« 1月14日(月) 「秘密の花ZOZO」 | トップページ | 1月16日(水) 「スムージー・ボブ」 »

2019年1月17日 (木)

1月15日(火) ハイドリヒ紙

 

1月15日(火) ハイドリヒ紙
 ナチス高官駄洒落。元ネタはラインハルト・ハイドリヒ(いわゆるプラハの虐殺者)とハエトリ紙。スティーヴン・キング 「Elevation」をようやく読了(160ページ)。スコットはますます軽くなり家の中を歩くのも一歩足を踏み出すたびに天井まで浮き上がり、手で天井を突いて戻るの繰り返しである。そしてあのフェアウェルパーティの数日後、ついにその日がやってきた。彼はディルドゥを呼び出す。ディルドゥは車椅子にしっかりと拘束されたスコットを庭へ連れ出す。一人でやってくれるという約束だったのに、道の向こうにはボブ、マイラ、ミッシーの姿があった。ディルドゥはベルトを外していく。スコットは友人たちに見守られながら空中へ舞い上がる。ぐんぐんと上昇するスコット。彼はこの日のために150ドルもする花火を買っていた。点火薬を爪でひっかいて点火。大輪の花火が夜空を彩る。ディルドゥたちは改めて彼に別れを告げる。スコットはなおも上昇していく。 Fin

 この物語はキング版『縮みゆく人間』(『The Incredible Shrinking Man』 1957年)ですな。主人公の名前も同じくスコットだし。また検索してみたら同じ指摘をしている人が。 https://www.sffworld.com/2018/11/elevation-by-stephen-king/

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー 350キロカロリー。昼飯は頂きものの冷凍チャンポン 長崎の老舗中華料理店によるもので冷凍とはいえなかなかのお味。特にぷりぷりとしたイカの食感、十分に旨みを残した豚肉に驚かされる。430キロカロリー。夕食はマルちゃん焼きそば肉抜きヴァージョンとほうれん草の中華スープ 500キロカロリー。 

 本日の摂取カロリー量は1280キロカロリー也。

 その後プロジェクターを起動させて 米国盤UHD『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を再見。むむっ、UB-Z1で見た時よりも明らかにグレインノイズが増えており時として目障りなくらい。音声はドルビーアトモスだが情報量でレンタルブルーレイの『ホースソルジャー』にまったく敵わない。まあ、これは『ホースソルジャー』のDTS-HDマスターオーディオ音声が凄すぎたということだろう。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午前1時過ぎに入眠剤を服用して午前2時過ぎに就寝。

|

« 1月14日(月) 「秘密の花ZOZO」 | トップページ | 1月16日(水) 「スムージー・ボブ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月15日(火) ハイドリヒ紙:

« 1月14日(月) 「秘密の花ZOZO」 | トップページ | 1月16日(水) 「スムージー・ボブ」 »