« 1月23日(水) 会津冷奴隊 | トップページ | 1月25日(金) 「夏の居飛車」 »

2019年1月25日 (金)

1月24日(木) 「フラウ・ボウ火星人」

 1月24日(木) 「フラウ・ボウ火星人」
 元ネタの「ブラボー火星人」はまだ見たことがなかったかな。劇場版『ブラボー火星人2000』は見たことがあるのかな、全然思い出せない。最低だ、俺って。

 「志村でナイト」 風邪を引いた磯山さやか、さかんにくしゃみをする。これはもちろん演技だが、大きく体を動かし過ぎて蕎麦屋のレジカウンターにがんとぶつけてしまっていてててて。志村けん、「あいつぁ、自分で自分の体の幅が分かってないんだ」 いいなあ、磯山さやか最高だよ(笑)。思えば磯山さやかのデブネタを初めて体験したのが舞台、「志村魂」だったなあ。それまでは「磯山さやかはどこをどう見てもデブなのになぜネタにされないんだろう」と不思議に思っていた。「志村魂」でようやくそのデブネタが披露されて私は心の底から嬉しく思ったものである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯は膳で大盛りラーメン。夕食はコンビニの豚角煮、ラップで包んで3分間電子レンジで加熱した人参、茹でホウレンソウ、そして昨日づけにしておいたブリ刺身を使ったお茶漬け。

 お茶漬けはなあ、冷凍していたゴハンを3分電子レンジで加熱して丼に移してだなあ、ブリ刺身を乗っけてゴマ、刻み海苔、ワサビをトッピングしてだなあ、ぐらぐらのお湯をだーっと掛けて味見してちょっと薄かったので牡蠣醤油を足してだなあ、ぞろぞろ食べたら夢のように美味しかったぞ。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤UHDの『グースパンプス2』を見る。スラッピーが自分の邪悪思念(物を自由に動かしたり、ハロウィーンのお化けグッズに命を吹き込んだりする)をテスラタワーを使って放射するというストーリーが馬鹿馬鹿しすぎてすっげえ面白い(笑)。映像的にも前作から数段パワーアップしており、特に隣人のイベントに命を掛ける男チューさんが無数の風船で作った大蜘蛛や合体して大きくなり主人公たちを襲ってくる一口サイズのクマキャンディー(トリック・オア・トリート用)とかびっくりしますぞ。

 ふわふわと飛んでいる赤い風船を見たジャック・ブラックが「うん、あれはオレのオリジナルだ、間違いない」というスティーヴン・キングへのイヤミも最高だ。

 画質はすこぶる上質なもの。発色の美しさとHDRの効果で見られるハロウィーンの夜景は筆舌に尽くしがたい。音声はドルビーアトモス。飛び回る魔女やシーツお化けの飛跡が実に鮮やか。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。

|

« 1月23日(水) 会津冷奴隊 | トップページ | 1月25日(金) 「夏の居飛車」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月24日(木) 「フラウ・ボウ火星人」:

« 1月23日(水) 会津冷奴隊 | トップページ | 1月25日(金) 「夏の居飛車」 »