2018年4月 3日 (火)

4月2日(月) 浅利新聞

 

4月2日(月) 浅利新聞
 政治性のまったくない朝日新聞の駄洒落です、はい。今月の米国盤UHD注文リスト『CoCo リメンバーミー』『ゲット・アウト』『シェイプ・オブ・ウォーター』(日本語字幕音声入り)『グレーテストショーマン』の4本。12,546円で1枚当たり3,137円 国内盤はあるところで手に入れた『スターウォーズ 最後のジェダイ』(UHDディスクのみ ケースもつかん) こちらは変則的な買い方なので皆さんの参考にはならないと思うけど、一応、税込みで2,800円ぐらいでした。

 米国盤UHD『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』を見た。ゲーム世界に現実の世界が浸食されていった前作とは違い、今度はそのゲーム世界が舞台となる。それだけにストーリーの面白さは前作の方が上なのであるが、そこを補っているのがキャラクターそれぞれの上手い使い方。

 他のUHDソフトで見た予告編のドゥエイン・ジョンソンはドゥエイン・ジョンソンであってドゥエイン・ジョンソンではない。これはゲーム世界のアバターでそのプレイヤーはオタクで運動オンチの高校生なのである。同様に他の4人も屈強な高校フットボール選手のアバターが小柄なお調子者、地味なガリ勉女子高生が常にヘソ出しファッションの美女、イケイケ・インスタ女子高生がなんとジャック・ブラック(笑)。

 このギャップを各人がそれぞれ絶妙な演技で笑いに膨らませてくれるのだ。

 特におかしかったのが密かに想い合っていたドゥエイン・ジョンソン(オタク高校生)とヘソ出し美女(ガリ勉女子高生)の告白・キスシーン。好きだと言われたドゥエイン・ジョンソンはちょっと困惑する。「今の僕がこの姿(ドゥエイン・ジョンソン)だから」「違うわ、そんなキンニク、私のタイプじゃない、好きなのはオタクよ」「わー、僕、オタクで良かった」と満面の笑顔で叫ぶドゥエイン・ジョンソンって凄すぎるだろ(笑)。

 そして二人は感動のファーストキス!不器用に唇を合わせるのだが、現代の高校生らしく余計な知識に毒されているので最初っから舌をぺろぺろさせているという・・・。

 こういう品の良い下品さ(どういう日本語だ)はいいですねえ。

 前作と最大の違いはゲーム終息後の時間の流れ。前作ではゲームに取り込まれたロビン・ウィリアムズだけの時間軸に改変されたが、今回は20年前に取り込まれたスペンサー(ロビン・ウィリアムズと同じ役割)と主人公たちの2つの時間軸が保持されているのである。

 その仕掛けが功を奏してあの切ない名場面が誕生したのだ。これはネタバレはもったいないのでぜひともご自分の目で確かめてごらんなさい。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にわかめ・ねぎをたっぷり入れたうどんとキュウリ。350キロカロリー。昼飯はたらこスパゲティとラップして電子レンジで4分加熱した玉ねぎ半個。スパゲティが50グラムだったので300キロカロリー。夕食は焼きそば。豚肉・キャベツ、玉ねぎ・もやしをたっぷり使う。後は大根と豆腐の味噌汁。850キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて前述の『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』を見たのである。DIファイルは2Kだが画質は良好。特に奥行き感・立体感が秀逸である。夜のジャングルでもこの奥行き感・立体感が保持されるのはUHDディスクのHDRならでは。音声はドルビーアトモス。ジュマンジドラム(今、私が命名しました)がずんずんと私の周りを行進していく。このシアタールームの中が音で満たされる感覚はたまりません。

 その後シャワーを浴びてお酒。明日からは人間ドック受診のために1週間禁酒するので、その飲み納め。就寝午前1時過ぎ。

|

« 4月1日(日) 「マブチ売りの少女」 | トップページ | 4月3日(火) 「ファミマ第三の予言」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月2日(月) 浅利新聞:

« 4月1日(日) 「マブチ売りの少女」 | トップページ | 4月3日(火) 「ファミマ第三の予言」 »