« 9月4日(火) キリスト御免! | トップページ | 9月6日(木) 『トルエン人間現る』 »

2018年9月 6日 (木)

9月5日(水) おしぼり刑務所

 

9月5日(水) おしぼり刑務所
 元ネタの網走刑務所は1984年より暖房完備になっているそうです。AV関係での大きな動き第2弾!ヤマハより私が使っているAVプリアンプ CX-A5100とマルチチャンネルパワーアンプ MX-A5000の後継機が登場。<https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1141062.htmlより引用開始>ヤマハは、フラッグシップのセパレートAVアンプを刷新。AVENTAGEシリーズの11.2ch AVプリアンプ「CX-A5200」を10月下旬、11chパワーアンプ「MX-A5200」を12月中旬に発売する。価格は「CX-A5200」が30万円、「MX-A5200」が32万円。カラーはチタンとブラックを用意する。<引用終了>

 私は現用のCX-A5100を物凄く気に入っているので画期的な新サラウンドフォーマットでも誕生しない限り買い替えなど考えていないが、マルチチャンネルパワーアンプ MX-A5100の高音質化は大歓迎。フロント2チャンネルとしては役者不足かもしれないが多数化せざるを得ないサラウンドチャンネルの増強にはぴったりである。他のメーカーでもこのクラスのパワーアンプを是非開発して欲しいものだ。

 ということで先日日記に書いたサラウンド大変革大作戦!まずは試しと言うことで一銭も掛けない。単にフロントのパイオニア S1-EXの上に乗せていたオンキョーのイネーブルドスピーカーを両サイドに移動しただけ。左チャンネルは本棚の中に、右チャンネルはオーディオラックの上にそれぞれ乗せる。テキトーだがだいたい高さはあっている。その差は3センチほどしかない(笑)。推奨配置とは程遠く、つまり視聴位置から近すぎるのだが、それはヤマハの誇る音場補正機能 YPAO-R.S.C.がなんとかしてくれるということで。そしてイネーブルドスピーカーの設定をトップスピーカーへと変更。

 付属マイクを取り出して三脚の上にセットしてからソファーの上に設置する。そして測定開始。終了後、さっそく英国盤UHD 『パシフィック・リム』(日本語字幕・音声入り)のドルビーアトモス音声を聞いてみたのだが、これが簡易的な設置方法にも関わらず実にヨロシイのである。サラウンド音場が広いのは当たり前なのだが、左右前後に加えて上下への移動感がより明快になる。後ろから前へとヘリコプターが着陸していく場面ではその軌跡の鮮やかさに鳥肌がたったほど。あまりに感動したので夕食前に『パシフィック・リム』、夕食後に『パシフィック・リム アップライジング』をハシゴしちゃったい。ただ、視聴位置の関係からトップスピーカーの気配が目立ちすぎる。これは従前の計画通りもう少し高い位置へ移す必要があるだろう。

 ふふふ、これで私のAVライフがまた一段と楽しくなっちゃったい。

 本日は休み。朝飯はゴハン一合を大根おろし、ふりかけ、焼肉のタレで味付けした茄子、生卵、豆腐の味噌汁でがぶがぶ食う。げふっ。その後事務所へ出てちょっとしたお仕事を済ませて車でお出かけ。久しぶりにブックオフをハシゴしてマンガ一冊、単行本一冊、文庫本9冊を購う。昼飯はゆきみ家。珍しくカレーと塩ラーメンのセット。美味しいけどやはり私は味噌ラーメンの方が好きだ。

 帰宅して前述のごとく『パシフィック・リム』を見ておおおおと感動したのである。夕食は昼飯が重かったので軽く済ませる。豆腐半丁の冷奴でビール500ml缶一本飲んで素麺2把を大根おろしぶっかけで食べる。その後はプロジェクターを再起動、『パシフィック・リム アップライジング』を見たのであった。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画のヒストリーチャンネル謹製の自衛隊ドキュメント。午後11時過ぎにプロジェクターを再起動させてブルーレイ『ゴジラ対メカゴジラ』をキングシーサー出現直前まで。ブラックホール第三惑星人の皆さんの腰回りのちゃらちゃらがすっげえキレイ。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 9月4日(火) キリスト御免! | トップページ | 9月6日(木) 『トルエン人間現る』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/67137651

この記事へのトラックバック一覧です: 9月5日(水) おしぼり刑務所:

« 9月4日(火) キリスト御免! | トップページ | 9月6日(木) 『トルエン人間現る』 »