« 6月17日(日) 「101回目のブルートゥース」 | トップページ | 6月20日(水) チャトラン・ボース »

2018年6月19日 (火)

6月18日(月) 行こうここもじきオフ会に沈む

 

6月18日(月) 行こうここもじきオフ会に沈む
 元ネタの『ナウシカ』は当然見ている筈なのですが、ストーリーなどほとんど覚えていないという・・・。返って喜国雅彦先生のパロディ、テレビ放送された『風の谷のナウシカ』 突然、「ただいま米ソのミサイル基地から核ミサイルが発射されました。核戦争です」というテロップが入る、熱心に見ていたオタクたちが、「な、なにー!」エアチェックをしていたオタクたちからの抗議の電話でテレビ局の回線がパンクする(「傷だらけの天使たち」に収録」、の方をよく覚えておりますな。

 F-35とは統合打撃戦闘機計画(JSF)に基き、ロッキード・マーティン社が中心となって開発された(あるいは開発中)第5世代ジェット戦闘機に分類されるステルス機である。ほぼ同一の機体構造を用いながら、基本型の通常離着陸(CTOL)機であるF-35A、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)機のF-35B、艦載機(CV)型のF-35Cを製造するというマルチロール化を本来の意味で実現した画期的な機種である。また、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)による360度視界、AN/APG-81 レーダーや赤外線・光学ベースのAN/AAQ-40 EOTS等々、その電子装備類はアメリカ空軍のステルス戦闘機F-22をしのぐものとなっている。

 今回岩国フレンドシップディでアジア地域で初めてのデモフライトを行なったF35Bはメインエンジンとリフトファンを使い垂直離陸・垂直着陸が可能である(垂直離陸はまあ、デモフライトぐらいでしか使わないが)。さらに短距離・短距離着陸が可能であり運用の柔軟性を高めている。F35B以前のSTOVL機として唯一の成功例であるハリアー(フォージャーはまあ、アレだから)は滑走着陸はできず、垂直着陸での運用のみであった。F-35Bを運用する英海軍のクィーン・エリザベス級空母では短距離着陸能力で同機の着艦重量制限が大幅に緩和されると言われている。

 なお、F35Bが初めて映画に登場したのは2007年の『ダイハード4.0』 テロリストの策略により誤った情報を与えられたF-35Bがマクレーンの乗るトラックを追撃、ホバリングしながら機関砲でぼこぼこに破壊する。しかし、実際のF-35Bにはそうした固定武装がなくマニアに激しくツッコまれることになってしまった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に豆腐・玉ねぎ・キャベツ・もやしを使った具だくさん味噌汁。150キロカロリー。昼飯は鳳凛でラーメン+替え玉+替え玉。生まれて初めて替え玉2回やっちゃった、ごめんなさい。外食摂取カロリー量一律基準を適用して1,000キロカロリー。夕食はホウレンソウ・ベーコンを使ったスパゲティ。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,750キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『スリービルボード』を見る。これはまあ、アメリカに限らないのですが、だいだいコミュニティの濃密な田舎町というのはジグソーパズルをくみ上げたような感じで秩序が成り立っているものでありまして、ただし、そのジグソーパズルというのは決められた場所に決められたピースをはめ込めばぴたりと決まるという精緻なものではありません。でこぼこでいびつなピースを無理やり押し込んでいるようなものです。ですからどこかがひとたび破綻すればその影響はバタフライ効果の如く秩序自体に大きな影響を及ぼすのであります。

 『スリービルボード』はこの現実を多種多様な人物像を苦いユーモアと共に主にマイノリティの視点から描いた傑作なのです。

 ただ、気になったのはアフガンからの帰還兵士を現地でレイプ殺人を行ってきたのではないか、上層部はそれを隠ぺいしているのではないかと仄めかしていること。最初は戦場体験のPTSDで苦しんでいるであろう帰還兵士を一種のマイノリティとして扱っているのかとも思ったが、この兵士と思われる男は約2000キロも離れたアイダホからわざわざやってきてヒロインのフランシス・マクドーマンドにかなりえげつない脅しを仕掛けているのである。そこにある種の偏見が介在していることは否めないだろう。

 帰還兵士というのは映画を名作にするための道具ではないと私などは思ってしまうのだが・・・。

 ハイビジョン画質は解像度に優れるものの、諧調推移部分に青みが掛かってしまう。音声はDTS-HDマスターオーディオ。BGMの品位が特に素晴らしい。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎから半分ほど見ていた『風に逆らう流れ者』を最後まで。いやあ、日活アクション映画に慣れていないと火薬密輸船での小林旭と神山繁のやりとりが理解できないだろう。神山繁はなるほど潜入捜査官に決まっているのだが、初めて見るような人間にそんな知識はありませんからなあ(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 6月17日(日) 「101回目のブルートゥース」 | トップページ | 6月20日(水) チャトラン・ボース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月18日(月) 行こうここもじきオフ会に沈む:

« 6月17日(日) 「101回目のブルートゥース」 | トップページ | 6月20日(水) チャトラン・ボース »