« 7月18日(水) 『宇宙Tバック戦』 | トップページ | 7月20日(金) 『モツの魔法使』 »

2018年7月20日 (金)

7月19日(木) 『ゲゾラ・がめ煮・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣』

 

7月19日(木) 『ゲゾラ・がめ煮・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣』
 映画に登場するマタマタはフツーのクサガメの甲羅に装飾を施したものだと知っていましたか駄洒落。F35のビーストモード。ステルス性は損なわれるものの、主翼下左右それぞれ3か所ずつ設けられた兵装搭載ステーションを駆使して通常モード(胴体内ウエポンベイのみ)より4倍、10トンもの対地・対空兵装を搭載できる。いろんな意味でムチャクチャな機体である(笑)。そして何より恐ろしいのは「ビーストモード」というどこかで聞いたような名前が公式名称であること。

 なお、2015年に模擬空戦でF-35がF-16に負けたというニュースが世界を駆け巡ったが、まあ、なんですな、これは新世代の戦闘機の登場時には珍しくないことでして我が帝国陸海軍の新鋭機、ゼロ戦、一式戦隼もそれぞれの前世代機 96式艦戦、 97式戦闘機には格闘戦で苦戦を強いられたといいますからな。

 最近、空自のF-2の後継機としてF-22のガワにF-35のアビオニクスを入れ込むという珍案が耳目を集めているが、空自だけの特殊機など機体価格が確実にバカ高くなる。また、各種センサーのソフトウェアの適合も簡単にできることではあるまい。ヘタすればまったくの新型機を開発するより時間が掛かってしまう可能性すらある。そんなややこしいことをするくらいなら、F35+JSMの組み合わせで十分事が足りると思うけど。

(JSM ノルウェーのコングスベルグ・ディフェンス&エアロスペースがF-35向けに開発中の対艦/対地/巡航ミサイル)  

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとゼロカロリーコーラ。昼飯は元(有)フリーメーソン近くのトンカツ屋でトンカツとチキンカツの定食。夕食はマルちゃん焼きそば豚肉抜きヴァージョン。もやしがなかったのでキャベツ、玉ねぎのみ。今日でキャベツもなくなったので次は玉ねぎだけヴァージョンになるな(笑)。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤UHD『ザ・コンサルタント』を再見。このUHDはとにかく音のダイナミックレンジが広くてですな、DTS-HDマスターオーディオなのですが、台詞を聞き取りやすい音量にしているとベン・アフレックが使用する大口径ライフルの雷鳴のごとき銃声に飛び上がることになります。我がシアタールームは防音だからいいけど(それでも冷や冷や)フツーの部屋であんな音を出したらもう苦情がくるなどというレベルでは済みません。「ついに北朝鮮のミサイルが飛んできたのか!」とマンション中の人が外へ飛び出してくるでしょう(ちょっと大げさ)。

 まあ、それだけにこれがもうとてつもなくカッコ良かったりするんであります。特に広大な農場で殺し屋を狙撃する場面では狙われた殺し屋の手首がぷちゅっと吹っ飛んだかと思うと距離があるので銃声が後から追っかけてくる。これがたまらん、もう私はこの場面だけでこの映画を名作と断じます!

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 

|

« 7月18日(水) 『宇宙Tバック戦』 | トップページ | 7月20日(金) 『モツの魔法使』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月19日(木) 『ゲゾラ・がめ煮・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣』:

« 7月18日(水) 『宇宙Tバック戦』 | トップページ | 7月20日(金) 『モツの魔法使』 »