« 7月19日(木) 『ゲゾラ・がめ煮・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣』 | トップページ | 7月21日(土) モスマン帝国 »

2018年7月21日 (土)

7月20日(金) 『モツの魔法使』

 

7月20日(金) 『モツの魔法使』
 トト、今はもう鍋の季節じゃないのよ(Toto, I've got a feeling this is not Nabe season anymore) 現在、ムック、「オスプレイエアコンバットシリーズ スペシャルエディション2 イラン空軍 F-14トムキャット飛行隊」を読んでいる。1974年にグラマン社が受注したイラン空軍向けのF-14は最終的に80機20億ドルにも及ぶビッグビジネスとなり、トムキャットの製造コスト増大のために経営危機に陥ったグラマン社を救うことになった。

 (1976年にはさらに70機の発注が計画されていたという)

 しかし、1979年 イラン革命の勃発によりアメリカとイランの関係は極度に悪化。アメリカ、グラマン社からのパートナーシップ、部品供給などが絶たれたF-14は大いなる苦境に立たされることになる。イランイラク戦争においても「航空ファン別冊 F-14トムキャット」によれば<60ページ F-14海外売り込みより引用開始>イラン空軍のF-14Aは少数機が戦闘に参加したと言われているが革命によって優秀なパイロットのほとんどが処刑されてしまったため、ほとんど戦果らしい戦果もあげていない。またAIM-54が使用されたという記録もなくもっぱらその強力なレーダー能力を活かして空中哨戒機として使用されていたようである<引用終了>

 ところがこれはまったく事実と異なっていた。イラン空軍のF-14はイラク空軍のミグ21、ミグ23、ミグ25、ミラージュF1を相手に獅子奮迅の戦いぶりを見せたのである。総撃墜数は104~159機と推測されそのうちの63機はAIM-54フェニックスミサイルによるものと言われているのだ。もちろんF-14も12~14機が撃墜されているが、そのキルレシオは10:1 圧倒的としかいいようのない強さを誇った。<参考 「戦闘機と空中戦の100年史」 フォックスバットVSトムキャット 最強迎撃機対決>

 まあ、このあたりまでは私も知っていたのだが、ムックを読み進めるにつれて今までの定説をあっさり覆す関係者の証言がどんどん出てくるのである。特にF-15との売込み合戦の真相には驚かされた。詳しくはまた明日以降の日記に書いていくのでそんなに期待せずに待たれよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は回転寿司で寿司7皿。回転寿司へ行くたびに今日こそ、海老だしラーメンとか注文してみよう、よし絶対注文するぞと思い定めて入店するのだが、結局注文できないオレ。同じく「かた焼きそば」を注文するぞと意気込んでリンガーハットに行っても結局びびって結局はギョーザ・チャンポンのランチという無難な注文に逃げてしまうオレ。ああ、なんて意気地なしなんだ。回転寿司へ行ってこんな悩み方をしているのは私くらいのものであろう。夕食は土用の丑の日であるからちょっとお高めのうなぎかば焼き弁当。後は大根の味噌汁。

 その後、プロジェクターを起動させて米国盤UHDの『ピーターラビット』を見る。最初はうさぎの食害に悩むマクレガー老人とうさぎたちの攻防は人間と自然の対立構造のアナロジーと解釈できこのあたりまでは多少ブラックではあるが、フツーのファンタジーコメディである。しかし、老人の頓死によって甥のトーマス(ドーナル・グリーソン)との攻防戦が開始されると人間とうさぎの世界が次第に溶け合っていき、人間(トーマス)とうさぎたちが同等の立場に置かれることになるのだ。ひどい目に会わされ続けるトーマスはついにダイナマイト攻撃。なんとか逃げおおせたピーター・ラビットはついつい拾った起爆装置のスイッチを入れ、ウサギの穴(トーマスは明らかに家具が供えられた穴をうさぎたちの家と認識している)を吹っ飛ばしてしまう。

 うさぎたちの良き保護者・理解者、同時にトーマスとほのかな恋情を育んでいた隣家の画家 ビア(ローズ・バーン)は当然ながらトーマスの仕業と勘違いし(まあ、そうなりますわな)、「なんでうさぎたちにそんな酷いことをするのよ!」トーマスは「だって、うさぎの奴らもひどいんだ、僕のベッドに罠を仕掛けたり、通電柵に細工して僕を感電させたり、むちゃくちゃなんだよ」「はあ、うさぎにそんなことが出来る訳ないじゃない」「できるんだよ、君だっておかしいとは思わないのか、うさぎたちはジャケットを着ているんだぜ」

 このやりとりに腹を抱えて大笑い。こういう意地悪なユーモアはたまりません。

 ハイビジョン画質は良好。DIファイルは2K。大都会ロンドンの遠景が息を呑むほどの美しさ。おかげで大都会ロンドンでのごみごみした暮らしと美しい風景の中で過ごす田舎の暮らしの対比が曖昧になっちゃいました(笑)。音声はドルビーアトモス。疾走するうさぎたちの表現が良い。あの素早い動きがシアタールーム内でしっかり再現される。

 終了後シャワーを浴びて後はだらだら。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時半に就寝。
 

|

« 7月19日(木) 『ゲゾラ・がめ煮・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣』 | トップページ | 7月21日(土) モスマン帝国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月20日(金) 『モツの魔法使』:

« 7月19日(木) 『ゲゾラ・がめ煮・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣』 | トップページ | 7月21日(土) モスマン帝国 »