« 12月15日(土) 「モボ三遷の教え」 | トップページ | 12月17日(月) 「アルジャーノンにハルノートを」 »

2018年12月17日 (月)

12月16日(日) 「宇宙エリツィンゴリ」

 12月16日(日) 「宇宙エリツィンゴリ」
 エリツィンで思い出したけど、ゴルバチョフの頭のあざは悪魔の印だ!とか主張していた人がいたよなあ。悪魔も分かり易い印つけるなあ。訪米後のゴルバチョフは頭のあざが消えていた、それからの彼は別人のような政治手腕を発揮した、アメリカの替え玉だったのだ!替え玉にもあざつけとけばいいじゃないか、なんでわざわざこれまた分かり易くあざを消すかなあ。

 西日本新聞のクソみたいな記事。<https://www.nishinippon.co.jp/nnp/reading_oblique/article/473433/より抜粋して引用>「おまえが落としたのは金のおのか、銀のおのか」池から現れた神様は、次の場面でこう言う。「おまえが落としたのはこの米軍ヘリの窓か?」客席はどっと沸く。(中略) 沖縄で人気の演劇公演「お笑い米軍基地」の舞台は、こんなひやひやする危ない笑いの連続である。「お笑い米軍基地」公演を主宰するのは小波津正光さん(44)。沖縄の芸能事務所「FECオフィス」に所属する芸人である。2005年にFEC所属タレントを率い、基地問題をネタにしたコントや演劇を詰め込んだ「お笑い米軍基地」の公演を始めた。毎年新作公演を続け、今年の夏で14年を数える。(中略)「AKB48のじゃんけん大会みたいに、全都道府県の代表が毎年、武道館でじゃんけん大会をして、それで負けたところがその年、基地を引き受けたらどうか。それをゴールデンタイムに生中継する。盛り上がるよー」<引用終了>

 いまだにお笑い=風刺が偉いのだという前世紀の遺物。しかしそれにしてもしょうもないネタだなあ(笑)。ウーマン村本とかこの手の芸人がバカにされるのは言っていることがつまらないというごくごく単純な理由なんだけど。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯はケチャッピーのナポリタン。具はピーマンとベーコン。これはこれで美味いんだぞ、ほんとだぞ。

 夜はわが社の忘年会。K太郎も交えて市内の焼肉店Rで豪華ディナーである。肉もさすがに柔らかくて美味い。刺しがこれでもかと入ったような高級肉は頼まなかったけれども、それでもすぐに腹がいっぱいになってしまった。〆の冷麺をやっとこさで平らげたくらいであった。

 この冷麺は950円もしたのに、昨日のジャパンホルモンセンターの食べ放題メニューにあった冷麺より美味しくなかったという・・・。

 午後9時に帰宅。今夜はK太郎が私の部屋に泊まることになっている。普段はシャワーしか使わない浴室のバスタブを掃除したり、彼のために買っておいたシーツと毛布を用意したりと大忙し。その甲斐あって臭いとか言われることもなく機嫌よく寝てくれましたとさ。

 私はどうしたのかと言いますとシアタールームの床に寝転がって毛布をかぶって寝ましたとさ(笑)。

|

« 12月15日(土) 「モボ三遷の教え」 | トップページ | 12月17日(月) 「アルジャーノンにハルノートを」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月16日(日) 「宇宙エリツィンゴリ」:

« 12月15日(土) 「モボ三遷の教え」 | トップページ | 12月17日(月) 「アルジャーノンにハルノートを」 »