« 11月14日(水) 「ヘンシェル忍者嵐」 | トップページ | 11月16日(金) 「清兵衛とピューリタン」 »

2018年11月16日 (金)

11月15日(木) スムージーの次郎長

 

11月15日(木) スムージーの次郎長
 「あんた江戸っ子だってね、飲みねぇ、スムージーをを飲みねぇ」 米国盤UHD『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』が到着。くしくも日本公開11月16日の一日前という最高のタイミングで届いた。日本公開に先駆けていち早くみることができるのだ。こういうタイミングの良さは数回経験しているが、やっぱりなんだか妙に嬉しい。

 その『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』はこういう物語。アメリカで自爆テロが発生。テロリストはメキシコを経由してアメリカに入国してきたらしい。それにはメキシコの麻薬カルテルが絡んでいる。カルテルを潰せ!この作戦のやり方がまたえげつなくてですな(笑)、カルテルのボス(ベネチオ・デルトロの家族を殺した男)の娘を誘拐して他カルテルの仕業と思わせ抗争を誘発しようというのである。抗争でお互いを潰し合ってくれれば壊滅作戦がもっともっと簡単になる!という訳だ。

 誘拐した娘がテキサスで監禁されている。そこに突入したDEAが彼女を発見、保護した・・・と見せかける。ここまでは実に上手くいったのだが彼女をメキシコへ移送する際に異変が起きた。護衛役の筈のメキシコ警察が他カルテルの犬だったのだ。複数の警官が犬になっているのではない、警察自体が犬なのである。だって断ると殺されちゃうから(笑)。下手すると自分ばかりか家族まで見殺しになる。チンコと片足切断されて橋からぶら下げられたりもする。女房・娘などバラバラにされて路上に捨てられたりすることだってある。このあたりがいかにもメキシコの麻薬戦争であり、ウソだと思うかも知れないが、本当にカルテルに逆らうとこんなことされちゃうんだよ。

 この戦闘で警察官25人を射殺してしまう。これでメキシコとの関係悪化を恐れたDEAは作戦を中止。娘とベネチオ・デルトロをメキシコ国内に残したまま撤退。娘とベネチオ・デルトロはアメリカへの密入国を画策する・・・。

 後は見てのお楽しみ・・・という浜村純方式(笑)。いやこの後、映画の雰囲気ががらりと変わってさらに面白くなるので、どうぞみなさん、劇場でご覧ください。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。350キロカロリー。昼飯は久しぶりのマルタイ冷麺。450キロカロリー。夕食は突然、矢も楯もたまらないほど食べたくなったうまかっちゃんとベーコン入り野菜イタメ。650キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後、前述の米国盤UHDの『ボーダーライン2/ソルジャーズ・デイ』を見たのである。画質は超絶的な解像度、HDRによる暗部の見通しの良さ、ほとんど感じられないノイズ、どれをとっても一級品。夜間、メキシコ目指して飛行するブラックホークの航行灯の美しさなどもう忘れられない。

 音声はドルビーアトモス。いや確かにヘリコプターの軌跡など鮮やかなのだが、やはりドルビーアトモスの真骨頂はこのシームレスで分厚いサラウンド音場の構築にあると思う。重低音も音場に完全に溶け込んでおり、サブウーファーが鳴っているという感じがしないのが素晴らしい。

 終了後シャワーを浴びて録画の「落語研究会」 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

 
 

|

« 11月14日(水) 「ヘンシェル忍者嵐」 | トップページ | 11月16日(金) 「清兵衛とピューリタン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月15日(木) スムージーの次郎長:

« 11月14日(水) 「ヘンシェル忍者嵐」 | トップページ | 11月16日(金) 「清兵衛とピューリタン」 »