« 8月21日(火) つぶやき宿老 | トップページ | 8月23日(木) 「カリスマのプリンセス」 »

2018年8月23日 (木)

8月22日(水) 『横隔膜と私』

 

8月22日(水) 『横隔膜と私』
 王様駄洒落。HiVi 2018年9月号 トランプ嫌いのライターが多くてトランプ批判を通り越してトランプヘイトみたいな文章があったりする。伊藤隆剛氏による『リメンバー・ミー』評。<引用開始>本作の制作がスタートした時点では、トランプ政権はまだ発足していなかったが、物語に通底する「国境を分断する壁がないように、生者と死者を分断する壁がない」という世界観は、図らずも現政権への強烈なカウンターとなった<印象終了>  メキシコからの不法移民(undocumented immigrant 書類に記載されていない入国者)流入はアメリカの歴代政権にとって常に悩みの種であった。何もトランプ政権によって初めて問題化された訳ではない。それにメキシコからの不法移民流入は「自由」でも「素晴らしいこと」でも「大いに是認されるべきこと」でもないぞ。流入してくるのは人間だけではないし、また移民自体が容易に搾取の対象となり得るからだ。(国境フェンスに批判的なテキサス州ラレド市長ラウル・G・サリナスは「彼らは私たちの経済を40%も支えている人たちだ。そんな彼らのドアを閉めて壁をつけるだろうか?そんなことしない。それは顔を平手打ちされるようなものだ。」と述べている)

 (https://news.yahoo.co.jp/feature/573 2017年 不法移民として働いているメキシコ人女性は14時間労働で日給38ドル!だという)

 もしかしたらこの伊藤氏、国境フェンスはトランプ政権によって建設が開始されると思っているのではないか。国境フェンスは麻薬の密輸と不法移民対策の3大作戦(カリフォルニア州のゲートキーパー作戦アリゾナ州のOperation Safeguard、テキサス州のOperation Hold-the-Line)の一環として1994年から建設されている。その長さは930キロメートルにも及ぶのだ。ただしこの国境フェンスは一続きの構造物ではない。比較的短距離の物理的な壁の総称である。トランプはこの壁を強化し、「通過不可能な具体的な障壁」にすることを提案しているのである。

 本日は休み。朝飯にベーコンエッグとトースト、茹でホウレンソウ。後はコーヒー。300キロカロリー。昼飯はマルタイの冷やし中華。茹でもやし、トマト、きゅうりをトッピング。550キロカロリー。夕食は缶ビール500ml缶2本!飲んでからの月見うどん。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1250キロカロリーなり。

 その後レンタルブルーレイの『レディガイ』を見たのだが、あの巨匠ウォルター・ヒルがトンデモないことをやっている(笑)。わざわざあのミシェル・ロドリゲスを男にして、いや比喩的な意味ではなく本当に生物学的に男にしてしまうのだ。髭面にして、オッパイをCGで隠しチンコをつけている。これだけでも意味が分からんのにこれが国内盤になるとニセチンコにぼかしが掛かってしまうのだ。

 ある男を殺害したロドリゲス君、その男の姉である外科医に拉致され性転換手術をされてしまう。その外科医というのがシガニー・ウィーバーなのにまた大笑い。目覚めたロドリゲス君、おっぱいにびっくり、さらに股間に手をやって「あ、チンコがない!」 ロドリゲス君がロドリゲスさんにされてしまったのだ!ロドリゲスさんはロドリゲス君に戻るべく医者の診察を受けるのだが「いやー、オッパイは簡単だけどチンコはねえ、くっつけることができても役に立たんだろ、多分インポ状態になるわ」

 もう、私はこれだけで十分です。ストーリーなんかどうでも良くなっちゃいました(笑)。

 ブルーレイの画質は良好。青みが幾分気になるもののハイビジョンらしい解像度の高さが味わえる。音声はDTS-HDマスターオーディオ。サイレンサーをつけたガバメントの発射音が宜しい。良くあるプシュッではなくてブシュッ!なのである。あなたがたには良く分からんと思うが(笑)この違いは結構大事なのだ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は昔の大食い大会。就寝午前1時過ぎ。

|

« 8月21日(火) つぶやき宿老 | トップページ | 8月23日(木) 「カリスマのプリンセス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月22日(水) 『横隔膜と私』:

« 8月21日(火) つぶやき宿老 | トップページ | 8月23日(木) 「カリスマのプリンセス」 »