« 12月25日(火) ハートアタックの塩 | トップページ | 12月27日(木) ブタペストファイヤー »

2018年12月27日 (木)

12月26日(水) 丹波哲郎の「紀伊半島」

 

12月26日(水) 丹波哲郎の「紀伊半島」
 前にもこの日記で書いたことがあると思うけれども、この頃のテレビドラマはいきなり怪談話が放送されたりした。一番印象に残っているのは「幽霊たちのクリスマス」(というタイトルだったと思う)。赤ん坊が急病、病院に連れていく。しかし、先生はクリスマスパーティに出席するので診て貰えず結局赤ん坊が死亡。この医者はこの後、泣き続ける赤ん坊の幽霊に悩まされることになるというストーリー(だったと思う)。

 この怪談エピソードをやったのはこの「キイハンター」だったか宇津井健の「ザ・ガードマン」であったか。検索してみたらどうも「ザ・ガードマン」だったらしいが(怪談エピソードを抽出したDVDがあるそうな)、「幽霊たちのクリスマス」というタイトルはついぞ見つけることができなかったのである。

 私の記憶がどこかでねじ曲がっているのかもしれないが。

 本日は休み。午前9時に起床してベーコンとほうれん草のスパゲティで朝食。その後、プロジェクターを起動させて米国盤UHDの『ジュラシックワールド 炎の王国』を半分ほど。その恐るべき高画質に感嘆する。その後、事務所へ出てちょっとしたお仕事。それからスーパーでお買いもの。

 昼飯はスーパーで買ったトンカツをフランスパンに挟んだカツサンド。千切りのキャベツもいっぱい入れた。ビール350ml缶一本と共に腹に収めたらもうぱんぱんになった。

 午後3時過ぎから『ジュラシックワールド 炎の王国』の続き。やっぱりその恐るべき高画質に感嘆する。夕食は茹でホウレンソウとホタテ貝柱干物でビール350ml缶一本飲んでうまかっちゃんで仕上げ。このうまかっちゃんは「濃厚・細麺タイプ」 スープはさほど濃厚ではなかったけれども(笑)、90秒で茹であがる麺の方は凄かった。細麺なのだから食っている最中でもどんどん伸びていくのではないかと思っていたのだが、まったくそんなことはなし。食い終わるまでちゃんと最初のコシと弾力を保持している。こんな麺は初めてだ。

 食後は米国盤UHDの『ブレードランナー 2049』を半分。三度その恐るべき高画質に感嘆する・・・い、いや画質も良かったのだが、冒頭の重低音が凄いことになっていましてなあ、サブウーファー TD-725Mk2を買ってこんなに良かったと思ったことはないですよ。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は「さんま御殿」「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動して東宝ブルーレイの『ゴジラ対モスラ』を倉田浜干拓地からゴジラが出現するまで。UB9000によって高画質化されてはいるものの、もともとのディスクの映像品位は『地球最大の決戦』に遠く及ばない。

 ただドルビートゥルーHDリミックス 5.1チャンネル音声の出来はなかなかのもの。何より重低音がしっかり入っているのが宜しい。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 12月25日(火) ハートアタックの塩 | トップページ | 12月27日(木) ブタペストファイヤー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月26日(水) 丹波哲郎の「紀伊半島」:

« 12月25日(火) ハートアタックの塩 | トップページ | 12月27日(木) ブタペストファイヤー »