« 6月26日(火) 青春の綾波 | トップページ | 6月28日(木) 「101回目の仏法僧」 »

2018年6月28日 (木)

6月27日(水) 「101回目のウロボロス」

 6月27日(水) 「101回目のウロボロス」
 「101回目のプロポーズ」は駄洒落の元ネタとして案外、使い勝手が良い。まあ、私はオリジナルのドラマは見たことがありませんが。サラウンドオーディオの分野にユニークな新製品が登場。それはオーディオハート VRS-1 イス型スピーカーシステムである。これはタマゴ型のシェルで覆われたイスの内側にパッシブスピーカーを14基搭載した1人用の製品であり遮音性の高いシェル、内部に吸音材を備えているので音漏れが少なくマンションなどでも大音量のサラウンド再生が可能。トップスピーカーの設置のむつかしさに頭を悩ませる必要もない。

 これはいわゆるサラウンドシステムとは異なり純粋なスピーカーシステムであるから、駆動するために別途AVアンプが必要となる。さらにサブウーファーがパッシブタイプなので音量調節のできるパワーアンプ=プリメインアンプも使わなければならない。案外ややこしいシステムになってしまうのだが、それだけに拡張性が大きく適切なAVアンプをチョイスすることによってドルビーアトモス、DTS X、Auro 3Dなどの最新サラウンド規格に対応できる。将来的に新しいサラウンド規格が登場してもAVアンプを交換するだけでよろしい。つまり、システムが陳腐化する恐れが極めて少ないのである。

 気になるお値段は受注生産で¥980,000(税別、運送・設置費用別)。まあな、私のシステムのフロントスピーカー パイオニア S1-EXもそのぐらいしたけどな、運送・設置も販売店の人がやってくれたけどなってそれは今は関係ないな。7組のスピーカーを買い揃えたり、設置したり、スピーカーケーブルを購入して取回したり、そうした諸々を考えるとむしろ安いくらいではないかと思うのである。

 ただ、本機の寸法/質量は、幅995×高さ1,340×奥行1,080mm/93kgとかなり大型。基本的に壁面配置のスピーカーと違ってこの物体がリビングの良いところにどかんと鎮座する訳ですからな。メーカーでは本体はシェルの上下とスタンドに3分割でき、最大70cmの幅があれば搬入できるとしているがこれでもなかなか(笑)。リロケータブルなシステムとはとても言えませんナ。

 そして本機の最大の弱点は実際に座っている姿が結構間抜けに見えることではないかと思うのだ、うん。

 (http://www.stereosound.co.jp/news/article/2018/04/23/67166.html)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にほうれん草と豆腐の中華スープ 200キロカロリー。昼飯はまたマルちゃん焼きそばの豚肉抜きヴァージョン。400キロカロリー。夕食は鶏ささみを使った肉野菜炒め。ささ身を2本ドーンと使って玉ねぎ、キャベツ、ピーマン、もやしと炒め塩・コショー・味の素・焼肉のタレで味付け。ささ身は低カロリーなのでこれでも300キロカロリーぐらいなのが嬉しい。このおかずでゴハン1合をばふばふと貪り喰らった。なんかもう言葉にできないほど美味かった。後は豆腐の味噌汁。ゴハンと味噌汁で550キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後、映画を見ずに音楽聞きながら「魔術王事件」(二階堂黎人)に読みふけっていたのである。もちろん、これは自炊してキンドルに最適化したもの。

 午後10時過ぎにシャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 

|

« 6月26日(火) 青春の綾波 | トップページ | 6月28日(木) 「101回目の仏法僧」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月27日(水) 「101回目のウロボロス」:

« 6月26日(火) 青春の綾波 | トップページ | 6月28日(木) 「101回目の仏法僧」 »