« 11月13日(火) 赤色巨泉  | トップページ | 11月15日(木) スムージーの次郎長 »

2018年11月15日 (木)

11月14日(水) 「ヘンシェル忍者嵐」

 

11月14日(水) 「ヘンシェル忍者嵐」
 ドイツミリタリー駄洒落第2弾。今日は韓国映画デーだった。午前中に『奴隷の島、消えた人々』を見て夜に『エンドレス 繰り返される悪夢』を見たのである。内容は対極にありながら両作品とも実によろしい。特に後者の『エンドレス』は日本でつまらないリメイクがつくられるのではないかという傑作ってどんな誉め方なんだか(笑)。

 『奴隷の島』は2014年に発覚した韓国の新安塩田奴隷事件をベースとした映画なのだが、そう思ってみていると最後のとんでもないどんでん返しに戦慄させられる。こんなにゾッとさせられたのは『羊たちの沈黙』で顔面をずたずたにされた警官のふりをして救急車に運ばれたレクターがかぶっていた顔面の皮をぺちゃっと落として起き上がった時以来だ。何のことだか良く分からないと思うけれども(笑)ネタを割ってしまうとこの映画が台無しになってしまう。ぜひ、予備知識なしに『奴隷の島』を見て私と同じ恐怖を味わってほしいのである、うん。

 『エンドレス』はタイムループものでそれ自体は特に目新しいものではない。しかし、主人公側の二人があれこれやってそれでも妻、娘を救えないああ、どうしようで物語が単調になってきたというところで、意外な3人目を登場させる。そして次第に明らかになっていく事実への伏線が完璧でほとほと感心させられる。

 まあ、保護者の許可なしに脳死状態だったとはいえ、幼い子供の心臓を勝手に使ったらかっての南アフリカではないのだから大騒ぎになると思うけど。それで主人公の外科医は医師免許を取り上げられブラック・ジャックと化して「今日も人知れずどこかで人を救っている」とかなったりして。

 本日は休み。午前9時に起床して釜揚げうどんの朝食。その後前述の『奴隷の島』を見たのである。ハイビジョン画質はクールな画調。島の寒々とした光景が映画の内容とあいまって私の心を凍えさせる。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンド音場は広大だがもう少し重厚感が欲しかったところ。

 午前11時過ぎに事務所へ出てちょっとお仕事。その後バスで博多駅へ。今日は博多・天神でブックオフを回ろうと思っていたのだが博多駅前店で結構な収穫があったので天神には行かないことになった。その代りにほろ酔い横丁でイカの刺身と唐揚げを肴に生ビールを3杯やったんです。そして仕上げに博多駅のラーメン街道で有名店Dでラーメン+替え玉したんです。このラーメンが美味しくなくって・・・。その後も本屋やヨドバシカメラに行ったりして帰宅は午後4時過ぎ。

 夕食はカップヌードルで済ませてしまう。

 その後、『エンドレス』を見たのである。ハイビジョン画質は引きの画での見通しが良い。ノイズ感はみじんもなく青空がとにかく青く澄みきっている。暗い場面になると暗部諧調推移部分に青いノイズがでるという欠点はあるのだが、この綺麗な青空ですべて許す!

 音声はAAC5.1チャンネル。リアチャンネルの動き表現がリアル。背後を通り抜けていく車の音で背中がぞくぞくしてしまう。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「そこまで言って委員会」 午後11時半からプロジェクターを再起動させてブルーレイの「サンダーバード ファイヤーフラッシュの危機」を見る。USBパワーコンディショナー SH-UPX01の追加でさらに良くなった画質、80インチ相当の大画面で見る「サンダーバード」はいろいろ気が狂っている(笑)。ファイアーフラッシュの操縦ハンドルなどの小物もきっちりディテールが作られていてどれほど撮影に手間暇が掛かったかと想像したら背筋が寒くなってくる(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

 

|

« 11月13日(火) 赤色巨泉  | トップページ | 11月15日(木) スムージーの次郎長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月14日(水) 「ヘンシェル忍者嵐」:

« 11月13日(火) 赤色巨泉  | トップページ | 11月15日(木) スムージーの次郎長 »