« 1月16日(水) 「スムージー・ボブ」 | トップページ | 1月18日(金) 「胸さわぎのホッカイロ」 »

2019年1月18日 (金)

1月17日(木) 「胸さわぎの訪問看護」

 1月17日(木) 「胸さわぎの訪問看護」
 村生ミオ駄洒落。米国盤UHDでアニメ映画『Constantine:City of Demons 』を見る。アニメの技術としてはとても誉められたものではない。特に旅客機が着陸する場面ではそんな上空から着陸脚出すんかい、機内もやたらにワイドボディで広いのうと思わずツッコンでしまったくらい。しかし、そうした映像の反面、お話が結構ハードだったりする。アニメなのに主人公はバーの裏手でLAの守護天使と名乗る女(一応、アッチの存在らしい)と立ちファック(スタンディングオベーションならぬスタンディングファック)する。すけべえじゃのう。

 この物語における敵は主人公が若気の至りで呼び出してしまった悪魔。この悪魔が虜にしている友人の娘の魂を取り返さなければならない。主人公は友人に迫る。「娘のためにお前は何でもするか」「するする!」悪魔が退治された。娘の魂も戻ってきた、ばんざーい、ばんざーい。喜んで妻に電話しようとする友人に主人公は「悪い、悪魔退治のためにお前奥さんの娘に対する愛情を使わせて貰ったわ、だから娘と妻はお前のこと覚えてないんよ」愕然として主人公の胸ぐらをつかむ友人に「あ、だからお前オレのことも忘れてしまうから、お前、これからここで暮らせ」ロンドンから娘を助けるためにLAまで来てそこでおっぽり出される友人って、ひでえなあ(笑)。一応、この友人の面倒は黒人老紳士に姿を変えたLAの守護天使が見ることになるのだが、どうも納得できないのは私だけか。

 なお、LAの守護天使は別れ際に主人公のほっぺにキス。黒人老紳士にキスされてドン引きする主人公ってのはLGBT問題的にいいんですかね(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとカフェラテ。昼飯は三氣でラーメン+替え玉、ミニ炒飯。夕食は茹でホウレンソウ、茹でもやし、カップヌードル。

 その後プロジェクターを起動させて前述の『Constantine:City of Demons 』を見たのである。画質は良好。HDRの効果が顕著でこれが画面に立体感を与えている。ちょっとわざとらしいくらいだが(笑)。音声はDTS-HDマスターオーディオ。音数が少ない貧乏なサラウンド。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。CS TBSの新春落語研究会 上席を全部見たら午前12時近くになった。慌てて入眠剤を服用し午前一時半過ぎに就寝する。

|

« 1月16日(水) 「スムージー・ボブ」 | トップページ | 1月18日(金) 「胸さわぎのホッカイロ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月17日(木) 「胸さわぎの訪問看護」:

« 1月16日(水) 「スムージー・ボブ」 | トップページ | 1月18日(金) 「胸さわぎのホッカイロ」 »