« 12月1日(土) ぎんぎんぎらぎら夕陽がしずむ、ぎんぎんぎらぎらシオニズム | トップページ | 12月3日(月) 「パワハラ島奇談」 »

2018年12月 3日 (月)

12月2日(日) 「こりん星の鬼」

 12月2日(日) 「こりん星の鬼」
 「孤島の鬼」の駄洒落というにはちょっと苦しいか。なお、これからしばらく江戸川乱歩駄洒落が続きます。今月の米国盤UHD、ブルーレイソフト注文分。『ザ・プレデター』 2018年のリブート版。これは12月18日の発売なので届くのは年が明けてからになるか。『Constantine:City of Demons 』 『ミスター・インクレディブル2』 後はブルーレイの『The Projected Man』(1966年) 不完全な転送機で転送された科学者が凶暴な怪物になるというちょっと『電送人間』めいたSFスリラーらしい。しかし、なんですなあ、私はあれほどこの手のSF映画をDVDやCS・BSで見てきたのに、まだこんな知らなかった映画が出てくる。本当にこの道は果てがありません。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に釜揚げ素麺。素麺1把を茹でて鍋ごと食卓に供し、大根おろしをたっぷり入れたつゆ(薬味に博多万能ねぎ、チューブのおろしショーガ)でずるずるやる。熱いので食べるのに時間が掛かり必然的に少ない量で腹を満たせる優れメニュー。200キロカロリー。昼飯はサッポロ一番味噌ラーメンとキュウリを一本。500キロカロリー。夕食はレトルトのカレーでゴハンを半合・・・と思ったら止まらなくなって1合炊いた飯を前半カレー、後半大根おろしと具なし(薬味のねぎだけ)味噌汁で平らげてしまった。750キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,450キロカロリーなり。

 その後、プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイ 『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の続き。映像的にもストーリー的にも『マーベル・シネマティック・ユニバース』作品の中で一番のデキだったと思うのだが、何しろ、私はこのシリーズの複雑さと登場人物の多さに頭が徹底的に混乱し、何が何だか分からなくなっているので、偉そうなことは何一つ言えません、はい。

 画質・音質はブルーレイとしては最上級のモノ。特に音質は広大でありながら情報量が豊か。ち密なサラウンドである。動きの表現もあの大混戦の中でまったくあいまいにならないのが素晴らしい。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。

 午後11時ぐらいからプロジェクターを作動させてWOWOWハイビジョン録画の「死ぬか生きるか!魔がさした記念コントライブ」を見る。これは伊東四朗+三宅裕司のコントライブとしては1997年7月「いい加減にしてみました」、2002年1月「いい加減にしてみました2」、2010年3月「いい加減にしてみました3」に続く8年ぶりのもの。

 もういい具合に伊東四朗が老いぼれてきていているのだが(失礼!)、「演技でボケているのか本当に惚けているのか良く分からない」という感覚を演技に上手く取り込んでいるのはさすがだと思う。彼の練達・円熟が良い意味で発揮されている。
 
 彼は百人一首、円周率100桁以上暗記やアメリカ合衆国の州を毎日暗唱するといういわゆる脳トレに励んでいるということだが今回の公演では「その覚えすぎた円周率なんかがじゃまをして台詞が上手く入ってこないんだよ」

 こういう微妙なおかしさは大好きだなあ。

 午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

|

« 12月1日(土) ぎんぎんぎらぎら夕陽がしずむ、ぎんぎんぎらぎらシオニズム | トップページ | 12月3日(月) 「パワハラ島奇談」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月2日(日) 「こりん星の鬼」:

« 12月1日(土) ぎんぎんぎらぎら夕陽がしずむ、ぎんぎんぎらぎらシオニズム | トップページ | 12月3日(月) 「パワハラ島奇談」 »