« 6月24日(日) 「一つ目の花園」 | トップページ | 6月26日(火) 青春の綾波 »

2018年6月27日 (水)

6月25日(月) 浜の雅子さまは尽きるとも

 6月25日(月) 浜の雅子さまは尽きるとも
 皇室駄洒落。夢の話。『スターウォーズ ローグワン』の世界観を想像していただけるとよろしい。映画みたいに派手に活躍している反乱軍がいるかと思えば、唐揚げ屋を経営してその上がりを反乱費用に供出している田舎の地味なアンちゃんがいたりする。 

 なんで唐揚げ屋やねん!と自分で自分にツッコンだ拍子に起きてしまいました(笑)。

 「ゴリパラ見聞録聖地巡礼ツアー」で佐世保港の近くを通った。Tディレクターの番組の裏話や新しい企画の募集で車内はどっかんどっかん盛り上がっていたのだが、私だけちらりと見えた巨大な全通式甲板の護衛艦 おそらく「いせ」もしくは「ひゅうが」であろう、に釘づけ。今度は護衛艦の見学をしたいなあ。博多港でも過去、みょうこうやじんつうの一般公開が行われており、今年も今のところ詳細は不明であるが7月14、15日に海の日関連行事として艦艇一般公開が予定されているそうな。これは行かずばなるまいて。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとゼロカロリーコーラ。300キロカロリー。昼飯はマルちゃん焼きそばの肉抜きヴァージョン、玉ねぎ、キャベツ・もやしを使用。400キロカロリー。夕食はケチャッピーを使ったスパゲティナポリタン。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『セブンシスターズ』を見る。女版「おそ松さん」とか言っちゃいけないぞ分かったか(笑)。

 それはともかくとして『SF赤ちゃんよ永遠に』的ディストピアSFとしては面白い方じゃないっすか。一人っ子政策の中で七つ子をこっそり育てようとするお父さん、ウィリアム・デフォーの奮闘が涙を誘うし、まあ、このあたりもろにユダヤ迫害のアナロジーになっているのはもうあたりまえ過ぎて頂けませんけど(笑)。

 七人の娘の1人が無断外出した挙句、指の一部を欠損する怪我を負ってしまった。ウィリアム・デフォーのお父さんは七つ子を一人に見せかけねばならん、肉体的特徴を統一しなければならんと叫んで残りの6人の指をちょん切っちゃう、いて、いて、いててて。

 こんなお父さんの奮闘も空しく30年後の娘さんたちは「カツラかぶればいいから」とヘアスタイルはばらばら。中には金髪に染めているのもいる。あろうことか、7人の内一人はこっそりと外部男性と性的交渉を済ませてしまっていたのである。お父さんが苦心した肉体的特徴の一致やらもうどうでも良くなっているという・・・。

 このあたり、現実の父娘関係を暗喩しているようで、見ていてちょっと悲しくなってしまいましたなあ(笑)。

 ハイビジョン画質はそれなり。暗部のノイズが気になるし発色も今一つ。音声はDTS-HDマスターオーディオ。人で溢れている屋外の喧噪音、環境音がリアルだ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させてチャンネルNECOハイビジョン録画の『大暴れ風来坊』を40分ほど。なんといってもこの映画で異彩を放つのが「十字架のマサ」こと宍戸錠。道楽が過ぎて放り出された破戒坊主よ!というのだが、なぜか神父のカッコをしている。そして首に掛けた十字架を取り出しては「ふふふ、ご覧のとおりオレは根っからの平和主義者なのさ」と嘯き、さらに図々しくも十字を切るという・・・。

 こんな変な役、宍戸錠じゃなきゃできやしないよ!

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 6月24日(日) 「一つ目の花園」 | トップページ | 6月26日(火) 青春の綾波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月25日(月) 浜の雅子さまは尽きるとも:

« 6月24日(日) 「一つ目の花園」 | トップページ | 6月26日(火) 青春の綾波 »