« 5月31日(木) 「亀仙人のプリンセス」 | トップページ | 6月2日(土) 辛子レオゴン »

2018年6月 2日 (土)

6月1日(金) 辛子レット・イット・ゴー

 6月1日(金) 辛子レット・イット・ゴー
 熊本名物駄洒落。スティーヴン・キング 「ジ・アウトサイダー」 読了60パーセント。郊外の廃牧場で使えるミルク缶を漁っていた他の農場の青年が新たな証拠品を見つける。それはジーンズ、特徴的なバックルがついたベルト、オッシャレ―なスニーカーなど。テリーがアムトラックの駅の防犯カメラに映った時の衣服に間違いない。ほら、指紋もあるぞ。しかし、そのうちいくつかの指紋はまるで年寄りのもののようであった。また彼のシャツも見つからなかった。

 事件で休暇から3日も早く呼び戻されたジャック・ホスキンスは「釣り三昧だったのに」と不満たらたらである。飲酒癖など評判の良くない男だが、このキモチはよーく分かる(笑)。彼は夜の廃牧場へ赴く。現場はバリケードテープで封鎖されていたが、どうした訳か誰もいない。現場に入り込んだ彼は不審な気配を感じる。ちょっとびびって現場を出ようとした彼の背後に今度ははっきりした何ものかの気配が・・・。ホスキンスの首が掴まれた。オレはこのまま絞殺されてしまうのではないか、ふいにその圧力が緩み気配も消え失せた。心底おびえたホスキンスは車で封鎖線を突破し、街へ逃げ戻る。

 ラルフはテリーの事件の真相を明かそうと決意している。思い切ってテリー家を尋ねたのだが、マーシーにすげなく拒否されてしまった。彼を追い返したマーシーであったがこのままテリーが犯人のままであれば、この家に住み続けることはできないだろう。村八分になるのが確実だからである。自分だけならまだ我慢できる。しかし二人の娘をそんな目に会わせることはできない。かといって簡単に街を出ていける筈もなし。他の街に住んでいる姉に世話になる訳にもいかない。全てを一から始めなければならないのだ。マーシーにはもうそんな気力は残っていなかった。マーシーはホーウィーに連絡し、彼とアレックに立ち会って貰ったうえでラルフと話しをすることにする。

 さて、会合の始まり。マーシーはラルフをまったく許していなかったが、彼の話す捜査経緯にびっくり。特に例のホテルの売店で見つけたテリーの指紋という物的証拠があることに驚愕する。彼女はテリーについて調査を進めることに同意する。この時、彼らはグレースからこれまた驚くべき話を聞く。彼女はまたあの変な男の夢を見たというのだ。しかし、今度の男の目は藁ではなかった。テリーの目をしていた。彼女は自分をだまそうとしているのだと直感する。その男は言う。「おれは何度でも戻ってくる。それがいやならラルフ・アンダーソン刑事にメッセージを伝えるのだ」グレースは言う。「刑事のおじちゃんにもうこれでやめろ、これ以上変な真似はするなというの」

 ここはちょっとゾッとするところです(笑)。

 アレックはテリーとその家族が旅行に出かけたデントンでの足跡を追うことにする。彼は「ファインダーズキーパーズ」社へ電話。ある飛行機詐欺事件(「ファインダーズキーパーズ」で語られた事件)で協力したビル・ホッジスに調査を頼もうとしたのだ。電話に出たのはホリーである。彼女は「残念ですがビルは2年前にガンで亡くなりました」彼女が経営を引き継いだファインダーズキーパーズはその後順調な業績を上げているようだ。

 アレックはビルがホリーを大変に褒めちぎっていたことを思い出した。アレックは思い切ってこの不可解かつ不気味な事件をホリーに説明することにした。「そんな馬鹿な話があるもんですか」と電話を切られるかと思いきやホリーは調査を快諾。同じ人物が違う場所に同時に存在した?そんなのブレイディの事件考えたらなんてことはないわ、何しろブレイディは他の人間の体に憑依していたんだから(「エンド・オブ・ウォッチ」)。

 ホリーはさっそくデイトンに赴き精力的な調査を開始する。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。朝飯は茹でた素麺一把を納豆と絡めて麺つゆをぶっかけたもの。博多万能ねぎ刻みをたっぷり振って頂きます。300キロカロリー。昼飯はケチャッピーを使ったナポリタン。玉ねぎ、ピーマン、ベーコンを使用。粉チーズもたっぷり振り掛けたので700キロカロリー。夕食はまたもマルちゃん焼きそば。もうもやしがなくなったので玉ねぎだけだ。それではあまりに悲しいので目玉焼き作って焼きそばに乗っけて黄身を崩してまぶしながら食べると大変おいしゅうございました。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させて『ロストワールド ジュラシックパーク』北米版UHDを見る。ちょっとHDRの使い方がいやらしい(笑)。島へ赴く前の場面では明らかにハイライトが飛んでおりピクチャートーンでの調整を余儀なくされる。ただ、それが夜の場面ではいい方向に働いてブルーレイとは隔絶した映像情報が堪能できた。滝壺の裏に首を突っ込んでくるTレックスとか草むらに逃げ込んだインジェン社捕獲隊の面々をラプトルが襲う場面など、恐ろしさ倍増ですよ。音声はDTS X。やはり移動感の軌跡が非常に明快。低音も映像に確実に追随してくる。

 なお、書き忘れていたが昨日見た『ジュラシックパーク』もこの『ロストワールド』も日本語字幕・音声入り。いや、このセットはUHDディスクに限りすべて日本語字幕・音声収録なのだ!

 終了後シャワーを浴び「ジ・アウトサイダー」に没頭したのである。なんだかますます凄いことになってきた。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

|

« 5月31日(木) 「亀仙人のプリンセス」 | トップページ | 6月2日(土) 辛子レオゴン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月1日(金) 辛子レット・イット・ゴー:

« 5月31日(木) 「亀仙人のプリンセス」 | トップページ | 6月2日(土) 辛子レオゴン »