« 11月19日(月) 「ラーゼフォンを脱がさないで」 | トップページ | 11月21日(水) 『カツサンドクロス』 »

2018年11月22日 (木)

11月20日(火) 「ビリオネア古書堂の事件手帖」

 

11月20日(火) 「ビリオネア古書堂の事件手帖」
 ああっ、栞子さんが億万長者に!先日は「ゴリパラ見聞録」が地上波で本放送、CSで録画していなかった回が放送されるというゴリパラキッズ(「ゴリパラ見聞録」ファンの意。ハウンド・ドッグのファンがキッズと呼ばれていることにあやかってこう呼ばれる)の私にとってまさに天国のような状況だった訳である。もちろん、どちらも面白かった。笑い転げた。この日の内容をサザエさん風にいうと「仏が2階から降りてきた」「部外者はだめ」「斉藤嫁が白着てる」の3本です!となる。

 説明すると「仏が2階から降りてきた」は斉藤優の高校時代の話。関西方面へのミッション(高校野球発祥の地へ行く旅)で母校を訪れた斉藤優、当時の担任の先生によって語られたエピソード。斉藤優が悪ふざけで仏の面を被って2階から1階の教室に降りてきたというのである。まあ、この人は高校時代所属していたラグビー部が他校との試合で大負けし(128対0)がっかりして学園祭開催中の学校に戻ってきたら軽音楽部がコンサートで女の子にきゃーきゃー言われていたので頭にきて下半身丸出しで舞台へ踊りこみ停学になったことがあるので、そのくらいの悪ふざけは不思議でなんでもない。

 「部外者はダメ」は同じく母校を訪れた矢野ペペの話。斉藤優と違って彼のことを覚えている先生が誰もおらず非常に居心地の悪いことになった。それでもなんとかしようとして「あの学校の取材をしたいんですけど」と頼んだら「部外者はダメです」と言われたそうな。「部外者ってオレ、卒業生なんだけど」と憮然とする矢野ペペが最高におかしかった。

 「斉藤嫁が白着てる」はゴリけんの結婚式での話。斉藤優の奥さんがこともあろうに白のチャイナ・ドレスを着て式に参列したというのである。後ろにいた矢野ペペが思わず「斉藤、嫁が白着てるぞ」と言ってしまったそうな。なお、この指摘に対する斉藤優の奥さんの返事は「模様入っているからいいじゃん」であった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は大根おろしぶっかけうどん。夕食は突然パンが食べたくなったので食パン4枚をソーセージの焼いた奴とキャベツ千切り+マヨネーズを挟んで貪り食う。夕食だけで1,000キロカロリー行っちゃった。

 その後、映画は見ずに音楽聞きながら読書。スティーヴン・キング 「Elevation」 一気に読了70パーセント。スコットはディロドゥとミッシーたちとの関係をよくしたいと思っている。彼はボブ先生を誘って彼女たちが経営するメキシカン・ベジレストランに食事に行く。料理は美味かった。店の雰囲気も良かった。でも客が入っていない。またディロドゥとの関係が良くなるどころか、帰り際にこういわれる始末。「あんた、ダイナーで私たちのことをかばったんだってね、余計なことをしないで、それからもううちのワイフ(ミッシーのこと)に近づかないで!」

 スコットの体重減少はなおも続いている。いや、それどころかペースが上がっているようだ。このままでいけば来年の5月には体重がゼロになってしまうだろう。外見はまったく変わらずむしろ太り気味に見えているのに。ただ、体重が減ったせいか、体を動かすのが苦にならなくなった。階段を走って上り下りしてもまったく息が切れない。

 ハロウィーンの日、お菓子を子供に上げるスコット。しかし、ディロドゥたちの家には誰も行かないようだ。子供に理由を聞いてみると案の定「パパがいくなっていうんだ」 スコットはこの日あることを思いつく。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてなおも読み続ける。この分だと今週中に読了ということになるだろう。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 11月19日(月) 「ラーゼフォンを脱がさないで」 | トップページ | 11月21日(水) 『カツサンドクロス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月20日(火) 「ビリオネア古書堂の事件手帖」:

« 11月19日(月) 「ラーゼフォンを脱がさないで」 | トップページ | 11月21日(水) 『カツサンドクロス』 »