« 12月23日(日) ハートアタック豚骨ラーメン | トップページ | 12月25日(火) ハートアタックの塩 »

2018年12月25日 (火)

12月24日(月) ハートアタックにわか

 12月24日(月) ハートアタックにわか
 博多にわか駄洒落。博多にわかは一応、伝統芸能おわらい部門なのだけれどもこれがクッソつまらなくてさあ(笑)。Y電器でパナソニックのBD-R 二層50GB 6枚が税抜2,100円。1枚あたり350円。容量を考えたらD-VHS時代のS-VHSテープ(S-VHSテープでもナニをアレすればハイビジョン放送が録画できた。120分テープで200円ぐらいだったかな)より安くなった。

 (げんみつに言えばS-VHSは120分テープがやたらに安くそれ以上の長尺テープはD-VHSテープとさして変わらぬ値段であった)

 あの頃はそのS-VHSテープでWOWOWのハイビジョン映画を山と録画保存していましてなあ、録画人の常としてその80パーセントは二度と見られることはなかったりしたのですが(笑)。このS-VHSテープが本棚一杯になっていまして2005年3月20日の玄海沖地震(震度6弱)と1ヶ月後4月20日の余震(震度5弱)でそのすべてがなだれ落ちて部屋がえらいことになりましたわい。

 (S-VHSにはフツーのVHSテープでもS-VHS同等の解像度で録画できるS-VHS ETなる規格があった。そんなの誰も覚えちゃいねえ。結構なマニアの筈である私でさえ忘れていた)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとカフェラテ。昼飯はマルちゃん焼きそばの肉抜きヴァージョン。夕食は鯛の刺身と焼肉、キャベツと玉ねぎの野菜イタメ、豆腐の味噌汁、ゴハン半合。

 その後プロジェクターを起動して国内盤UHDの『プロメテウス』を見る。初めてのココロミとしてDP-UB9000のHDR調整項目のダイナミックレンジを4ポイント上げてみるとびっくりするような映像が出てきた。発色が美しくなるだけではない。ディテールがより強調され、細かいところまでくっきりと見える。目元のしわなど女優さんが可哀想になるくらいだ(大きなお世話よ!byノオミ・ラパス)。暗部の諧調表現も情報量が2倍増し。

 画質があまりにも素晴らしくてあの『プロメテウス』が世紀の大傑作のように思える(笑)。でも映画が進むに連れてお笑いポイント(医療ポッドがクレーンゲーム!)との乖離が著しくなってきてこれがまた新たな笑いを呼ぶのである。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して東宝ブルーレイの『三大怪獣地球最大の決戦』を見る。これまた物凄い画質。もともとこのソフトは東宝ブルーレイの中でも傑出した高画質盤であるが、UB-9000で見るとまるで別物。あまりの発色の良さに時代を飛び越えてその当時そのままの景色を肉眼で見ているような感覚が味わえるのだ。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 12月23日(日) ハートアタック豚骨ラーメン | トップページ | 12月25日(火) ハートアタックの塩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月24日(月) ハートアタックにわか:

« 12月23日(日) ハートアタック豚骨ラーメン | トップページ | 12月25日(火) ハートアタックの塩 »