« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

9月29日(土) 「フリーターのロッテ」

 

9月29日(土) 「フリーターのロッテ」
 「二人のロッテ」は親の離婚で生き別れになった双子が偶然に再会。それがきっかけとなって両親がよりを戻し家族が再びひとつになるという物語だが、まあ、世の中、そんないい話ばっかりではないわな。米海兵隊のF35Bが初の墜落事故。またアレなサヨクの人が欠陥機だとか危険だとか言いそうだが、この機体は2017年7月28日にA、B、C、各型合わせて初飛行以来10万時間を記録、そしてその間墜落事故はなかったという驚くべき記録を持つ。同じ総飛行時間10万時間でF15が10機、F22が3機墜落していることを考えればその安全性は卓抜しているのである。

  このところF35Bに関する初物ニュースが頻発しております。9月27日にはアフガニスタンでの初の実戦投入。9月25日には英海軍のF35Bが空母クィーンエリザベスへの着艦、発艦を成功させた。おそらくスキージャンプ方式による初の発艦事例である(地上に設置されたスキージャンプ台からの初離陸は2015年6月19日)。またF35Aに関しても国防総省が調達価格が一機、約8920万ドル(約101億円)という最安値でロッキード・マーチンと合意したと発表。

 仕事はまあいろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にベーコンエッグと豆腐の味噌汁。ゴハン半合。ウウーム、ベーコンの本格的な奴はやっぱり私には合わん。脂がきつい。昼飯はマルちゃん焼きそば肉抜きヴァージョン。夕食は出来合いのトンカツと豆腐・ホウレンソウ、大根の中華スープ、刻みキャベツどっさり、ゴハン半合。これだけで平気で1,000キロカロリー越えるのでめったに食えませんわな。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『オペレーションクロマイト』を見る。映画としてはやや大味で特に機雷の配置を知っている将校の誘拐劇はあまりにも行き当たりばったり過ぎた。暴れる将校にむちゅーっと麻酔をぶち込んで敵兵がうようよしている病院内をベッド押しながら駆け抜けるのはいくらなんでも無茶や。また将校の移送方法も傑作。将校にロープを装着させて釣り上げる。そこへ輸送機が飛んできてフックをロープにひっかけてびゅーん、そのまんま飛んで行ってしまうという・・・。ひえええええという将校の悲鳴に大笑いである。

 しかし、個性的に過ぎるほどのキャラクターたちがそれぞれの持ち味を十分に発揮して暴れまわる群像劇としてはなかなかのもの。またクライマックスの艦隊砲撃や爆撃場面などCGくささは仕方ないにしても(笑)びっくりするくらいのスケール感を出している。F4Uコルセアの力強い飛翔音も聞きものだ。

 まあ、そのせいであまりスパイに苦労を掛けずともこの圧倒的な砲爆撃で沿岸の防御要塞を潰せば良かったんじゃないの?と思えてしまうのが痛し痒し(笑)。

 ハイビジョン画質は黒浮きが目立つものの、解像度に優れ立体感・奥行き感に不足を見せない。音声はAAC5.1チャンネル。やや音場が軽いが、その分音場のでかいこと。ちょっと頼りないCGを上手く補完している。

 終了後シャワーを浴びてWOWOWの「はやおき落語」を2本。後はいろいろ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時すぎに就寝。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

9月28日(金) 「二つ目のロッテ」

 

9月28日(金) 「二つ目のロッテ」
 そうは言っても私は元ネタの「二人のロッテ」のストーリーを未だに良く知らないという・・・。そういえば私は「名犬ラッシー」のお話も良く知らない。売られた貴族の家から逃げ出したラッシー、さまよううちに空腹と疲労で行き倒れ。そんな彼女を救ったのは闘犬の元締めであった。彼の下で闘犬としての再スタートを切ったラッシー。やさしかった彼女の気質も戦いを重ねるうちに変貌し獰猛になる。どのくらい獰猛かというと、相手の犬が戦意喪失しているのにも関わらず攻撃をつづけ喉笛を噛みきって殺してしまうほどであった。頭を撫でようとした男の子の指を2本噛み千切ったこともあった(この時元締めは結構なお金を支払ってなんとか示談に持ち込んだ)。ラッシーは各地を巡業して回る。そしてある街でラッシーは元飼い主の少年と運命の再会を果たすことになったのだった!てな話でしたかね。

 福岡にドルビーシネマが登場。<
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1145373.htmlより抜粋して引用開始>ティ・ジョイは2018年秋に、日本初となる「ドルビーシネマ」をT・ジョイ博多に導入する。導入シアターは「シアター9」。ドルビーシネマは、HDR表示を行なうDolby Visionと、立体音響技術のDolby Atmosを採用し、さらにシネマ体験に最適化されたインテリアカラー、空間デザイン、座席アレンジメントのシアターデザインも採用。これらが一体となって、「アクションやストーリーをより豊かに観客にお届けし、まるでスクリーン上の世界にいるような感覚を味わえる」という。<引用終了>

 ドルビーアトモス上映館すら存在していなかった福岡にいきなり「ドルビーシネマ」が登場する。日本初である。しかも運用開始が2018年秋からというのだから、もうすぐなのである。これは『シン・ゴジラ』以来、久々に映画館へ行くことになるな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとゼロカロリーコーラ。昼飯はリンガーハットでちゃんぽん餃子三個ランチ。夕食は豆腐の味噌汁にコンビニの焼肉弁当。どのくらいカロリーを摂取したのか計算すると怖いぐらいの自堕落な食生活であった。

 その後、プロジェクターを起動させWOWOWハイビジョン録画の『ホーンテッドサイト』を見る。何か話がよー分からん。陰惨な殺人事件が起こった建物の現場になった部屋を集めるという趣味は理解できる(笑)。その部屋を組み合わせて世界一悪趣味な幽霊屋敷を作りどういう力を使っているのだか知らないがえんえんその事件を繰り返して見せるというのもいいではないか。

 でもいくらもの好きな私でも街の人々が自分たちの子供をいけにえに捧げるほど偽神としてのアレに心酔しているという件が理解できん。アレは何か、ガンの標準治療を拒否して近藤誠の本を読んでしまうみたいなことか。この町の出身であるヒロインとその姉は街の人々が子供たちをいけにえにしようとして起こした学校の火事から偶然逃れていた。この二人をやっつけないと生贄の儀式が成立しないというが、今の今まで放っておいたのは何事?

 劇中では数々の陰惨な事件が繋がっているというような描き方をされるのだけれども、いや、良く考えたらそんな繋がりどこにも見えないんですけど。

 ハイビジョン画質は良好。やや黒が浮いているがこれは明るさ調整でなんとかなるレベル。特筆すべきはAAC5.1チャンネルの奔放な使い方か。ひそひそ声や悲鳴などがサラウンドフィールド内を回転したり前後に漂ったり、頭がおかしくなりそうである(笑)。重低音の効果も相まってこれはホラー映画のサラウンドとしての新しい地平を築くものではないかとさえ思った。まあ、音場自体がワンパターンだったので終盤では飽きてしまいましたけど(笑)。

 終了後シャワーを浴びてWOWOWハイビジョン録画の「はやおき落語」を2本。それから録画の消化。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時すぎに就寝。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

9月27日(木) 貧しさに負けた、いえ、聖剣に負けた

 9月27日(木) 貧しさに負けた、いえ、聖剣に負けた
 何だか良く分からないけど、とにかく貧乏は大変なのである、うん。「新潮45」の休刊事件はもちろんヤバいのだが、まあ、これは一種の流行だからなあ、そのうちみんな忘れちまうだろう。LGBTが!とか言ってもそれは単に面白い材料でしかなく、消費されておしまいになる。実際、昔「劣化ウランの放射能汚染でイラクが死の土地に!」とか噴き上がっていた奴らがいたけど、今は誰もそんなこと言わないだろ。そして言葉狩りなんてものはずっとやっていて小林信彦や井上ひさしがそれをネタにしていた。<「座頭市なんか、どうするんです?ドメクラ、と罵られて、ぱっと斬るでしょう。〈ドメクラ〉はまずいでしょうが:::」「ももろん、まずいです。そういう場合は、悪い奴が〈ドメ〉と言っただけで、斬ってしまう のです」>小林信彦 「オヨヨ大統領の悪夢 第四部 終末戦争より」

 そういうことを踏まえた上で改めて言うが「みんなLGBTにはとんでもなく優しいくせにオタクに対しては相変わらず厳しい」というのはどういう訳なんだ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に朝ぺ(朝っぱらからぺヤングソース焼きそば)、昼飯はウェストでざるそばとミニカツ丼。ざるそばはもちろん二玉。夕食はコンビニのさんま塩焼き(ワタはないけど結構美味しい。というか私はもう秋刀魚はこれでいいや)、納豆、卵でパックのゴハンを食べる。後は豆腐とめかぶの味噌汁。めかぶはこうやって味噌汁に入れるのが一番美味しい。

 その後本日届いたばかりの米国盤UHD『ジュラシックワールド 炎の王国』を見る。いやー、昔っから恐竜が出てくる映画を喜んでみていた私みたいな人間にとってのご褒美だね、この映画は(笑)。だいたい火山の爆発で恐竜絶滅って、人間がうっかり恐竜の世界に迷い込むと最後は必ず火山が爆発するのはお約束だったのである。シリーズの過去作に対するオマージュもやりすぎなくらいで第1作から熱心に見てきた私の苦労(笑)も報われたのだ。

 ご存じですか、シリーズ第1作の『ジュラシックパーク』のLDはTHX LDでありその画質の良さが評判になっていたのです(もちろん、私も買いましたとも)。AV評論家の故浅沼予史宏先生だけがその映像を「高域の強調が目立ちすぎている」と否定していたのであります(要するに映像の輪郭強調が強すぎたということ・・・らしい)。

 DVDももちろん購入し、私のAVシステムの映像評価リファレンスとして長らく活躍した。プレーヤーやアンプ類が変わるたび、あるいはAVアクセサリーを導入するたびにハモンド御一行様がヘリコプターでヌブラル島御入来場面を繰り返し再生して「おお、波の白さがより鮮明に!」とか「おお、ヘリコプターの機体の色つやがよりリアルに!」とか喜んでいたものである。

 『炎の王国』に話を戻すとあの女の子とか、杖のアレが砕け散る場面とか、ああ、もうシリーズ終りなんだなとさみしくなったけど、マルコムが「(本当の意味での)ジュラシックワールドへようこそ」と言ってくれたのでまだまだ続くのだと分かってホッとした。

 UHDの画質は非常に優秀。特にHDRの効能があらたか。終盤の屋敷での恐竜が逃げ出したよ、怖いよ怖いよ騒動で大きな力を発揮する。とにかく暗い場面でも映像情報の欠落が少ないのだ。音声はドルビーアトモス。探検隊がアパトサウルス(ブラキオサウルス?)に遭遇する場面など、リアチャンネルで首を振るアパトサウルスの動きが不気味なほどリアル。本当にでかい生き物が背後で蠢いているようだ。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

9月26日(水) 中秋のメルケル

 

9月26日(水) 中秋のメルケル
 やっぱり移民政策なんぞというものは駄洒落。ドルビーアトモス DTS Xの雑感。  お手軽と言われるイネーブルドスピーカーだが、実はトップスピーカーよりよほど設置条件が厳しい。天井に反射させるのだから、梁などのない平面を確保せねばならない。鉄筋のマンションなどこれは結構やっかいな問題である。そして一般のマンションでは天井が弱く反射で良好な音場を作ることは難しい。AV雑誌の評価試験ではイネーブルドスピーカーに十全の効果を発揮させるため天井に反射板を張ったりするのである。これでは本末転倒だ。しかし、だからと言って天井にスピーカーを取り付けるのも大変。こういう場合はあまり高い位置でなくてもいいから(180センチくらいか)本棚やラックを利用してプレゼンススピーカーを置こう。多少の位置のずれはAVアンプ様が補正してくれるから気にするな。とにかくやってみることが大事なのだ。そしてできればプレゼンススピーカーはフロント・リアで二組使いたい。私はフロントプレゼンススピーカーとしてイネーブルドスピーカーをフロントスピーカーの上に設置。ただし、横向きにしてフツーのスピーカーとして使用する。フロントとリアの高さが60センチぐらい違うが、これもAVアンプ様の音場補正機能にゆだねよう。変則的だがこれでも十二分にドルビーアトモス DTS Xを堪能できる。いや、音の動きの生々しさなど、天井設置スピーカーよりも良いのではないかと思うくらいだ。

 そして今日は休みであるから、フロントプレゼンスの追加に伴って今までフロント、リアの中間ぐらいに置いていたリアプレゼンススピーカーの位置を後方へ下げた。この状態でUHDの『怪盗グル― ミニオン大脱走』と米国盤UHD(日本語字幕・音声付)の『キングスマン ゴールデンサークル』を楽しんだのである。

 しかし、前にも書いたと思うけれども、『ミニオン大脱走』は配役のテロップがなぜかSYOUFUKUTEI TURUBEとか日本盤吹き替え声優になっている。劇中で日本語に変えられている箇所もそのまんま。つまりオリジナルの映像が見られないというクソ仕様なのである。これは字幕表示を英語に切り替えても変わらないのだ。まったく見るたびに頭にくる。ウキーッ!

 本日は休み。午前8時過ぎに起きて朝食。今日の朝食は昨日あるスーパーで手に入れた分厚いベーコンを使ったベーコンエッグとこれまた高級そうなクロワッサンを2個。後はペットボトルのコーヒー。ああっ、ベーコンの脂に負けた(笑)、クロワッサンって結構ボリュームがある(笑)ということでもうお腹パンパン。もうこの状態がずっと続いて昼飯はカップヌードルだけ、夜はコンビニも酢もつで缶ビール500ml一本飲んだだけに終わりました。

 この合間に前述の「AV遊び」を楽しんだのであります。午後9時すぎにシャワーを浴びてからお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」や「衝撃の一瞬!映像」番組。あのよう、グランプリになったディズニーランドに行くぞサプライズプレゼントで感激のあまり大泣きする女の子というネタは私の知っている限り2回目だからな(もちろん別の家族)。出演者が褒めちぎれば褒めちぎるほど私は白けてしまったぞ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させ『ゴジラ デジタルリマスター』を40分ほど。就寝午前1時過ぎ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月24日(火) 「きけ二つ目のこえ」

 

9月24日(火) 「きけ二つ目のこえ」
 「寄席仕事や師匠の雑用仕事から解放されるけど、自分で仕事を取ってこなくちゃならないからそれはそれで大変なんだ!気楽だったのは春風亭昇太師匠ぐらいのものだ!というかあの師匠はいつだって気楽なんだ!」

 お彼岸でお墓参りに行った。このお寺の本堂が建て替えられた時、奥さんが本当にうれしそうで、「こちらはお葬式の時にご遺族に仮眠して頂くところでございます」「こちらがペットの納骨堂でございます」と延々案内されて正直閉口したものであります(笑)。その時の地下施設のダンジョン感は凄かったけど。ダンジョン感といえば30数年前に訪れた仙台の地下街も凄かった。何か延々地下をさまよっているような感覚があって今でも時々夢にみたりする。たぶん、記憶がほかのところとごっちゃになっているせいもあると思うが。地元の天神地下街もなかなかのものであるけれども、普段から行き慣れているので、そんな感覚はまったくない。当たり前の話だが。

 ダンジョンと言えば別府の杉乃井ホテルも実に巨大なのでそうした感覚を楽しめる。端から端まで歩くと結構な距離で、しかも高低差があるために連絡用のバスが運行されているくらいである。私は宿泊した時にはここをオーバールックホテルに見立てて心中ひそかに楽しんでいた。ここで斧を持ったジャック・ニコルソンに追い掛け回されたらさぞ怖いだろうなあと思ってにやにやしていた(バカ)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとカフェラテ。昼飯は鳳凛でラーメン+替え玉+トッピング一種(私は味玉を選択)のランチ。このランチメニューは最近設定されたらしいが、それでもやっぱり客入りは芳しくなさそう。大丈夫かね、この店。ラーメン自体は美味しいので閉店されると困るのだが。夕食はパックのゴハンとレトルトのカレー。

 その後は珍しく映画を見ずに録画のWOWOW「早起き落語」をまとめてみる。やっぱり春風手百枝師匠は面白い。ネタは「バイオレンス・スコ」 高級猫すら容赦なく捨てられるようになった近未来の東京。スコティッシュ・フォールドの群れ、アメリカンショートヘアの群れのそれぞれの親分が餌場を巡ってべらんめい口調で丁々発止のやり取り。もうこれだけで異様にオカシイ。

 なお、百枝師匠は大の猫好きとして知られている。隣の工場の屋根に飼い猫が上がってしまった時(おそらく自宅窓から乗り出していたところをカラスに攫われ落とされた・・・らしい)パニックのあまり消防署に電話してしまったそうな。「落ち着いてください、どうしました」「猫が!屋根に!」って(笑)。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

9月24日(月) 「秘密のハルノート」

 

9月24日(月) 「秘密のハルノート」
 花園駄洒落。昔のテレビ録画事情  巨人戦のナイターがとにかく憎らしかった。一番困ったのが試合経過によっては「事前予告」まったくなしで平気で30分延長すること。「スタートレック ネクストジェネレーション」でサレックの死ぬ回が前半30分しか録画できていなかったときはマジで泣いたぞ(笑)。何の権利があってそんなことしてたんだか。

  衛星放送の初期も録画が面倒くさかった。何しろチューナーとデッキの両方で録画予約しなければならなかったから。その時衛星放送はスカパーとディレクTVがあって凌ぎを削っていた・・・。いやスカパーの大勝利だったけど。我が家が申し込んだ時にはすでにディレクTVは息も絶え絶え(笑)。山田電器で申し込んだのだがスカパーとディレクTVの勢いの差は残酷なほどはっきりしていた。人がひっきりなしに出入りしているスカパーのブース。しかしディレクTVのそれは係員が一人ぽつんと立っているだけ。私はSFチャンネルが見たかったのでそんな状況にも関わらずディレクTVを選択したのである。その時の係員さんの「砂漠で長いことさまよった挙句やっとオアシスを見つけた旅人」みたいな笑顔は忘れられん。

 そのSFチャンネルは期待通り50年代60年代のアメリカSFホラー映画がたくさん見られて嬉しかった。「宇宙レンジャー ロッキー・ジョーンズ」は宇宙船が太陽系を行き来しているような未来の時代なのに船に積む荷物が段ボール箱とか、ドアノブの下に椅子をあてがって相手を閉じ込めるとか、人質を荒縄でしばるとかの間抜けな描写が大好きだった。悪の女王クレオランタがいつもひらひらのミニスカートなのも良かった。

  『ベラルゴシのジャングル騒動』というのもあった。主人公の白人2人、飛行機から投げ出されてアフリカのジャングルに落っこちる。地元の部族は親切だったので2人を大歓迎。さっそく宴会を開く。でもごちそうは山盛りのバナナだけという(笑)。後の大食い番組みたいである。しかも夢オチだったりする(ネタバレ御免)。この映画、SFチャンネルで放送された時は「日本語字幕」がついていなかった。でもこんな映画だから貧弱な私のヒアリング能力でもまったく問題なかったけどね!ちなみにこの時SFチャンネルで見た映画はほとんど後から米国盤DVDで買いましたよ。 

 あれ、いつの間にか録画関係なくなっているじゃん!


 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にカフェラテとコンビニのサンドウィッチ 400キロカロリー。昼飯はうまかっちゃん。450キロカロリー。夕食はスクランブルドエッグ(まあ、味の素とねぎ、牡蠣醤油を入れてフライパンでテキトーにかき回したものですがね)とピーマン3個の炒め物。後はマルタイの冷やし中華。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤UHDの『キックアス』を見る。ドリビーアトモス音声は最新盤に比べるとやや大味か。あの火事の場面では炎の音があまりにもはっきりとリアプレゼンススピーカーから聞こえすぎるのである。ここまでリアプレゼンスの存在が露骨になったのは初めてだ(笑)。ただ、従来のDTS-HDマスターオーディオとの違いは明らか。BGMの粒立ちが良く低音の溶け込み具合も見事なものだ。

 午後9時に終了してシャワーを浴びる。後はあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

9月23日(日) 「熊の釜山」

 9月23日(日) 「熊の釜山」
 正直言うと私は「くまのプーさん」なる物語の内容を良く知らない。プーさんが大好物の蜂蜜を獲ろうとしてミツバチの巣に腕を突っ込み怒り狂ったミツバチたちに襲撃されて逃げ惑う。そしてプーさんが人間の家に逃げ込んだためにその家の家族が巻き添えになってさんざんミツバチに刺されて幼い娘がアナフィラキシーショックで死亡、これまた怒り狂った父親にプーさんがブチ殺されるとかそういう話なのか。

 今はいろんな意味で「ホラッ雷が鳴っているぞ、へそを隠せ!」「雷が鳴っているのにへそを隠さないとは何事だ!」どころではなく「ホラッ、雷が鳴るかもしれないじゃないか、へそを隠せ、隠さないとは何事だ!」と喚き散らす良きリベラルの人がいて面倒臭いことこの上ない。いや、喚き散らすぐらいならいいのだが、具体的に豊洲移転騒動やら北海道の全域停電などの被害を出しているのだから看過できないわけで。しかもマスコミなどのメディアによる浄化も期待できやしない。それどころか先頭に立って煽り立てている。どこの国(特に豊かな先進国)も大同小異だとは思うけど、本当にいやな流れだなあと思う。この手のリベラル様のご意見など役に立たないどころが物事の正しい流れを停滞させ間違った方向へ導くことしかできないのは分かり切っているのに。なぜここまで科学を軽視することがカッコいいみたいなことになっちゃったんだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に釜玉うどん。350キロカロリー。昼飯は豆腐・めかぶの味噌汁にキャベツ・ピーマンの野菜炒め。200キロカロリー。夕食はギョーザ6個にマルタイの冷やし中華。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後は映画も見ずに音楽と読書。「鍵穴を吹き抜ける風」 ローランドが母親に読み聞かされたという童話、何かすげー嫌な方向に話が進んでいるんですけど(笑)。それ以前に酒癖が悪く酔うと暴力を振るう母親の再婚相手とか結婚式にそいつの樵仲間が誰一人参加していなかったりとか、参加していた女性たちもちっとも楽しそうではなくそれどころか気の毒そうな視線を母親に向けてくるとか、どれもこれも子供向けとはとても思えないんですけど。

 午後9時すぎにシャワーを浴びて後はお酒。お供は録画しておいた自衛隊の救命ドキュメント。もう年を取って涙もろくなっているせいで、困難な救命ミッションに挑む自衛隊員みたいな話を見ただけでもう涙おろろんだよ(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

9月22日(土) 『砂漠はイキっている』

 

9月22日(土) 『砂漠はイキっている』
 私は長いことディズニーの名作ドキュメンタリー 『砂漠は生きている』を戯曲の『森は生きている』と混同していました。どうもすいません。

 オブジェクトサラウンド祭り。本日のお題は『イット それが見えたらアッチョンブリケ』 冒頭の雷鳴にびっくり。フロント部分で響いた雷鳴がだんだんリアの方に回っていく様子がはっきりと分かる。雨音の粒立ちも秀逸、そしてジョージが止せばいいのに雨の中をボートを追って走り出した場面の雨の包囲感よ。

 そして戦慄させられたのがスタンの恐怖の対象 顔の歪んだフルート吹き女が登場する場面である。フルートの音が前方から漂うように聞こえてきて私の体にまとわりつくように移動、左から私の後ろに回り込んでいった。背筋がぞーっとして、鳥肌がぶつぶつぶつっ!怖いって。ホラーでこんなことやられたらたまらないって(笑)。

 この時ふと思ったのが、フロントプレゼンス、リアプレゼンススピーカーが推奨配置通りの位置にあったとしたらこの感覚は味わえたのかということ。音の定位がもっと高くなりこの体をなでまわされているようなイヤーな感触は望めなかったのではないか。サラウンドでも高い位置に置いてあった小型スピーカーをフロントとほぼ同じ高さの大型スピーカーに変えたら後方へ走り抜ける車の音などよりリアルになった経験がある。

 意外と、今のような変則的配置の方が映画を見るうえでは効果的なのではないかって、これは決してスピーカーを壁掛けにすることができていない私の負け惜しみではないので誤解しないように。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に挽き割り納豆とパックのめかぶ。70キロカロリー。当然ながらあっという間にお腹が空いたので昼飯は重めにケチャッピーのナポリタン。700キロカロリー。夕食はパックのゴハン(元気つくしの水晶米)をイカの塩辛、豆腐の味噌汁、野菜炒め、生卵でやっつける。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,470キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動して米国盤UHDの『イット それが見えたらアジャパー』を見て音響効果の凄さに震え上がったのである。

 午後9時すぎに終了してシャワーを浴びる。その後はあれこれ。「ゴリパラ見聞録」 CSで放送していた「雲仙の旅」これが私の記憶している限りでは録画していなかった回だと思う。儲けた、さっそくブルーレイにコピーしよう(私の記憶力ほど当てにならないものはないのでダブっている可能性が大いにあるけれどもいいではないですか)。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

9月21日(金) 「トリスタンと井上」

 9月21日(金) 「トリスタンと井上」
 井上って誰? 「パイオニアからハイエンドUHD BDプレーヤーが登場。<https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1143788.htmlより抜粋して引用開始>パイオニア、UHD BDプレーヤー集大成「UDP-LX800」。HDR最適表示、ESS DAC 2基 オンキヨー&パイオニアは、パイオニアブランドのUltra HD Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤーフラッグシップモデル「UDP-LX800(B)」を11月中旬に発売する。価格は36万5,000円。10月中旬から、東京・秋葉原の「Onkyo Base」で先行展示を行なう予定。Ultra HD Blu-ray再生のほか、SACD/CDやDVDオーディオなどに対応したプレーヤー。'14年にBDプレーヤー最上位機として発売した「BDP-LX88」から高剛性筐体や3分割シャーシ、高SN、ジッターレスなどの特徴を継承しつつ、筐体設計や基板設計を進化。表示するテレビの種類などに合わせたチューニングなどを行ない、オーディオ専用機の高音質設計も投入している。「歴代の光ディスプレーヤーで培ったノウハウの全てを注ぎ込み、ディスク再生を突き詰めた、集大成となるユニバーサルディスクプレーヤー」としている。<引用終了。

 惜しみなくつぎ込まれた高画質・高音質技術はまことにもってハイエンドプレーヤーという称号にふさわしい。アナログ2チャンネルのバランス出力も音楽再生の際に大変なる威力を発揮することであろう。しかし、納得いかないのがHDR10への対応。「ドルビービジョン」には対応しているものの、HDR10対応はまだ検討中の段階だというのである。アップデートによる実装も未定なのだ。

 JVCの新型プロジェクター群、DLA-V9R、DLA-V7、DLA-V5では逆にHDR10、HLG対応であるがドルビービジョンはカヤの外。どうしてこうちぐはぐなのか。ドルビービジョン装備のUHD BDソフトはすでに存在しているし、HDR10の運用も来年から本格する筈。そうした情勢に対する各メーカーの及び腰には首をかしげざるを得ない。

 とっとと両方のHDR方式に対応してくれないといつまでたっても確信を持ってプレーヤーやプロジェクターを買えないので各メーカーさんはよろしくお願いしますです。。

 AVの話題をもうひとつ。昨日の日記でイクリプス TD307MK2ブラックの中古が1万5千円で手に入る。これはたまらん、うれしいとお知らせしたが(笑)、そのセッティングがやっと終了して(一時間半ほど掛かった)ようやく4.1.4のオブジェクトサラウンド再生環境が手に入ったのである。TD307をリアプレゼンススピーカーとして180センチ高さにセット、対するフロントプレゼンスはオンキョー イネーブルドスピーカー D-309Hをフロントスピーカー S1EXの上に移したもの。横向きに置いてイネーブルドスピーカーとしてではなくフツーのスピーカーとして運用する。

 YPAOによる音場調整を済ませて米国盤UHD 『ハクソーリッジ』を見てみたのだが、これが予想以上の出来であった。フロントプレゼンスとリアプレゼンスの高さが50センチほども違っているので歪な音場が形成されるのではないかと危惧していたのだがYPAOによる調整が功を奏したのかそうした歪みはまったく感じられない。音場が上下左右に拡大され、しかも各チャンネル間の繋がりが実にスムース。シームレスな音場を形成する。上方での砲弾や戦闘爆撃機の移動表現がやや曖昧になったけれども、それが些細な欠点にしか感じられないほど濃密なのである。重低音もパワフルであるが、音場にしっかりと溶け込み、TD725SWMK2の存在が気にならなくなってくる。

 セッティングに時間が掛かったのでクライマックスの戦闘場面(いやー、何度見てもすげえや、これ)しか見られなかったのが残念。今度は最初からじっくりと見てやろう。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、コンビニのトンカツサンドとゼロカロリーコーラ。430キロカロリー。昼飯はマルちゃん焼きそば肉抜きヴァージョン。400キロカロリー。夕食はケチャッピーを使ったスパゲティナポリタン。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,530キロカロリーなり。

 その後前述したとおり、TD307MK2ブラック、D-309Hのセッティングに没頭。終了後、『ハクソーリッジ』を楽しんだのだ。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

9月20日(木) 「トリスタンと磯野家」

 9月20日(木) 「トリスタンと磯野家」
 前にもやったことがあるような気がしないでも駄洒落だが、まあ、覚えていないからいいや!ちょっとえげつないスパムが来ました。タイトルは「Your account was hacked」 はなっからハッキングしたぞですよ、すげえですよ。その内容は<引用開始>Hi, dear user of nifty.ne.jp. We have installed one RAT software into you device. For this moment your email account is hacked (see for , now I have access to you accounts). I have downloaded all confidential information from your system and I got some more evidence. The most interesting moment that I have discovered are videos records of you masturbating. I posted my virus on porn site, and then you installed it on your operation system. When you clicked the button Play on porn video, at that moment my trojan was downloaded to your device. After installation, your front camera shoots video every time you masturbate, in addition, the software is synchronized with the video you choose. For the moment, the software has collected all your contact information from social networks and email addresses. If you need to erase all of your collected data, send me $300 in BTC (crypto currency). This is my Bitcoin wallet: 1CA74qzKno94zf3xFNvQ8TKR5sBpc6bimm You have 72 hours after reading this letter. After your transaction I will erase all your data. Otherwise, I will send video with your pranks to all your colleagues and friends!!! And henceforth be more careful! Please visit only secure sites! Bye!<引用終了>

 ウィルス仕込んだから、お前がポルノサイトにアクセスしたらパソコンのカメラでお前のオナニーしている姿を撮影しているから、そのデータを消して貰いたくば72時間以内に300ドルをハライナサイ!ウウーム、私はネットに繋がっているパソコンの前でオナニーしたりしないけどなって問題はそこかい(笑)。そもそも私のパソコンにフロントカメラなどついておらんぞ。そしてこのスパムで一番頭に来たのはAnd henceforth be more careful!という文章。これからもっと気をつけるようにって大きなお世話じゃ、ぼけ!

 いや、ネタスパムと思うけどね、こんなんで騙されて300ドルも払う奴はおらんだろ。

 しかし、この後また変なタイトルのスパムが来まして、そのタイトルが「あなたのアカウントは亀裂です」、「あなたの安全上の問題です」だったりするんである(内容は数字の羅列でよー分からん。これは文字化けじゃないよね)。なんだか薄気味悪くってしょうがないや。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にマルタイ棒ラーメンもやしのせ。昼飯はゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。夕食は豆腐一丁の冷奴とイカ塩辛でビール500ml缶一本飲んでマルちゃん焼きそば肉抜きヴァージョンで仕上げ。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『BILLABONG ビラボン』を見る。今日のオブジェクトサラウンド祭りは一旦中止。いや、何しろですな、なじみの販売店さんにイクリプス TD307MK2ブラックの取り寄せを頼んだら偶然にも中古の在庫があってそれが1万5千円だというのですから、即座に「ぼ、ぼく、明日お金を持ってきますから取っておいてください」となった訳です。そのスピーカーのセッティングを済ませてからオブジェクトサラウンド祭りを再開させるのです。

 その『ビラボン』 所謂モンスターパニックものでバカな若者たちが「レッツ・ビイ・パーティピーポー!」と酒やドラッグをやっていてでもその時は唸り声が聞こえてきてびっくりしただけ(笑)。さんざんやきもきした挙句怪物が登場して大殺戮の開始という映画なのだが、どうも設定がややこしくってついていけない。怪物は実は怨霊で三人の女の子を呪いに掛ける儀式を始めたり、この怪物をずっと狙っていた極悪人の義父とか怪物利権を狙っていた開発業者が絡んできたりと、面倒臭くって敵わないのである。怪物が犠牲者たちを巣の中に閉じ込めておいた意味もよー分からん。もろにエイリアンのパクリなのだから卵の一つも産み付けられるべきだろ、こんな場合。怪物を狙っていた奴らが網で押さえていたのは怪物の子供?親が出てきてそいつらを一蹴!する。これは『怪獣ゴルゴ』的な展開と思いきや、その後子供らしきものは出てこないでやんの。

 唯一、良かったのはアボリジニの賢者(怪物との関わりがこれまたややこしいのだ)と怪物の戦いか。だってこれがもろに『恐竜百万年』のアロサウルスと原始人の戦いなんだもの。

 ハイビジョン画質はまあ、アレ(笑)。諧調の推移部分に青い粒子が乗るのが何ともめざわり。音声はAAC5.1チャンネル。音数の少ないサラウンドだが重低音どっこんどっこん鳴らしてごまかすぜ!という心意気だけはよろしい。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ジモンの肉専門チャンネル」と「幻解!超常ファイル 陰謀編」 後者は確か再放送だと思うけど(ブルーレイで残してある筈)私の記憶力の無さが幸いして面白く楽しくみることができた。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて『宇宙大戦争 HDリマスター』を見る。この高画質でみるクライマックスのナタール円盤と宇宙戦闘機の戦いの凄いこと。今の特撮というととにかくCGじゃ、CGじゃという若造にこの映像を高画質・大画面で見せつけてやりたいものである。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

9月19日(水) 「ネウロイ不詳」

 

9月19日(水) 「ネウロイ不詳」
 元ネタは年齢詐称ですよ、2つで十分ですよ、分かってくださいよ。新調したフライパンはなかなかよろしい。冷凍食品の餃子、「油も水もいらず蓋を使う必要なし、ついでに奥さんもいりません」というタイプであるが、これが綺麗に焼ける。前のフライパンだとどう焼き方を工夫してもべったり焦げ付いてしまっていたのだ。もっともこの餃子、綺麗に焼けても今一つ美味しくないけど(笑)。

 一回り大きいフライパンに替えたので炒め物も実に調理しやすくなった。小さなフライパンだと野菜に上手く火が通ってくれず、必然的に調理時間が長くなって出来上がった野菜もぐずぐずになったりしていた。新しいフライパンだと火の通りがよくしゃっきりとした歯ごたえが楽しめる。マルちゃん焼きそば肉抜きヴァージョンもこっちで作ったほうが断然美味しい。

 ナポリタンもきっと今まで以上に美味しくなるぞ。よーし、さっそく作ってみようと思ったのだが、ピーマンの買い置きがなかったので断念。楽しみは明後日以降にとっておくことにする。ふふふ。

 本日は休み。午前9時すぎにノコノコ起き出して布団干し。それからプロジェクターを起動させてオブジェクトサラウンド映画祭り。お題は米国盤UHDの『パッセンジャー』である。恒星を使ってアヴァロン号がスイングバイする場面は見ていてふるえが来るほどの素晴らしさ。ジェニファー・ローレンスが重力異常で水球の中に閉じ込められる場面でもドルビーアトモスは異様なまでの圧迫感を見事に演出する。

 しかしなんですなあ、旅客船なのだから、人口冬眠装置はプライバシー保護のためにも外から丸見えというのは不味くありませんか。丸見えだからこそ、船内をうろついていたクリス・ブラットが「わあ、ええ女や」と見初めてしまい、「さびしいわあ、ぼく、もう我慢できひん」と彼女を人口冬眠から目覚めさせてしまったのだから。

 もっとも彼がジェニファー・ローレンスを起こさなかったら反応炉の修理もできなかったわけで、これがこの映画の上手いところだったりするのですが。

 昼飯は前述のごとく冷凍食品の餃子6個。これを摘みにビール500ml缶一本飲んで素麺2把で仕上げ。その後部屋の掃除や昼寝。両親の部屋へ行ってゴミの片付けの手伝いなど。夕食はアンガス牛ステーキ。それもどどーんと600キログラム。ミディアムに焼いて一気に平らげたのだが後から気分が悪くなってしまった。食っている時はこのうえなく幸せだったのに2時間で地獄に落とされた。

 胃薬を飲んでおとなしくする。シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用したのだが昼寝がいけなかったのか、一向に眠気が訪れず。結局眠りについたのは午前3時近く。しかし、午前4時過ぎに目が覚めてしまい、そのまま朝までまんじりともせずに過ごしたのであった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月18日(火) 産経仕事

 

9月18日(火) 産経仕事
 別に産経新聞の仕事が3K(きつい、汚い、危険)という訳ではないので勘違いしないように。ウチのリクガメが好む野菜はオクラ、モロヘイヤ。どちらもねばねば系の野菜。カメはどうもこのねばねばを好むらしい。他は小松菜、青梗菜、トマト等。これらの野菜を使ってオレ用の「亀の餌スペシャルディナー」みたいなの作ってみようか。小松菜と青梗菜は炒めるのはダメかな、煮るのかな。オクラとモロヘイヤは茹でて刻めばいいだろう。トマトはそのまんま生野菜として食べる。

 しかし、「亀の餌スペシャルディナー」ってどうも食欲わかんなあ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。400キロカロリー。昼飯はマルちゃん焼きそばの肉・もやし抜きヴァージョン。400キロカロリー。夕食はサッポロ一番味噌ラーメンと野菜炒め。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『探検隊の栄光』を見る。あくまで狙ったうえでの安っぽい映像感覚が実によろしい。特に好ましいのは石切り場のような洞窟を使って作られた村のセット。テレビやビデオの古さがいかにもそれらしい。路傍で子供が売っていた野菜が全部青梗菜だったのにも笑わされる。一体、どこの国の話だよって。こういうのもちゃんと分かってやっているのだ。

 なお、主人公の藤原竜也が熱血役者。このインチキくさい探検隊ドキュメンタリー撮影に当たって、最上級の熱い芝居(つまり臭い芝居)を求められる。彼はその期待に応えてこの上もなく熱い芝居(しつこいようだが臭い芝居)を披露するのだが、その演技はあれ、いつもとまったく同じじゃないですか(笑)。藤原竜也の演技は普段から臭いのである。どうもスタッフはそれを承知の上でその臭さをさらに強調させたらしい。もうイヤミすれすれじゃないか。

 ハイビジョン画質はそこそこ。解像度は取れているが画面のコントラストが弱く暗部もきちんと沈んでくれない。音声はAAC5.1チャンネル。大仰な重低音の使い方にまた笑ってしまった。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。本日の「大食い女王戦」 いつもとはがらりと趣向が変わっており、食材のヴァリエーションも一気に広がった。収穫したてのレタスをそのまま洗っただけで食べるとか、日本全国のゴハンの友を北から順番に食べていくとか、最近の大食い番組のマンネリを一挙に払拭してくれるような面白さ。

 これからもこういうスタイルでやりましょうよ、準々決勝で海外へ行ってそして最後はラーメンという流れにはもう飽きてしまいましたから。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

9月17日(月) 「ホロドモールは飛んでいく」

 

9月17日(月) 「ホロドモールは飛んでいく」
 餓死駄洒落。今週の「サザエさん」で腹を抱えて大笑いしてしまった昭和のギャグ。伊佐坂先生が昔 甚六の頭をバリカンで刈っていたころのエピソード。「よし、頭を刈るぞ、甚六、バリカンを借りて来い」隣家で借りようとした甚六だが、その奥さんは「ごめんなさい、バリカンはないわよ」 家に戻る甚六。伊佐坂先生は「なんだ、お前は役に立たないな、もうわしがバリカンを見つけておいたぞ」(そういうことをいうから甚六が自信をなくして後に二浪するんである)。そのバリカンで甚六の頭を刈りはじめる伊佐坂先生。しかし隣家の奥さんは凄く良い人であった。彼女はバリカンを捜して近所を駆け回る。その過程においていつの間にか「緊急事態、とにかくバリカンを借りないと大変なことになる」という属性が付与されてしまう。彼女はついに伊佐坂家を訪れて「バリカンはありませんか!」お軽さんは甚六の頭を刈っている伊佐坂先生からバリカンを取り上げ奥さんに渡す。憮然とする伊佐坂先生と甚六。

 堀川くんの奇行を見逃すわけにはいかないので本放送でなるべく見るようにしております。一応、バックアップとして毎週録画してたりもします(笑)。しかし最近の堀川君はあまり変なことをしてくれないのでさみしいです。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとカフェラテ。650キロカロリー。昼飯は納豆素麺。茹でた素麺を冷水でもみ洗いして丼に入れその上からくったくたになるまで混ぜた挽き割り納豆を載せて麺つゆをかけたもの。250キロカロリー。夕食は昨日の豚しゃぶの残り。再加熱はせずに冷しゃぶ仕立て。これはこれでンまい!後は野菜炒め。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイ『レディプレーヤー1』(ドルビーアトモス)を再見。シャイニングパロディの血の大波、これがドルビーアトモスではまったく印象が異なり波の動きまで再現される。そしてクライマックスの大激闘、無数の敵味方が入り乱れる場面の音の分解能の高さといったらロスレス ドルビートゥルーHD、DTS-HDマスターオーディオとは次元が違う。。

 しかし、なんですな、『レディプレーヤー1』の本当に凄いところはIOIに雇われているエリートオタクたちだよな。見るからに頭がよさそうで実際に高学歴なのだろうが、容貌がいかにも「オシャレしたオタク」という感じで垢抜けない。そして劇中で必要とされるのはマニアックすぎるオタク知識だけ。彼らはその仕事を楽しんでおり、会社の利害関係も眼中にないようである。彼らは敵方であるはずのウェイドが最後のカギを手に入れると大歓声を上げるのだから。

 何か変な風に感動してしまいました。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

9月17日(日) シラバスは歩いてこない、だから歩いていくんだよ

 

9月17日(日) シラバスは歩いてこない、だから歩いていくんだよ  
 授業計画大要駄洒落。不器用な私、いや、今でも3回に一回は卵の殻割りをしくじって潰してしまったりするくらい不器用なのだ、が考えた家事のこつだ。人類の9割を占める器用な人には役に立たないだろうが、これは残り1割の不器用な人に向かって言うのだから放っておいておくれ。

 フライパンは長く使う必要はない。被覆が剥がれて炒めている具材がこびりつくようになったらさっさと交換すべし。安くて良いモノがいくらでもある時代である。一つのものを長く使うという思想はもはや時代遅れだ、恐竜だ、戦艦だ。なお、フライパンはできるだけ大きいモノを使うべし。収納がいささか大変になるが調理のしやすさは倍増する。

 包丁は安物でヨロシイ。ぺらっぺらで刃に丸い穴が開いているような奴。高級包丁、貝印のナントカ、職人技でナントカ、熟練職人のナントカとかいらない。ただし、一緒にこれまた安い包丁研ぎ器も買ってくること(500円くらいのやつで結構)。これで時々研いでやるだけで安物の包丁が斬鉄剣のごとき切れ味を発揮する。あまりにも切れ味が鋭いので時としてまな板まで両断してしまうことがあるので気をつけること(ウソ)。

 生ごみは冷凍庫で凍らせてしまえ!かちんこちんに凍らせてしまえば臭いなどもちろん出ないし1回や2回ゴミ出しを忘れたって平気だ。ウチの冷蔵庫の冷凍室は一杯だからそんな使い方はできないよとお嘆きの貴兄には小型冷凍庫の導入がおすすめ。容量60リットル(寸法480x500x840mm)で2万円ぐらいからあるぞ。これならいくらでも生ごみ凍らせ放題だ!それに冷凍食品を保存したり氷を作ったりもできるぞ。何?家族が多いとそんな容量ではおっつかない?置く場所もない?勘違いをしてはいけない。この提言は前にも書いたとおり人類の1割を構成する不器用者に向けてのものである。根っからの不器用者が結婚なぞできやしないのだ、私みたいに。だからそんなことを考える必要はこれっぽっちもないのだ。

 生ごみに関しては「生ごみ処理機」で処理するのがオッシャレ―という風潮があるが、あれはコンパクトなものでも2万円ぐらいから。生ごみを乾燥させて5分の1に減量、乾燥させるので臭いもなしというが、生ごみ処理機では冷凍食品の保存も氷を作ったりすることもできないよな。だからオレ(冷凍庫)の勝ちは決まっているのさ。

 くっだらないねえ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に素麺の釜玉。300キロカロリー。昼飯はゴハン半合をレトルトカレーで。400キロカロリー。夕食は日本酒を同量の水で割り煮立ててアルコールを飛ばしたスープで豚肉のしゃぶしゃぶを100グラム。大根おろし、味ポン、牡蠣醤油、麺つゆを塩梅良く混ぜ合わせたもので食べるとこれが美味いんだ!400キロカロリー。ビール500ml缶一本飲んでからかけうどんで仕上げ。250キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後、映画は見ずに音楽を聞きながら「鍵穴を吹き抜ける風」を読む。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてからお酒。お供は昔の「テレビチャンピオン デカ盛り王選手権」 午後11時ぐらいからプロジェクターを起動させて日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『宇宙大戦争 HDリマスター』を見ようと思っていたのだが急速に眠くなってきて断念。そのままベッドに直行してしまった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

9月16日(土) 冷麦は一見にしかず

 

9月16日(土) 冷麦は一見にしかず
 夏のお料理駄洒落。さあ、オスプレイ関連でまたすげえのが来ましたよ。ちょっと長くなるけど面白いので全文引用させて貰いますね!<東スポWeb https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/1126900/より引用開始>「オスプレイ買わされるなら新ゼロ戦造れ 警鐘作家・濱野成秋氏が緊急寄稿」10月1日に米空軍の輸送機CV22オスプレイ5機が、横田基地(東京都福生市など)に正式配備されるまで、あと半月となった。米軍は横田周辺で離着陸や人員降下、物資の投下、夜間飛行などの訓練をするとしており、日常的に首都圏の空を飛ぶのは確実だ。防衛問題に詳しい警鐘作家の濱野成秋氏が、オスプレイの欠陥と今後、日本が取るべき道を緊急寄稿した。
 
 安定が悪い飛行機はちょっとの風ですぐ落ちる。

 オスプレイはテールウインド(追い風)にめっぽう弱く、エンジン馬力でムリムリ飛んでいる試作機のような存在。日本列島の褶曲(しゅうきょく=曲がりくねった地形のこと)と偏西風では揚力の弱い飛行機は落ちて当然。ヘッドウインド(向かい風)で浮上直後、風に向かって飛行中に垂直エンジンを水平に、つまりヘリから固定翼モードに変える作業中にテールウインドに変わるとたちまち失速し墜落する。

 オスプレイの主翼は短い。翼面積がないから揚力もさっぱりないし、ジャンボジェット機みたいに臨機応変に幅広のフラップを利用して風をつかみ、たこの原理で舞い上がる装置も不十分だ。

 両翼の短さを補うのが、巨大なプロペラと自重比率最悪の大型エンジンであるが、強引に回転して急上昇中にテールウインドを食らうと、滑空能力のないオスプレイはたちまち失速に次ぐ失速で、ベテランパイロットでも、この種の垂直落下現象には対処することができない。

 横田は丹沢山系の褶曲地形に囲まれた気流の複雑な地帯で、この周辺で演習したら年間でいったい何機が墜落するか。別称が「未亡人製造機」で、優秀なパイロットたちは「俺を試験飛行に使うのか!?」と怒って、辞めるか転属する。仕方なく充てられるのは補充要員。つまり昇進上、嫌とは言えない新米パイロットが命がけで配備されるわけだ。

 そんなオスプレイが横田を飛び立ち、立川、荻窪、吉祥寺…と、低空を通過し、新宿から六本木へというコースを取って、1日に何機も往来するとはあきれ果てる。いや住民は怒り心頭だろう。

 「飛行機屋からみれば、ありゃ外道です。だってあのでかいペラとエンジンを縦から横にする際に揚力カバーを無視したデバイスですから、失速しながら巡航速度へ持っていけない場合、落ちるしかないわけ。誰だって嫌ですよ」とは空自パイロットの漏らした現実。
 
 問題はほかにもある。日本側には、オスプレイに代われる強力な低速戦闘機がないし、生産計画もないことである。これがため、押し付けられても断り切れないのだ。やがて自衛隊も次々買い入れさせられ、その対抗策なし、というのが現在の政府である。

 自力飛行さえおぼつかないオスプレイに比べ、80年前に日本の技術の粋を集めた零式艦上戦闘機の離着陸は実に安定したものだった。軽々と上昇。ラバウル航空隊の滑走路はヒザまで埋まる砂地の悪路だったが、ゼロ戦はそれを蹴立てて上昇し、敵機とドッグファイトに入ると、旋回性能はロッキードP38の比ではないから、たちまち宙返りして背後に付くや高速回転するペラとペラの間から7・7ミリ機銃弾がきちんと飛び出る。両翼からは20ミリ機関砲が同時に出て、300メートル先できちんと敵機に当たる。
 
 つまり、追い風、向かい風も何のその。道端からでも飛び立てる。航続距離1200キロ。ずうたいの大きいオスプレイに勝る。だからこそ名機なのである。ゼロ戦とオスプレイ、ドッグファイトやらせたらどうか。同等の装備なら、ゼロ戦1機でオスプレイ100機を撃墜できるだろう。余裕を持って叩き落とせるはずだ。

 仮に今、ゼロ戦1万機量産態勢に入ったとして、1機990万円で造れる。オスプレイが1機100億円だから、ロケット弾やミサイルなど同等装備のニューゼロ戦がなんと1000機造れる。しかも今の技術なら可変翼や無人操縦ができるから、ロケット噴射機能とミサイル装備を付ければ、何も出来損ないオスプレイを高いカネを出して買わんでもよいわけだ。それが誇り高き技術大国・日本の取るべき道ではないか。(警鐘作家)<引用終了>

 文中に間違いがあるというレベルどころではない。間違いが寄り集まって文章になっている。オスプレイ関連でもここまで狂っているのは初めて。ゼロ戦とオスプレイ、ドッグファイトやらせたらどうかって、いや、そんなことを言われても(笑)。

 いくら東京スポーツといっても限度があるよなあ。あまりにも出鱈目かつ狂っているので釣りという意見もあるようだが、それにしても・・・。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に釜玉素麺。300キロカロリー。昼飯はマルちゃん焼きそばの肉抜きヴァージョン。400キロカロリー。夕食は豚汁(豚肉、玉ねぎ、キャベツ、もやし、豆腐)でゴハンを半合。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動し映画。今日は久しぶりにオブジェクトサラウンド祭りを中断してWOWOWハイビジョン録画の『キックボクサー ザ・リベンジ』というのを見る。『キックボクサー リジェネレーション』という作品の続編らしいのだが、これを見ていないので、あるいは見ていても忘れているので話がよー分からん。

 要するに主人公が兄の復讐のため闇トーナメントでキックボクサーのチャンピオンをぶっ殺した(ここまでが『リジェネレーション』らしい)。すると元締めが怒り狂って主人公を拉致、タイの刑務所に閉じ込めてしまう。そして彼の妻を誘拐し、現チャンピオンとの対決を強要するのだ。最初はなぜか弱々しかった彼が刑務所内でマイク・タイソンややっぱり捕まっていた師匠のジョン・バンダムの薫陶を得て強くなり、最終的に現チャンピオンを撃破、めでたし、めでたしというお話らしい。

 アクションそのものはスピード感があり、コレオグラフ(殺陣)も工夫されておりなかなかに楽しいもの。ただいけないのはラストのチャンピオンとの対決。あまりに力の差がありすぎてその差をどうやって埋めていくかという方法論が曖昧模糊となってしまうのである。

 バンダムのアドヴァイスも今一つ役にたっておらず、いや、彼は捕まった時に両目を潰されており盲目となっている。しかし彼は敵の気を感じることで常人以上に戦うことができるのだ。このコツを教えられた主人公、目かくしをして現チャンピオンに再度挑んで圧倒する・・・かと思いきやすぐに劣勢となってしまいには目隠しを外してしまうのであった(笑)。

 ハイビジョン画質は中盤以降から妙に綺麗になる。黒がきちんと沈んでトーンジャンプも目立たない。ビデオ的な映像が気になった前半とはえらい違いだ。音声はAAC5.1チャンネル。広大なサラウンド音場、明快な動きの表現、でも重低音が決定的に足りない。キックやパンチの音が軽すぎる。

 その後シャワーを浴びて「ゴリパラ見聞録」 今回は年に一回のカレー回。いつもなら7月あたり、みんなで「今日から夏」という夏宣言をした時にやるのが恒例なのだが今年はあまりの猛暑に9月まで伸びたのである。今回のお題はカレーピザ。窯づくりを頼まれた矢野ペペ、妙に張り切って(斉藤優曰くあいつは頼まれると嬉しいんスよ)川原の石を使ってとりあえず作ったのだが、いかんせん小さすぎた。この窯の中で火を焚いて近くにピザを置くってそりゃ無茶だわ。案の定片側が焦げ焦げ。アルミホイルで密閉してフライパンで焼いた方がよほど美味しくできた。さすがの矢野ペペもぺこぺこにへこんでいた。

 さすがにちょっとかわいそうになった(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

9月14日(金) 那須のウィッチ

 

9月14日(金) 那須のウィッチ
 「ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow」再鑑賞記念駄洒落。さてドルビーアトモス、DTS Xの素晴らしさに日々酔いしれている私であるが、次なる方策をいろいろ考えたので聞いてくれ。それはトップスピーカーをもう一組増設すること。スピーカーの候補はウルトラサブウーファーのTD725SWMk2と同じメーカー エクリプスのTD307Mk2ABK(ブラック)小型スピーカーである。壁や天井への取り付けも可能なように配慮されスピーカーの角度調整も容易。値段的にも4万円ほどであり現用のイネーブルドスピーカー オンキョー D309Hとほぼ同じである。このTD307を現在のD309と交換。D309はまたフロントスピーカー S1EX1の上に戻って貰う。しかし従来のイネーブルドスピーカーの使用法ではなく横向きに設置、フロントハイトとして運用するのである。これで簡易的ながら4.1.4(フロントライト・レフト リアライト・レフト、サブウーファー、トップスピーカー)のサラウンドシステムが完成する。しばらくはこのシステムでドルビーアトモス DTS Xを楽しみつつTD307の壁掛けの方法を模索していくのだ。

 何しろ我がシアターシステムは防音シートを使って防音化している。建設会社の方から壁に何かを取り付けるという場合は絶対勝手にやらないで、こっちに必ず相談してくださいと釘を刺されているのである。取り付けを予定している箇所は壁ではなく梁であるから大丈夫であるとは思うのだが万が一のことがあってはなりませんからな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯はトンカツ屋でチキンカツとロースカツのランチ。ゴハン大盛りでお代わりするのはいつものこと。夕食はコンビニの冷凍鍋焼きうどん。生卵を一つ追加してやった。しかし、この鍋焼きうどん、食べるのは2回目だけどやっぱりいまいち。やたらにコンビニ惣菜や弁当が脚光を浴びているが、私が試した中で美味しいのはサンドイッチ、お握り、カツ丼くらいのもの。弁当はこのカツ丼を除いてどれもこれも今一つ。特に揚げ物の弁当が宜しくない。

 それでも摂取カロリー量に余裕がある時など揚げ物弁当など食べたくて仕方なくなるのが不思議。まあ、めったに食べませんが。

 その後、プロジェクターを作動させて米国盤『ディープウォーターホライズン 邦題バーニング・オーシャン』を最後まで。火炎の表現がドラマティックで何か動物的な荒々しさすら感じられる。これも凄い、凄い!

 午後9時過ぎに終了してシャワー。後はキンドルでキングの「ダークタワー 鍵穴を吹き抜ける風」に読みふける。いや、ローランド、絶対あの少年がスキンマンじゃないかと思うのだが、くれぐれも油断するなよ!

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

9月12日(水) 『大怪獣決闘ガメラ対バゴォーン』

 

9月12日(水) 『大怪獣決闘ガメラ対バゴォーン』
 カップ焼きそば駄洒落。しかしカップ焼きそばというのはなぜああも高カロリーなのだろう。タチバナいうところの焼きそば御三家はペヤング(普通盛り)が519キロカロリー、明星 一平ちゃん夜店の焼そば 597キロカロリー、日清焼きそばUFOが560キロカロリーといずれも500キロカロリー超え。駄洒落のネタ元であるマルちゃんの焼きそばバゴォーンも559キロカロリーである。この高カロリーはソースのせいなのかと思いきやさにあらず、ソースを使わない塩味、例えばマルちゃん 俺の塩でも582キロカロリーだったりする。

 本日は休みということで朝っぱらからオブジェクトサラウンド祭り。本日はDTS X音声の『ピッチパーフェクト3』だ。効果が発揮されるのはなんといってもライブ場面であり、会場の熱気がそのまま伝わってくるようなリアリティ、はっきりと後方に定位する観客の手拍子等々は従来の5.1チャンネルサラウンドでは表現できなかったもの。

 ウウーム、これはもう一組トップスピーカーを追加するしかないかなあ。フロントスピーカー上の梁にアンカーを打ち込んでというのはダメかなあ(笑)。

 食ったもの、朝飯にゴハン1合とベーコンエッグ、ねぎの味噌汁、納豆・大根おろし。いやあ、新しいフライパン買ったんですよ。前のフライパンの被覆が一部剥げていて炒め物をするとやたらにくっついたりしていたので。それに小さくて使いづらかったのもあって思い切って買ったんです。するとどうですか、ベーコンがひっつかない。当たり前のことですがなぜか感動しました。感動しすぎてそのまま放っておいたらベーコンが少し焦げちゃいましたけど。750キロカロリー。さすがにゴハン1合食ったらお腹がぱんぱんになったので昼飯は抜く。夕食はピーマン、玉ねぎ、茄子の野菜炒め、コンビニの塩から半分でビール500ml缶一本飲んで後はスパゲティミートソース。750キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後もう一本映画を見ようとしたのだが、ちょっとした用事が出来て断念(用事といっても両親から頼まれた雑用だが)。午後9時すぎに帰宅しシャワーを浴びてお酒。

 午後11時過ぎよりプロジェクターを起動させて『地球防衛軍 HDリマスター』を最後まで。その後続けて日本映画専門チャンネル録画の『エヴァ HDリマスター 5.1チャンネルリミックス』を2話ほど見てみる。トップスピーカーを使うドルビーサラウンドモードにしてみると、画質はともかく(笑)リミックスサラウンドの完成度はなかなかのもの。テレビ放映時から音の使い方がこっていた作品だけに情報量では最新作に引けをとらん(誉めすぎか)。重低音の付与も適切であり、余計な強調もなし。

 しかし、ネルフ中央作戦室のオペレーターの声が左右のリアサラウンドチャンネルに振り分けられているのはちょっとやりすぎかも(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月11日(火) 「死霊伝説 セーラームーンズ・ロット」

 

9月11日(火) 「死霊伝説 セーラームーンズ・ロット」
 スティーヴン・キング駄洒落。「呪われた町」を初めて読んだとき、世の中にはこんなに面白い小説があるのかと驚いたものだ、うん。ところで今、キングの「鍵穴を吹き抜ける風」を読んでいるのだがこの作品中で言及されるスキンマンという存在は「The Outsider」に登場する化け物と同じものではないのか(「ガンスリンガーシリーズ」の舞台である中間世界では現実世界との奇妙な一致がしばしば見られる)。

  今週の「サザエさん」 花沢さんがカツオに「今度、お姉さんと福岡にいくのよ」  えっ、花沢さん、サザエの二人旅?福岡って長谷川町子先生繋がりか!とパニックになりかけたのだが後の展開を見ていて「福岡に行く」ではなく「服を買いに行く」と分かってホッとした。そして3本目で日本全国味噌汁めぐり食堂の開店(日本各地の味噌を販売するお店のご主人がよせばいいのに食堂をやり始めた)を手伝って呼び込みに精を出すサザエ。これは完全に江利チエミのイメージだなあ(笑)。


 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に釜玉うどん。400キロカロリー。昼飯は時間がなくてカップラーメンで済ませる。400キロカロリー。夕食はケチャッピーのナポリタン。ケチャッピーの量が少なかったので牡蠣醤油で味を足したのだがこれはこれで美味しい。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後オブジェクトサラウンド祭りを一時中断してWOWOWハイビジョン録画の映画を消化。『ナイン・イレブン 運命を分けた日』 911テロを題材にした映画。テロ発生時にエレベーターに閉じ込められた5人の男女(離婚調停中の夫婦、男と別れ話をしにきたOLとか)を通じて「情報がほとんど入ってこない密室状況の恐ろしさを描いた映画。実際に911テロでは最小で200人、最大で400人がツインタワーのエレベーターに閉じ込められた状態で死亡したとされており(「USAトゥデイ」の推定により)現実に起こり得た事象となっている。そんなことを考えながら見ていたらもう怖くって汗びっしょり。私は閉所恐怖症気味でもあるから。

 ハイビジョン画質はあまり誉められたものではなし。特にぎくしゃくとした動きが気になる。音声はAAC5.1チャンネル。重低音は十分だが高さの表現がなっていない。

 その後、今までちびちび見ていたWOWOWハイビジョン録画の『リベンジショット 最後の賭け』を最後まで。この映画の物語は金持ちだが殴る蹴るが大好きなDV夫にうんざりしていた女がレズの恋人と強盗チームを組み夫の金を奪って町を出ようというもの。ウウーム、この物語の構造はアレだ、『吸血怪獣ヒルゴンの猛襲』ではないか!

 というのは置いときまして(笑)、ラストでこの女を逃がすトム・サイズモアはいかにも女の境遇に同情したような振りをしていたけれども、彼女に奪った金を置いていくように命令しているのである。この男は二人組の女強盗のもう一人(これが女のレズの恋人)とデキていた。それだけならまだしもピロートークで捜査状況を漏らしていたりしたのである。いろいろ考えあわせると後でこれがモンダイになって警察を首になっても大丈夫なように金をがめてしまったように見えてしかたないのである。

 違うかな、トム?

 ハイビジョン画質・音質は面倒臭いからいいや。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

9月10日(月) コングロマリットから人へ

 9月10日(月) コングロマリットから人へ
 大規模複合企業体はいらない。昔ながらの個人商店に戻そう。別に民主党を擁護する訳ではないけど、公共事業の削減は小泉政権時代からやっていたし、それになにより地方の新しくできた道路にまで押しかけて「ご覧ください、車が一台も通りません」と誠にシツレーなことをやって世間に「公共事業は無駄、悪」の風潮を蔓延させた大マスコミ様の御責任はどうなるんだと(笑)。

 オブジェクトサラウンド祭り(ドルビーアトモス、DTS X)は絶賛継続中。今夜のお題は『キングコング 髑髏島の巨神』である。ヘリコプターの軌跡などがより鮮やかになるのは当たり前、ちょっとびっくりしたのは竹林(あの竹クモ バンブースパイダーが出てくるところ。『食人族』パロディに怒った観客が調子に乗るなと叫んだ場面でもある。ウソだけど)やジャングル内の環境音が精緻に構築される。天井あたりで鳴く虫があまりにもリアルだったので実際、そこになにかいるのではないかと思ったくらい。戦闘場面での爆炎の広がりも今までとは段違いであり、戦場がより広大に感じられる。

 イネーブルドスピーカーとして使っていた頃とは雲泥の差。しかしイネーブルドスピーカーがまったくダメという訳ではなさそうで、ウチのシアタールームの構造に原因があったのだと思う。何しろフロントスピーカーの上に梁が走っていますからな、右チャンネルなど部屋の角なので2本の梁が交差しているという有様。そりゃうまく反射してくれる訳がない。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯はリンガーハットでちゃんぽん・餃子5個定食。餃子3個定食というのもあってこれはもちろん安くなる。でも餃子3個では物足りないので5個定食を頼んだ訳だが、店員さんが「今日は餃子増量デーです。1個サービスになります」 ウウーム、注文前に知らせて欲しかった(笑)。夕食は茄子のかば焼き風と雑炊。

 その後プロジェクターを起動して国内盤UHD 『髑髏島の巨神』を見ておおおおおと唸ったのである。

 午後9時すぎに終了してシャワーを浴びる。その後あれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させて『地球防衛軍 HDリマスター』の続き。すいません、昨日の日記で画質が期待したほどではないと書きましたが、全面撤回いたします。安達博士たちがシドニーオリンピック開会式の日本選手団みたいなカッコをしたミステリアンのドームに入っていくじゃないですか、この時寒いので別に薄物のマントを支給されるのですが、このマントの柔らかなテクスチャー表現が抜群です。ブルーレイもまったく敵いません。

 他のリマスター作品と同じくすっきりとした発色で見通しの良い映像が楽しめます。ノイジーだの奥行き感がないだのと書いていた私は一体何を見ていたんでしょうなあ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

9月9日(日) ジェンマ急げ

 

9月9日(日) ジェンマ急げ
 ジュリアーノ・ジェンマ駄洒落 第2弾!ケンミンショーで紹介された群馬県民がこよなく愛するという茄子のかば焼き重(もどき)を作ってみた。調理がとにかく簡単で私みたいなぶきっちょでも大丈夫。茄子の皮を向きラップに包んで電子レンジで3分。あちっ、あちっと言いながらラップを剥がしてまな板の上に移し、箸を使って真ん中から切り開く。後はサラダ油をひいたフライパンで焼く。焼き目がついたらかば焼きのタレをジャーっと多めに注ぎ込む。煮立ったら山椒をこれまた多めに振って出来上がり。ゴハンの上に汁ごと乗せてください。なお、本物の茄子のかば焼き重は茄子の下に鳥肉のかば焼きが敷いてあるそうだが、私はあえて使わず。だってダイエットしているしー(笑)。それに鳥の胸肉を薄く切るのは大変だから。

 こんなんでも美味しいんです。贅沢をするならあらかた茄子を食べた後で残ったゴハンに生卵をかけてもいいでしょう。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に釜玉うどん。400キロカロリー。昼飯はうまかっちゃんとラップレンジ4分の玉ねぎ半個(玉ねぎをラップで包んで電子レンジで4分加熱、すりごま、かつおぶし、くばらキャベツのタレをかける)。500キロカロリー。夕食は塩辛(100キロカロリー)でビール500ml缶一本を飲んでから前述の茄子のかば焼き丼。後は豆腐の味噌汁。400キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてやっぱりドルビーアトモス作品の『エイリアン・コヴェナント』の米国盤UHD(日本語字幕・音声入り)を見たのだが、これが凄かった。あのエンジニアさんたちの惑星に帰還した宇宙船の床がきゃろきゃろきゃろりーんと開いてデヴィッドが「えい!死んじゃえ」 液体出汁入りエイリアンの素(ホントウは違うけど)を振り撒くじゃないですか、頭上で旋回する音の軌跡の鮮やかさ、音の密度感、私はもうエンジニアさんたちに混じって恐怖で顔をゆがめながら逃げ回りましたよ(ウソ)。

 これだよ、これがオブジェクトサラウンド ドルビーアトモスの凄さだよ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「めしばな刑事タチバナ」の録画。思えばあのドラマ 漫画本編中には登場していないタチバナオリジナルの料理、カレーつけめんとかカレーチーズトーストとかを紹介しているんだよなあ。実際に2つとも作ってみたけど特に後者は美味かったぞ。カレーの量が多すぎるとアツアツのそれがパンから垂れ落ちて膝に大やけどしたりする可能性があるけどな(笑)。

 午後11時からプロジェクターを再起動させて日本映画専門チャンネルハイビジョン録画の『地球防衛軍 HDリマスター』を見る。他の作品群のリマスター完成度が高かったので期待していたのだが実際見てみたら「あれ、そうでもなくね?」だった(笑)。発色は変わらず良いのだがノイジーであり立体感のないぺたっとした映像。画像の奥行き感に乏しいのである。

 ただ、妙に音が良くて特にオープニングタイトルのぼぼぼっべべーの低音が豊か。これはブルーレイソフトよりいいかもしれん。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

9月8日(土) ヤマアラシのジェンマ

 

9月8日(土) ヤマアラシのジェンマ
 ジュリアーノ・ジェンマ駄洒落。ヒストリーチャンネルで74式、90式、10式の走行能力や砲塔旋回速度、超信地旋回速度などの直接比較が行われていたが(いや、ちょっとイジワルですな)、印象的だったのは90式の砲塔旋回速度の遅さ(74式より遅い)と74式のバック能力の低さ。さすがに10式の機動力は飛びぬけており、100メートル競走(笑)ではちょっと出遅れたがその後の加速性能の良さでたちまち大差をつけてトップでゴール。超信地旋回(なぜこんな重要な用語が一発変換できんのか!)の速さも凄かった。 

 あー、これは陸上自衛隊に配備されている戦車の話ですよ!ここまで読んできてやっと分かったというあなた、あなたにはガルパンを見る資格などありませんな!

 さて、ドルビーアトモス、DTS X のトップスピーカーであるが、4,500ほどの出費で高さ1.7メートルぐらいの場所に移設することができた。左チャンネルは本棚(ソフトラック)の上の段に移しただけでOK。この出費は右チャンネルに関するもの。要するに、ホームセンターで金属製のキャスター付きワゴンを買ってきて、右チャンネルのオーディオラックの上に強引に針金を使って固定したのである。ワゴン(キャスターはもちろんつけず)の上段にゴムシートを敷いてからスピーカーを配置。周囲にこれまた針金を巡らせて落下防止とする。このワゴン、針金、ゴムシートで4,500円ほど掛かったのである。実にカッコ悪いが(笑)、かなりがっちり固定できたので良しとしよう。まあ、何しろ4,500円だからな。

 さて、配置完了後、三脚と測定マイクを使ってヤマハ自慢の音場補正機能YPAOによる測定と補正。その後プロジェクターを起動させて米国盤UHD『ワンダーウーマン』を見てみたのだが・・・、上方移動の明確な効果は塹壕戦の砲撃で感じられたくらい。確かにサラウンド音場の高さは今までで一番だったけれども、私がドルビーアトモスに期待しているものとは違う。これはソフトの個体差によるものなのだろうか。

 まあ、これからいろいろ見てみますけど。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのカップラーメンと塩むすび。500キロカロリー。昼飯は刻んでくばらキャベツのタレをかけたキャベツとベーコンエッグ。200キロカロリー。夕食はスパゲティナポリタン。玉ねぎ・ピーマン・茄子・ベーコンを使用。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させ『ワンダーウーマン』を見てあれれと首を捻ったのである。午後9時に終了してからシャワーを浴びる。それからあれこれ。録りためていた「ゴリパラ見聞録」のCM抜きとブルーレイメディアへのムーブなど。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

9月7日(金) ハウスたが屋

 

9月7日(金) ハウスたが屋
 松本ハウス駄洒落。松本ハウスと言えば大川興業、大川興業といえば94年のピグモン勝田の公演中の事故死。この時の大川興業総裁、大川豊の悲痛な声が忘れられない。なお、私自身は大川興業のライブに2~3回行ったことがあるのだが正直言ってあまり面白いとは思わなかった。

 良かったのは総裁、江頭2:50のライブにおける珍旅行記。総裁は「湾岸戦争直前のイラク」 江頭2:50は「北朝鮮」でその見聞を変な方向に広げてきたのである。それぞれの「イラク 湾岸戦争直前という緊迫した状況にも関わらず地獄の沙汰も金次第で日本人なのにちょっと袖の下握らせるとどこにでも入らせてくれる。議会はちょっとしたことで議論などすっ飛び、みんなでわあわあ歌って踊る、もうみんなヤケクソ」 「北朝鮮 ホテルの廊下が暗くて部屋のナンバープレートが読めず指でなぞって番号を確認(盲パイってやつか)しなければならなかった。北朝鮮の動物園には犬しかいない、猿山も犬たちに占領されている。ホテルの売店で日本円で買い物したらおつりがガムだった。北朝鮮の熱帯魚は世界一丈夫である。停電がしょっちゅう起こるのでヤワな個体は生きられないからだ」 大いに笑ったのだが、でも江頭2:50 北朝鮮で誰も知らないからといって後輩芸人 テツ&トモ(当時 現在はテツandトモ)をパクってなんでだろーと歌い踊るのは良くないと思うぞ。

 江頭2:50はこの旅行の際にかなりにぎやかな街の駅前で(実際の地名は失念)で「めぐみさーん、横田めぐみさーん、どこですかあ、いらっしゃいますかあ」と叫んだ。これは流石に怖すぎて笑えなかった。

 (湾岸戦争ネタなどちょっと時期が合わないような気がするが、これは旅行自体がこのライブのかなり以前に行われたからだと思う、うん)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとカフェラテ。昼飯は膳でラーメン+替え玉。夕食は野菜炒めと釜玉そうめん。

 その後、プロジェクターを起動させてまたドルビーアトモスの世界にひたる。今日のお題は『バイオハザード ザ・ファイナル』 意外なことにアクションシーンなど動きが派手になるであろう場面ではあまりアトモスらしさが感じられない。効果が顕著になるのはハイブ内部の残響音や、頭上を漂うBGMの表現が主である。ただ、BGMは動きが上手くつながらず途中で途切れてしまうのが残念。

 トップスピーカーの高所配置を早めに実現しなければなりませんな。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

9月6日(木) 『トルエン人間現る』

 9月6日(木) 『トルエン人間現る』
 『トルエン人間と蠅男』とか。関西で観測史上最強の台風が吹き荒れ、北海道では震度7くらすの地震が発生と、大荒れの日本。そして例によってこの災害を利用してにやにやしながら政権批判(まあ、いちゃもんだが)したり、デマを飛ばしたりするアレなのがいる。ツィッターを使うとレガシーメディアと比較にならないほどの速報性の恩恵を受ける一方で、この手のアレな奴らのアレな言説がどうしても目に入ってしまうのである。

 シアタールームのソファのすわり心地が良くない。家具店で3万5千円の安物のためか長いこと座っていると尻がずきずきと痛みだす。痔にも悪そうである(笑)。思い返せば購入後数年も経たずに合成皮革の座面が毛羽立ち破れてしまったパーソナルチェア(5万円もしたのに!)は座り心地だけは随分と良かった。あまりに良かったので飲みに行ってウィーヒックと帰宅して座りこんだらそのまま寝てしまい気が付いたら午前6時みたいなこともあったのである。今のソファではとてもじゃないがそのまま寝込んだりできない。先日大濠公園花火大会で訪れた某ホテルのロビーに置いてあったソファのすわり心地はたまらなかったなあ。ああいうのが欲しいけれどきっと10万円じゃきかないんだろうなあ。

 なんかすいませんね、つまらない愚痴聞かせちまって。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドイッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は野菜炒めと釜玉そうめん。400キロカロリー。夕食はケチャッピーを使ったナポリタン。ベーコン、玉ねぎ、ピーマン、茄子(ラップして電子レンジで3分加熱した奴)を贅沢に使いましたとも。そして今回はスパゲティを炒めず茹であがったところで皿に盛り上からケチャッピーで炒めた具材をかけるという方法を試してみた。ウム、こっちの方が美味いし、調理も簡単。小さなフライパンでスパゲティと具材を炒めるのは面倒くさいからな(笑)。ナポは炒めてこそ!と仰る向きもあるかもしれないが、俺が良いのだからこれで良いのだ。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてまたドルビーアトモス三昧。本日のお題は『スタートレック イントゥ・ダークネス』 いやあ、冒頭からすっげえなあ。海中からエンタープライズが姿を現す場面での重厚な動き、噴火口内の圧倒的な包囲感、ぱちぱちとはじける火花が顔のすぐそばをゆっくりと通り過ぎていったぞ。この作品に対する印象がまるで違ったものになってしまった。やっぱりドルビーアトモスWithトップスピーカーは素晴らしい。オレはもう楽しくて楽しくて仕方ない。うん、幸せだ!

 いいですな、これくらいでこんなに大喜びできる人は。

 午後9時に終了してシャワーを浴びる。後はあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させてブルーレイ 『ゴジラ対メカゴジラ』を最後まで。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

9月5日(水) おしぼり刑務所

 

9月5日(水) おしぼり刑務所
 元ネタの網走刑務所は1984年より暖房完備になっているそうです。AV関係での大きな動き第2弾!ヤマハより私が使っているAVプリアンプ CX-A5100とマルチチャンネルパワーアンプ MX-A5000の後継機が登場。<https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1141062.htmlより引用開始>ヤマハは、フラッグシップのセパレートAVアンプを刷新。AVENTAGEシリーズの11.2ch AVプリアンプ「CX-A5200」を10月下旬、11chパワーアンプ「MX-A5200」を12月中旬に発売する。価格は「CX-A5200」が30万円、「MX-A5200」が32万円。カラーはチタンとブラックを用意する。<引用終了>

 私は現用のCX-A5100を物凄く気に入っているので画期的な新サラウンドフォーマットでも誕生しない限り買い替えなど考えていないが、マルチチャンネルパワーアンプ MX-A5100の高音質化は大歓迎。フロント2チャンネルとしては役者不足かもしれないが多数化せざるを得ないサラウンドチャンネルの増強にはぴったりである。他のメーカーでもこのクラスのパワーアンプを是非開発して欲しいものだ。

 ということで先日日記に書いたサラウンド大変革大作戦!まずは試しと言うことで一銭も掛けない。単にフロントのパイオニア S1-EXの上に乗せていたオンキョーのイネーブルドスピーカーを両サイドに移動しただけ。左チャンネルは本棚の中に、右チャンネルはオーディオラックの上にそれぞれ乗せる。テキトーだがだいたい高さはあっている。その差は3センチほどしかない(笑)。推奨配置とは程遠く、つまり視聴位置から近すぎるのだが、それはヤマハの誇る音場補正機能 YPAO-R.S.C.がなんとかしてくれるということで。そしてイネーブルドスピーカーの設定をトップスピーカーへと変更。

 付属マイクを取り出して三脚の上にセットしてからソファーの上に設置する。そして測定開始。終了後、さっそく英国盤UHD 『パシフィック・リム』(日本語字幕・音声入り)のドルビーアトモス音声を聞いてみたのだが、これが簡易的な設置方法にも関わらず実にヨロシイのである。サラウンド音場が広いのは当たり前なのだが、左右前後に加えて上下への移動感がより明快になる。後ろから前へとヘリコプターが着陸していく場面ではその軌跡の鮮やかさに鳥肌がたったほど。あまりに感動したので夕食前に『パシフィック・リム』、夕食後に『パシフィック・リム アップライジング』をハシゴしちゃったい。ただ、視聴位置の関係からトップスピーカーの気配が目立ちすぎる。これは従前の計画通りもう少し高い位置へ移す必要があるだろう。

 ふふふ、これで私のAVライフがまた一段と楽しくなっちゃったい。

 本日は休み。朝飯はゴハン一合を大根おろし、ふりかけ、焼肉のタレで味付けした茄子、生卵、豆腐の味噌汁でがぶがぶ食う。げふっ。その後事務所へ出てちょっとしたお仕事を済ませて車でお出かけ。久しぶりにブックオフをハシゴしてマンガ一冊、単行本一冊、文庫本9冊を購う。昼飯はゆきみ家。珍しくカレーと塩ラーメンのセット。美味しいけどやはり私は味噌ラーメンの方が好きだ。

 帰宅して前述のごとく『パシフィック・リム』を見ておおおおと感動したのである。夕食は昼飯が重かったので軽く済ませる。豆腐半丁の冷奴でビール500ml缶一本飲んで素麺2把を大根おろしぶっかけで食べる。その後はプロジェクターを再起動、『パシフィック・リム アップライジング』を見たのであった。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画のヒストリーチャンネル謹製の自衛隊ドキュメント。午後11時過ぎにプロジェクターを再起動させてブルーレイ『ゴジラ対メカゴジラ』をキングシーサー出現直前まで。ブラックホール第三惑星人の皆さんの腰回りのちゃらちゃらがすっげえキレイ。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月4日(火) キリスト御免!

 

9月4日(火) キリスト御免!
 実際の切捨御免は確かに江戸時代の武士階級に認められた特権であったが、その適用条件は極めて厳しく斬った後は速やかに役所に届出をしなければならず、20日以上の自宅謹慎を申し付けられ、証拠品を押収され、相手の無礼な行為とそれに対する正当性を立証する証人が必要だった。検分の結果正当性が認められなければ斬首、家の取り潰し・財産没収の憂き目にあうこともあった。決して、武士だったら感情の赴くまま町民をやぁっ!ぶしゅっ、ギャー、てえええい!ざくっ、ギャー、おりゃ!ずばっ、ギャー、くわっ!どすっ、ギャーと切り殺して構わないということではなかったのである。

 (落語の「たがや」のケースは正当性が認められるのだろうか。もっともこの根多はもともと首が飛ぶのはたがやの方だったというが)

 AV関係で大きな動きあり。ドイツで8月31日~9月5日まで行われているIFA2018に置いて、JVCビクターはプロジェクターの新製品3機種を発表。<https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1141135.htmlより引用開始>JVCケンウッドは、「IFA 2018」において8K e-shift対応のD-ILAホームシアタープロジェクタ「DLA-NX9B」など3機種を出展している。欧州では10月末~11月発売で、価格はDLA-NX9Bが18,000ユーロ、最大4K表示の「DLA-N7B」が8,000ユーロ、「DLA-N5B/W」が6,000ユーロ。本体カラーはNX9とNX7がブラック、NX5がブラックとホワイトを用意する。<引用終了>(18,000ユーロは約233万 8,000ユーロは約104万 6,000ユーロは約78万) 注目すべきは3機種ともに0.69型 4,096×2,160ドットのネイティブ4Kパネルを使用していることだろう。そしてDLA-N7Bのみe-shift機能によって8K映像表示に対応する(8K入力は未対応)。

 この中で私のターゲットになるとしたら(笑)ミドルクラスのDLA-N7Bか。この機体のコントラストは性能は8万:1(ネイティブコントラスト)80万対1(ダイナミックコントラスト)でありX990の16万:1(ネイティブコントラスト 160万:1(ダイナミックコントラスト)はおろか私の使用機 X770の13万:1 130万:1にも遠く及ばないのだが、卓越した解像度がこの差をどう埋めていくのか興味はつきない。

 またビクターの視聴会におじゃましますよ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は素麺2把を大根おろしで。400キロカロリー。夕食は焼肉のタレで濃いめに味付けした野菜炒め(キャベツ・玉ねぎ・ピーマン・茄子)とうまかっちゃん。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『ファーストキル』を見る。アメリカで引退間近の警察官・保安官が愚痴を言い出したらそれはすなわち「引退前にその地位を利用して何かしらの大掛かりな犯罪を犯して大金をせしめ引退後を優雅に過ごすぞ」に決まっている映画(笑)。いや、本当にそういうパターンが多いんだよ。

 それはともかくとしてこの映画はなかなか良かった。銀行強盗と警察官たちの関わりが今一つ不明だが(笑)、銀行強盗実行犯と次第に心を通わせていく少年の関係性が宜しい。単なるストックフォルム症候群には留まらない人間性の深さがある。そして執拗に主人公たちを追い詰めていく警察官たちは、これはぜったい韓国映画のスタイルだよ(と思う)。

 ハイビジョン画質は黒の落ち着きのなさが癪にさわる。UHDの画質を見慣れているとこれが気になってしかたないのだ。音声はDTS-HDマスターオーディオ。やっぱりサラウンド音場が一回りでかくなっている。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

9月3日(月) 「月見くずし」

 

9月3日(月) 「月見くずし」
 ああ、ある日突然、ウチの娘が不良になった。せっかく用意した月見団子も無茶苦茶にされてしまったよ!USBパワーコンディショナー SH-UPX01 3本目(笑)が到着。さっそくAVプリアンプ ヤマハ CX-A5100の前面USB端子に接続してみたのだが、い、いやー、な、なんですなあ、WOWOWハイビジョン録画の『密偵』のサラウンド音場が一回り大きくなったではないですか。音の定位もより鮮明になり背後を通り抜ける電車や車の音、雑踏が驚くほどリアル。人物が画面外に歩き去る場面などその足音の余韻が長い、本当に歩いて遠ざかったように感じる。

 ここまで従来のサラウンドが良くなったのだ。私は余計な決意をした。トップスピーカーを天井近くに配置する方法を試してみよう。システムの左サイドは本棚(実際に置いているのはDVDやフィギュア、CDだが)になっているのでスピーカーを置くだけでOK。反対側はパワーアンプ用の背の高いラックがあるのでその上にスタンドなりを立てればいい。スピーカーはオンキョー イネーブルドスピーカーD-309Hをそのまま流用だ。天井からの反射を前提にしているイネーブルドスピーカーだが、直接音でもそれなりの効果が出るに違いない。

 さっそくホームセンターに行ってラックの上に載せることのできるスタンドを物色してこよう。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとカフェラテ。昼飯は近くの蕎麦屋でカツ丼・ざるそばのセット。夕食は昼飯が残っていたのであまり食欲がなくフライパンで念入りに炒めたピーマン、かつおたたきのづけ、卵ふたつとほうれん草をぐちゃぐちゃに炒めた奴で済ませてしまう。

 その後プロジェクターを起動して前述の『密偵』を見たのである。これまた実に良くできたサスペンスで、特に「二重スパイ」の本当の意味が明かされるラストが素晴らしい。まあ、日本と韓国のアレがなければもっと素直に楽しめただろうけど(笑)。

 ちょっと驚かされたのは日本軍・日本人の描き方で、彼らと対峙するのは義烈団のメンバーのみ。一般朝鮮人に対して日本人が侮蔑的な態度をとる場面がほとんどない。拷問場面はたいそう残酷であったが、日本にとって彼らはテロリストでしかないのである。それに逮捕されるときにさんざんっぱら日本兵殺しているし(笑)。ラストの爆弾テロは一見、壮挙に見えるけれども、その実直前に女子楽団をクローズアップすることで一般朝鮮人も多数犠牲になるであろうことが示唆されているのだ。

 義烈団のメンバーは即時処刑かと思っていたらちゃんと裁判に掛けられる。傍聴人には一般朝鮮人の姿も見られる。裁判自体が公正であったかどうかきちんと演出されないものの、それなりに法治国家としての裁きがなされているのである。

 統治時代の日本の描き方も次第に変わってきていることが実感できる映画でありました。

 ハイビジョン画質は良好。落ち着いた黒が好ましい。音質は前述のごとく3本目のUSBパワーコンディショナーの導入によって恐ろしく変わった。AACでこれなのだからロスレスやオブジェクトサラウンドではどうなるのだろう。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

9月2日(土) 「途中芸者の旅」

 

9月2日(土) 「途中芸者の旅」
 キレイどころを数人引きつれて全国蔵元めぐり、究極のグルメ旅だ。竹股談(「酒のほそ道 3」21ページより) 今月の米国盤UHD注文は都合があって現地時間19日発売の『ジュラシックワールド2/炎の約束』のみ(映画の本当のタイトルは『ジュラシックワールド/炎の王国』である。これは『リーサルウェポン2 炎の約束』とひっかけたギャグである)。まあ、3ヶ月続けてパナソニックのUSBパワーコンディショナー SH-UPX01 25,000円を買ってしまいましたからな、仕方がないのであります。その代り10月には『ホテルトランシルヴァニア3』『スカイスクレパー』など楽しみな作品が目白押しなのでいいのであります(摩天楼はスカイスクレーパーだと思っていたのだが、本当はスカイスクレパーなのか。なんだか映画版・小説で「宇宙空母ギャラクティカ」と認識していた作品が日本でテレビ放送される際に「宇宙空母ギャラクチカ」になっていたアレみたいだなあ。この微妙なタイトル変更は新聞のテレビ欄に1行で収まらないからという理由であったというが本当か、本当なのか)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に釜玉そうめん。素麺を固めに茹でて丼に盛り生卵とねぎをトッピングし麺つゆを掛けてぐるぐるかき回したあげく鼻息あらく啜りこむのである。300キロカロリー。昼飯はマルちゃん焼きそばの肉抜きヴァージョン。400キロカロリー。夕食はかつおのたたき半分とフライパンで念入りに炒めたピーマン3個に焼肉のタレ+牡蠣醤油を掛けたものとラップして電子レンジで4分加熱して花かつお、すりごま、クバラきゃべつのタレを掛けた玉ねぎ半個でビール500ml缶一本飲んで素麺1把を使った柔麺で仕上げ。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,350キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』を見る。第二次大戦下、英国と亡命チェコ政府によるラインハルト・ハイドリヒ暗殺作戦「エンスラポイド作戦」の映画化である。チェコ副総督としてインテリ、中産階級層に「プラハの虐殺者」という異名をとったほどの徹底した弾圧を加えたラインハルト・ハイドリヒ。1年間の間に400~500の死刑判決を下したと言う。完全な統治を目指すならとりあえず頭の良い奴を残らずブチ殺せの人であったのである。

 ただ映画ではこの人のヤバさが十分に伝わっておらず作戦の成功がただ状況をさらに悪化させているように見えてしまうのが残念。何しろこの暗殺計画の報復として何の罪もないチェコの人々は1,000人以上も虐殺されているのである。ただ、それがラストの教会での勝ち目などある筈のない攻防戦で暗殺を実行したチェコ人兵士たちが青酸カリや最後に残しておいた銃弾で自決していく姿をより悲壮に見せているのは確かだけれども。

 ハイビジョン画質は大したことなし。暗部のノイズが目立たないけれども明るい場面でもコントラストが確保できていないのである(笑)。音声はAAC5.1チャンネル。ヴォリュームをかなり上げてみるラストの攻防戦はなかなかのもの。背後から聞こえてくる銃声に思わず身がすくんでしまう。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「池の水を抜く」 すっぽん養殖池がウシガエルの食害を受けるのならその根拠と目される草で覆われた池にシマヘビ放り込めばいいじゃんと思ったり思わなかったり。いや、「シマヘビに絡みつかれてぎりぎりと締め上げられる虚無的な目をしたウシガエル」の絵柄がオレは一番怖いんだよ、想像しただけで鳥肌立っちゃうんだよ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動してブルーレイ 『かもめ食堂』を最後まで。就寝午前1時過ぎ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

9月1日(土) 表面超能力

 

9月1日(土) 表面超能力
 液体の表面をできるだけ小さくすることができる超能力。これを使うと容器に液体をほんのちょっとだけ余分に入れることができる(なんじゃ、そりゃ)。

 昔から凍死というのはある種ロマンチックで美しいものとたびたび描写されてきた。実態はむろんそうではない。これを「フランダースの犬」のネロとパトラッシュを例にとって説明しよう。凍死はあたかも眠るように死ぬと言われている。しかし実際は寒さによって関節の筋肉が収縮し激痛に襲われるのである。ネロの死に顔は『シャイニング』のジャック・ニコルソンのようにこの痛みによって目がかっと見開かれていた筈だ。その目は白く濁り生前の面影など残ってはいない。手足を縮こまらせた死体は石畳に張り付いて引きはがすのに大変な困難を要するだろう。顔が床にくっついていたりするとさらに悲惨である。顔の皮がべりべりと剥がれ筋肉組織が露出したかもしれない。パトラッシュはネロと一緒に彼の祖父の墓に葬られたというが、所詮は単なる犬畜生である。麻袋に放り込まれ大層乱暴な扱いを受けたのに違いない。そして実際の埋葬の様子はどうであったろうか。墓守たちはクリスマス当日に振ったように湧いてでた葬儀に困惑した筈である。「子供用の棺桶なんかないよ」「仕方ねえ、大人用の棺桶に入れちまいな、空いた隙間に犬ころ放り込めば万事解決だ」

 物語では<ネロとパトラッシュは生涯をともに過ごし、そして死んだ後も離れませんでした。村人たちが二人を同じ墓に入れたからです。二人はこれからもずっと一緒なのです。>と美しく語られるが、実態はこのようなものであったに相違ない、ああ。

 (凍死に関して凍死体がかっと目を見開いている、目が白く濁る、石畳に顔が張り付く等々は話をより残酷にするために私が付け加えた創作である。実際の凍死体がそんな状況になるとは限らないというか、たぶん、ならないと思う)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのエッグマフィンとブラックコーヒー。400キロカロリー。昼飯は冷凍うどんを使った釜玉うどん。400キロカロリー。夕食は突然食べたくなったコンビニのお握り弁当。550キロカロリー。これにホウレンソウの中華スープ。150キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後、音楽を聞きながら読書。午後9時すぎにシャワーを浴びてあれこれ。「ゴリパラ見聞録」 青森のガンダムがある理容店ネタ。お店の庭に巨大なガンダムの頭(オレはよー分からんが実物より大きいのではないか)がどてんと置いてある景色に驚愕。しかもその頭の中はカラオケボックスになっている!他にもズゴックなどのモビルスーツが所せましと並んでおり、そちらの出来栄えも見事なもの。

 しかし、これを作った理容店のご主人(ゴリパラの3人が訪問した時も理容店の中で作成中だった)はガンダムをまったく知らなかったという。モノを作るのが好きなので、お客さんだった高校生に「でっかい奴つくるけど何がいい?」と聞いたら返ってきた答えが「ガンダム」だったというのである。

 私は「ガンダム」だから良かった、高校生が「綾波」とか言っていたらえらいことになっていたのではないかと、いかにもしょうもないオタクらしい感想を抱いたのであった。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

8月31日(金) 「安倍内閣刑事」

 

8月31日(金) 「安倍内閣刑事」
 この駄洒落の元ネタが分かった人は手を上げて!いや、私には絶対わからないだろうという確信があるから(笑)。もちろん科学は万能じゃないけどさ、トリチウム騒動とか見ていると「科学は絶対的に正しい神なのだからお前ら盲信しろ」となった方が絶対うまくいくよね(笑)。豊洲移転、トリチウム、がんのトンデモ治療、オスプレイ等々見ていて恥ずかしいったらありゃしない。雷が鳴ったらへそを隠せ!とどこが違うんだ?

 ところで先日、書類取得のために訪れた天神でモデルみたいな美女が3人ほどみんなへそ出しルックで歩いていてびっくりした。それもおそらく中国の人。マジでテレビの撮影かと思った。ウウーム、わざわざ日本に来てまでへそを出しますか。(へそつながり)

 さて、明日から9月ですが、また私はアマゾンでパナソニックのUSBパワーコンディショナー SH-UPX01を追加注文するつもりです。3つ目です。合計7万5千円になりました。これはヤマハのAVプリアンプ CX-A5100に装着するつもりです。これでもっと音が良くなる筈です、うひひひひ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとゼロカロリーコーラ。350キロカロリー。昼飯は冷凍うどんを使った釜玉うどん。400キロカロリー。夕食は野菜炒めと大根おろしぶっかけスパゲティ。700キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤UHD 『ファンタスティック・ビースト』を再見。ハリーポッターの魔法界というのは極端に古めかしい保守主義を貫いており、偏見や差別も色濃く存在する(だからドローレス・アンブリッジのような人物の台頭を許してしまう)。『ファンタスティック・ビースト』は『ハリーポッター』の物語よりさらに70年前なのでその傾向がより顕著で、魔女狩りの教訓からマグル(ノーマジ)に対しての警戒心は比べ物にならないくらい強く、マグルを魔法使いが支配しなければならないという考えを持つものさえいる。スクイブ(魔法族の出身であるが魔法力を持たないもの)に対する差別は「その存在を無視する」という形を取っており単なる差別よりいっそうタチが悪い。この映画ではさらにノーマジのキャラクターから「フリークス」呼ばわりをされてしまうのだから何をか言わんや。

 これらが現実に存在する差別のアナロジーであることは明らかであるが、余りにもリアルにすぎるために映画全体が非常にシビアな雰囲気になってしまっている。能天気に楽しむことができないのだ。これを欠点とみるか、逆に利点とみるかでこの映画の評価は大きく変わってくる。

 うん、画質・音質は最高だけどね!

 シャワーを浴びてからお酒。お供は録画の「タモリ倶楽部」など。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させてブルーレイ『かもめ食堂』 バスの色つやとか海の輝きとか壁の質感とかなんかもう凄いっすよ。

 就寝午前1時過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »