« 5月3日(木) ガウディ君 | トップページ | 5月5日(土) コンドームの日 »

2018年5月 6日 (日)

5月4日(金) みだらの日

 

5月4日(金) みだらの日
 5月4日祝日駄洒落。日テレの水卜麻美アナウンサーは「ザラブ星人」に似ていると思えて仕方ない今日この頃である。さて、岩国基地フレンドシップディ レポート。実際に行ったのは明日、5月5日のことなのだが、どうしたって長くなりますからな、今日の日記から始めさせて頂きます。それは日記じゃねーと言われるかも知れませんがそんなのは私の知ったことではありません。

 A-10兄貴との再会、キレッキレッの三沢基地のデモチームによるF-16のデモフライト。どちらも30年ぶりでマジに涙が出た(笑)。A-10兄貴とか、心の中で「ああ、兄さん、会いたかったよ」と呼びかけたら「俺もだ!」って答えてくれましたからな(妄想)。オスプレイのデモフライトも凄かった。ホバリングでぴたりと停止、微速前進、右にすいーっ、左にすいーっ、その場でくるりと1回転、さらにバックします、注意してください!

 エアプレーンモードによる低空高速パス、短距離離陸、短距離着陸、オスプレイの能力の凄さをこれでもかと見せつけてくれる。また、地上展示のオスプレイの中も見学できたぞ。機内にかなりいい加減に脚立が縛り付けられていたのに笑ったぞ。

  F-35Bの展示飛行はF-16のハイGマニューバーと比較すると見劣りしたけど(というよりF16のチームが凄すぎるのである)、リフトエンジンを使ったホバリングが圧巻。オスプレイと同じく停止してから右にすいーっ、左にすいーっ。ただ、この時のエンジン音はクソうるさい(笑)。フルアフタバーナーでドンと加速するF-16よりうるさい。F-16はすぐに遠くへ行ってしまうけどF-35Bはそのままその位置に留まり続けるから感覚でいえばうるささ2倍である。

 A-10兄貴2機はびっくりするほど汚れていた。ウェザリング覚えたての初心者モデラーがついついやり過ぎてしまったというくらいに汚れていた。歴戦の機体なんだろうなあ。でもこの歴戦の機体も航空祭後半は観客の日よけに使われていたという(笑)。A-10 2機だけは周囲にロープが張られておらず好き放題に機体の下に入り込めたから。

 でもね、いいことばかりじゃなかったんだよ。これはまた明日の日記で。

 本日も休み。朝飯にゴハン1合と豆腐、大根・玉ねぎの味噌汁に卵を落とした奴、ふりかけ。味噌汁の量が多くなってしまったので、いや、何しろ明日は航空祭ですからなあ、冷蔵庫の野菜を始末しておかなければならなかったのであります、食い終わったらお腹パンパン。なんか最近いつもお腹パンパンで申し訳ありません。

 昼飯はマルちゃん正麺の冷麺。やっぱり冷蔵庫の中の茹でもやし、茹で卵、焼き豚、トマトを始末しなければならなかったので必然的に量が多くなりやっぱりお腹パンパン。懲りねえ奴だと笑ってくだせえ。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『特別捜査 ある死刑囚の慟哭』を見る。いやあ、どうも、主人公たちの行動が抜けていて、常に悪役側の方が一枚も二枚も上手。見ていてはらはら、いらいらさせられる。それだけに最後の最後での大反撃が痛快で非常に良い気分にさせてくれた。

 悪役のボスははい、韓国の財閥企業の女性トップ。子飼いの部下に命じて嫁を殺すわ、タクシーの運転手にその罪をなすりつけて死刑囚にするわ、関係していた刑事も殺すわ、なんだか企業のトップと言うより女王様、それもエリザベート・バートリーみたいな存在。もちろん、映画的誇張ではあるのだが、現実の韓国の大財閥トップの横暴さを見ていると・・・。

 こういうのも韓国映画の良さのひとつなんだぞ(笑)。

 ハイビジョン画質はいつも通り。明るい場面は良いのだが暗い場面のノイズやトーンジャンプが目障り。音声はステレオ。それでもヤマハAVプリアンプのCX-A5100のドルビーサラウンドモードを使うとへたな5.1チャンネルに劣らない音場を作り出してくれる。

 夕食はマルタイの長崎ちゃんぽん(念のため言っておくがカップ麺である)とキュウリ一本。この後、シャワーを浴びいろいろ準備を整えてフレンドシップディツアーの待ち合わせ場所である博多駅へ向かったのである。

|

« 5月3日(木) ガウディ君 | トップページ | 5月5日(土) コンドームの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月4日(金) みだらの日:

« 5月3日(木) ガウディ君 | トップページ | 5月5日(土) コンドームの日 »