« 12月12日(水) 「禁治産者旋風児」 | トップページ | 12月14日(金) モボから生まれた桃太郎 »

2018年12月14日 (金)

12月13日(木) 「禁治産者の恋の物語」

 

12月13日(木) 「禁治産者の恋の物語」
 成年被後見人駄洒落第2弾!米国盤UHDの『Constantine:City of Demons 』 『ミスター・インクレディブル2』 ブルーレイの『The Projected Man』(1966年)が無事到着。『ザ・プレデター』は12月18日の発売なので年明けの到着となるだろう。しかし、このクリスマスシーズンで物流しっちゃかめっちゃかの時期にいくら既発売商品と言っても2週間もかからずに日本まで届くというのは凄いとしか言いようがない。

 なお、『The Projected Man』は英語字幕がついている。ついていなくてもなんとかストーリーは追えるだろうが、私程度の貧弱なヒアリング能力ではあった方が絶対にラクなんである。

 見るのは来週19日にDP-UB9000が届いてから。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとカフェラテ。昼飯はラーメン華でラーメン+焼き飯+替え玉。久しぶりの華ラーメンであったが、ちょっと口に合わず。前はこの古臭い味がお気に入りだったのだが。なお、焼き飯の方は相変わらずの美味しさ。ラーメン屋の焼き飯としては安全食堂のそれとタメを張る。夕食はカップヌードルとピーマン、玉ねぎの炒め物で済ませてしまった。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ブラッド・リベンジ』を見る。ちょっとというか、いや、凄く変な映画(笑)。メキシコで妻と娘を誘拐されたルーク・ゴスがわざわざビデオチャットで素顔をさらしていた犯人をとっ捕まえ、やい、妻と娘はどこだ、とえんえん拷問し続けるという・・・。煙草の火を手の甲に押し付ける、トンカチで手を砕く、拳銃で胸のあたりを撃ちぬく(それでも死なない)、指をごりごりごりりと切り取る、思わずなんじゃこりゃと思ってしまいましたねえ。別に残酷場面がイヤだという訳ではないのだが、いや、むしろ大好物だけど(笑)、こうだらだらとやり続けられてもなあ。

 また、捜査をするメキシコ警察も無能の極み。ロバート・ダヴィ演ずるロメロ刑事なんかいくらニューヨークとはいえ、ホテルにチェックインしてすぐメキシコへ戻ったという幼稚なアリバイ工作を見破るのに何日掛かっているのか。また妙に金持ちでえらそうであった妻のパパ。ロメロ刑事もぺこぺこしていたのでいろんなところにコネがあるよほどの大物なのであろう。「犯人はぜってぇ殺す!」と物騒なことも言っていたのでひょっとしたら麻薬カルテルのボスかと思ったのだが、その詳しい背景は明かされず。大変なる拍子抜けである。

 ハイビジョン画質はまあ、それなり。やはり暗部のノイズはいかんともしがたい。音声はAAC5.1チャンネル。重低音の派手な効果が楽しい。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 12月12日(水) 「禁治産者旋風児」 | トップページ | 12月14日(金) モボから生まれた桃太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月13日(木) 「禁治産者の恋の物語」:

« 12月12日(水) 「禁治産者旋風児」 | トップページ | 12月14日(金) モボから生まれた桃太郎 »