« 2月1日(金) 「ビル清掃戦士セーラームーン」 | トップページ | 2月3日(日)貧窮モントーク »

2019年2月 3日 (日)

2月2日(土) 『カリオストロの二郎』

 

2月2日(土) 『カリオストロの二郎』
 ラーメン駄洒落。今月の米国盤UHD注文分。『ファーストマン』、『ルイスと不思議の時計』『ハンターキラー潜航せよ』の3本。送料込で10,083円也。特に楽しみなのが『ハンターキラー』ですな、だいたい潜水艦映画は外れがありませんからな、『レッドオクトーバーを追え』『クリムゾンタイド』『地球の危機』(笑)、『ファントム/開戦前夜』等々傑作揃いですからな、あ、でも、韓国の『ユリョン』だけはどうも(笑)。

 純粋の潜水艦映画とは言えませんが『アビス』も一刻も早くUHD化して欲しいものです。この作品はブルーレイ化すらされておらずWOWOWハイビジョン放送の画質も悲惨なものでした。キャメロン監督作品の中でも断トツに好きなこの作品(レンタルビデオで初めて見てあまりの面白さにそのまま2回目に突入してしまったほど。LDも米国盤、国内完全版を買ったぜ)をUHDの高画質・高音質で見たい、見たいぞ、やい、やさしく言っているうちにUHDにしなよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にピザトースト 300キロカロリー 昼飯は豚汁(ゴハンなし) 600キロカロリー 夕食は冷凍ちゃんぽんと柔麺1把分。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリーなり。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『ジュピターズ・ムーン』を見る。不法移民の少年と医療ミスで職場を追われ賠償金の工面のために非合法な商売に手を染める元医師。両者に共通するものは居所の無さである。少年は国を失いたったひとつのよりどころであった父親を亡くす。元医師はなんとか賠償金を工面するものの遺族から「何年たってもぜってえ許さん」と和解を拒否され医師への復帰の道も絶たれてしまう。この両者の不安定な立場を象徴するものが何の説明もなく、不条理とさえ言える状況で少年に発現した空中浮揚能力なのである。

 私には今一つ良く分からなかったけど(笑)。

 映像的には見応えのある作品だった。長回しのワンカットで表現される少年の空中浮揚、追う刑事の主観映像で展開されるスピーディでスリリングなカーチェイス。その職人的な技巧に円谷特撮を思い出したのは私だけだろうか(はい、あなただけだと思います)。

 ハイビジョン画質はダメ。ノイズが多く暗部がつぶれてしまっている。そのくせピークが伸びず眠たい映像だ。音声はAAC5.1チャンネル。動きの表現が良く音場の大きさも申し分ない。低音の迫力はないけれどもAACにそこまで期待しちゃだめですな。

 シャワーを浴びて録画の「ゴリパラ見聞録」「トクサツガガガ」など。「トクサツガガガ」は吉田さんが飛ばしているなあ、女幹部コスチュームとか実写でやられるとちょっと凄いなあ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動。BS11録画の『ツンツン節だよ全員集合!!』を40分ほど。圓生がチョイ役で出てきて加藤茶の屋台でおでんと日本酒を頼む。加藤茶、間違えて自分の小便を入れていた一升瓶からコップに注いでしまう。圓生、「なんだい、あたしが頼んだのは冷やだよ、こりゃ燗がついているじゃないか」 

 「禁酒番屋」じゃないんだから(笑)。

 なぜ加藤茶が小便を空いた一升瓶に貯めておいたかというと、それはサボらないようにいかりや長介に鎖で屋台に繋がれていたから。やっぱりひでぇ映画だあ(大笑い)。

 午前12時過ぎに入眠剤を服用して午前2時過ぎに就寝。

|

« 2月1日(金) 「ビル清掃戦士セーラームーン」 | トップページ | 2月3日(日)貧窮モントーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月2日(土) 『カリオストロの二郎』:

« 2月1日(金) 「ビル清掃戦士セーラームーン」 | トップページ | 2月3日(日)貧窮モントーク »