« 7月27日(金) 「モーメントのハンカチーフ」 | トップページ | 7月29日(日) 「春のうららのガンダルフ」 »

2018年7月29日 (日)

7月28日(土) 「ハイレグのガンダルフ」

 

7月28日(土) 「ハイレグのガンダルフ」
 現在発売中の「週刊ヤングジャンプ」34号(集英社)の表紙&巻頭グラビアで“くびれスト”の異名を持つグラビアアイドル(ウエスト52センチだそうだ)の川崎あや(27才)が披露したハイレグチャイナドレスのあまりのえげつなさに仰天した私が考えた駄洒落。

 映画『ジュラシックワールド』の一番凄いところは「遊園地のやる気のないバイト」(映画の設定では「やる気のない若いスタッフ)を登場させたところ。一般的にアメリカではテーマパークのバイトのイメージは悪く映画『アドヴェンチャーランドへようこそ』(ヒロインが『トワイライトシリーズ』のベラ クリスティン・スチュワート)では困窮していた主人公 ジェシー・アイゼンバーグが仕方なく遊園地のバイトを始めようとしたところ周囲から「そんなカッコ悪い仕事ヤメロヤメロヤメロ」と散々に言われたりする。そういう存在をこんな超大作にそのまま持ち込んでくることにスタッフの並々ならぬセンスの良さが見て取れるのである。

 想定外の事態が起こるやいなやあわててマニュアルをめくり始める描写も秀逸、秀逸。孤島に建設された世界唯一のスーパーテーマパークにそんなアレなスタッフはおらんと思う(笑)。

 なお、『ジュラシックワールド』は繰り返すが世界唯一のスーパーテーマパークである。入場料やホテル代、さらに旅費まで考えるととてもではないが一般庶民には高嶺の花、ザックとグレイも叔母のクレアがパークの運営ディレクターというコネがなければとても来られなかったのではないか。さらに考察を進めれば(そんなに大層なことか)中国の富裕層が大のお得意様だったりして。中国のお金持ちというのは経済感覚に優れているから(ケチだと言っている訳ではない)様々な割引特典が期待できるであろうウィークデーに集中するのではないか。ウィークデーの「ジュラシックワールド」は中国人観光客ご一行さまで一杯だったりして。アナウンスなども中国語になっていたりして。

 当然ながら「ジュラシックワールド」にもカジノが併設されているのであろう。あれは恐竜の展示・アトラクション施設の他に・ホテル・ショッピングモール・レストラン・ゴルフ場などで構成された総合リゾートなのだから。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に大根おろしぶっかけうどん。300キロカロリー。昼飯は野菜炒めと豆腐の味噌汁。200キロカロリー。夕食は納豆と生卵。300キロカロリー。そしてマルちゃん焼きそば豚肉抜きヴァージョン。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,200キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『サバイバルソルジャー』を見る。社員研修のため無人島に送り込まれたなんとか広告会社の皆さん。主人公のクリスは気弱な性格が災いして同僚のフィルにアイデアを盗まれるなど、いつも酷い目に会わされていた。そして、元海軍兵士ストーム(ジャン=クロード・ヴァン・ダム!)の下で体力強化トレーニングを受けることになるのだが、島まで彼らを乗せてきた飛行機の老パイロットが頓死。しかも唯一操縦のできるヴァン・ダムも突然出現したトラに襲われて行方不明になってしまった。

 島からの脱出を目指すクリスたち4人であったが、フィルは反発。他の皆さんを操ってなぜか原始生活を始め、フィル自身は神として君臨するのであった・・・。

 いかにも面白くなりそうなストーリーなのだが、いやー、ぜんぜんつまらんかったね(笑)。ヴァン・ダムのコメディ演技がお話にならないくらい下手だし(いや、それはそれでいいんだけど)、他の要素も全部アイデア倒れ。特に残念だったのだが、唐突に登場するトラとニシキヘビ。唐突に登場して唐突にいなくなってしまう。こんなのが生息している無人島っていったいどこやねん的なツッコミが欲しかったではないですか。

 良かったのはフィルがシルバービーバー賞(どんな賞だか良く知らん。なお、劇中ではシルバーオ×ン×賞か?という趣味の悪いギャグにされていました。ビーバーというのは×マ×コの俗称であったりしますからな)を獲得したことのある凄腕の元ボーイスカウトでその技術を生かし?大活躍するところですな。

 基本的にボーイスカウト、ボーリング、(前述した)テーマパークのバイト、というのはアメリカでの三大カッコ悪い要素でありまして、そのカッコ悪いボーイスカウトのテクニックを生かしてイケている奴(まあ、劇中のフィルはあまりイケていなかったですが)をやっつける王道のストーリーというのはいつ見てもキモチの良いものであります。

 ハイビジョン画質は発色が薄く地味な印象。音声はAAC5.1チャンネル。音場が分厚く特に低音の重量感が頼もしい。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 7月27日(金) 「モーメントのハンカチーフ」 | トップページ | 7月29日(日) 「春のうららのガンダルフ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月28日(土) 「ハイレグのガンダルフ」:

« 7月27日(金) 「モーメントのハンカチーフ」 | トップページ | 7月29日(日) 「春のうららのガンダルフ」 »