« 5月25日(金) 「ヒートテック土人のサムサム」 | トップページ | 5月27日(日) 「ツケは無慈悲な夜の女王」 »

2018年5月27日 (日)

5月26日(土) 『かくや姫の物語』

 

5月26日(土) 『かくや姫の物語』
 高畑勲追悼駄洒落。とはいえ、私はこの駄洒落の元ネタである『かぐや姫の物語』も氏の代表作たる『火垂るの墓』も見たことはないし、また『平成狸合戦ぽんぽこ』も何が面白いのかさっぱり分からなかった・・・というのはナイショだよ(笑)。

 スティーブン・キング 「ジ・アウトサイダー」読み始めました。舞台はオクラホマ州の架空都市 フリントシティ。刑事ラルフ・アンダーソンは7月10日の午後9時すぎに60代の男、ジョナサン・リッツから事情を聞いている。リッツは夕食後6時過ぎからビーグル犬を散歩させていた。彼は公園に到着した時、社名も何も入っていない白いヴァンを見つけた。と、その時犬が茂みに向かって吠えだした。リッツはカバの木の葉っぱに血がついているのを発見する。

 彼は茂みに入っていく。その背後でエンジン音、あの白いヴァンが走り去ったのだ。彼は茂みの中を進む。そしてベンチの置かれた小さな空地にたどり着いたとき、彼は少年の死体を発見したのであった。ベンチの脇にうつぶせで倒れていた少年の死体。ズボンと下着は降ろされており、恐ろしいことに彼の尻から木の枝が突き出していたのだ。その枝の皮は向かれていて、何か文字が書いてあるようだった。

 リッツは嘆く。刑事さん、わしゃもうあの光景が忘れられないよ、あんたたちが現場でゲロを見つけたらそれは間違いなくわしのもんだ。ああ、これから睡眠薬がないと眠れなくなっちゃうぞ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にマルちゃん正麺の冷麺。茹でたもやしとふりかけをトッピングしてずるずるやる。400キロカロリー。昼飯はマルちゃん焼きそばの肉なし玉ねぎもやしのみヴァージョン。肉を使わない時はキャベツなしの方がシンプルで美味いかもしれない。400キロカロリー。夕食は茹でホウレンソウとケチャッピーを使ったナポリタン。玉ねぎ、ピーマン、ベーコン。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー。

 その後、プロジェクターを起動させWOWOWハイビジョン録画の『3月のライオン 前編』を見る。プロ棋士という存在をリアルに切り取るような映像の構築力には見るべきものがあるけれども、主人公の心情をドラマティックに描きすぎているのが難点。プロ棋士としての葛藤が映像の現実とあまりにも乖離してしまっているのではないか。

 義理のお姉さんである有村純架の主人公に対する複雑な心情、染谷将太の恐るべき特殊メイク(笑)などは良かったので、これは後半に期待すべし。

 ハイビジョン画質はダメ。解像度は高いのだが暗部にいやーな横引きノイズが走る。音声はAAC5.1チャンネル。薄味でどうにも物足りぬ。

 その後、シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎから時代劇専門チャンネルハイビジョン録画の『新やじきた道中』を1時間ほど。ひょんなことから豪傑の侍姿となったエンタツ・アチャコ。山賊が自分たちを退治しに来たと勘違いし峠道で弓矢・吹き矢・投げ小刀、投石の猛攻撃を加えるのだが、エンタツ・アチャコは気づかない!ぴゅんぴゅんと飛んでくる中を平然として歩いている。地面には小刀が、木には矢がぶすぶすと刺さっているのに(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝・・・と思ったら寝られず。結局ベッドに入ったのは午前2時過ぎとなってしまった。
 

|

« 5月25日(金) 「ヒートテック土人のサムサム」 | トップページ | 5月27日(日) 「ツケは無慈悲な夜の女王」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月26日(土) 『かくや姫の物語』:

« 5月25日(金) 「ヒートテック土人のサムサム」 | トップページ | 5月27日(日) 「ツケは無慈悲な夜の女王」 »