« 12月10日(月) 「ニーンベルング椅子」 | トップページ | 12月12日(水) 「禁治産者旋風児」 »

2018年12月13日 (木)

12月11日(火) 「ヒントでピントなしの恋」

 12月11日(火) 「ヒントでピントなしの恋」
 江戸川乱歩駄洒落第10弾!今日のスポンサーは象印マホービンだ!(意味が分からない)。WOWOWのおはよう落語。「紺屋高尾」と「幾世餅」を続けて放送。いくらなんでもネタがかぶりすぎ(「紺屋高尾」と「幾世餅」はほぼ同じ噺である)。しかしなんですなあ、廓話というのは考えたらヤバいことてんこ盛りで(笑)、名の知れた花魁などは「大名道具」とも称されるけれどもそれはそもそも人間扱いされていないということだし、花魁候補の禿(かむろ)というのは廓の中で産まれた少女が娼婦になるための修業だったりしたりする。人情噺の代表格である「文七元結」もグータラの父親を助けるために娘が自ら吉原へ身売りして、その代金を預かった父親が見も知らぬ男にくれてやるというかなり狂ったストーリーだ。まあ、その分、金を出したのに花魁の気分一つでやらせて貰えなかったり(「五人廻し」)、花魁に殺害されかかったり(「品川心中」)男がひどい目にあうことでバランスを取っているのかも知れないけど。

 この落語の秘密(笑)が「意識高い系」の人たちに知られてごらんなさい、はなし塚の二の舞になりかねませんぞ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯は麻婆豆腐と野菜イタメ。600キロカロリー。 夕食 マルちゃん焼きそば肉抜きヴァージョン。400キロカロリー。 
 本日の摂取カロリー量は1,300キロカロリー也。

 この後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』を見る。ストーリーは上手くまとまっているのだが、タイトルの「星籠」が事件にまったく関係ないことに愕然とする(笑)。それに大企業の工場に関係者以外立ち入り禁止の場所があってそこで麻薬を製造しているというのもどうか。立ち入り禁止とは言っても外国人労働者がせっせと出入りしているのである、社内の人間に怪しまれぬ訳がない。また麻薬製造に携わっているのがアジア系外国人のみというのも凄いゾ。差別だ!と言われたらどう言い訳するのだろう。

 ハイビジョン画質は諧調推移部分に青い粒子が乗るというWOWOW特有の現象が見られたのが残念。音声はAAC5.1チャンネル。ドルビーサラウンドモードの効果で雷鳴が実にリアル。高さ表現が実に巧みなのである。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 12月10日(月) 「ニーンベルング椅子」 | トップページ | 12月12日(水) 「禁治産者旋風児」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月11日(火) 「ヒントでピントなしの恋」:

« 12月10日(月) 「ニーンベルング椅子」 | トップページ | 12月12日(水) 「禁治産者旋風児」 »