« 2月8日(日) 「電マでキッス」 | トップページ | 2月10日(日) 板東 英二ヴィクター  »

2019年2月10日 (日)

2月9日(土) ムーンウォークの「叫び」

 2月9日(土) ムーンウォークの「叫び」
 ウム、ムーンウォークのつけようがない大変な駄洒落だ(ウム、文句のつけようがない大変な駄洒落だ)。すいません、誕生日です。55歳になってしまいました。加えて今年は妙に年頭から事件続きです。まずは新居の完成、そしてK太郎の合格、いや、この2つは慶事なのですが、その次に私の鼠径ヘルニアの手術が入ってきちゃった。この一連の流れは間違いなく神様の戒めでしょう。エロの冒険者よ、驕り高ぶることなかれ、汝、すでに初老の域に入りたり。軽挙妄動を慎み誠実の徒として残りの人生を歩むべしみたいな。

 自分でも何を言っているか良く分からなくなりましたが(笑)、まあ、そんなこんなで皆様、これからもよろしくお願いします。

 昨日の日記でJCOM対応セットトップボックス SR4300+USB HDDで録画した4Kコンテンツを見るためにはプロジェクター X770と直接対応HDMIケーブルを接続して再生しなければならないと書いたけれども考えてみたらこれは大間違い(笑)。音が出ねえっての(笑)。正しい接続法はSR4300とAVプリアンプ ヤマハ CX-A5100をHDMI接続。CX-A5100のHDMI出力をプロジェクター X770と接続するということになる。そうなると心配なのがCX-A5100がHDRに対応しているかどうか。特に4K放送で広く用いられているHDR HLG(Hybrid Log-Gamma/ハイブリッド・ログ・ガンマ)方式が通らなければ話にならん。

 おそらくHLGが通らなければSR4300側でHDR10に変換して出力してくれるのではないかと思うのだが、説明書には何の記載もなし。

 そこでヤマハのサイトをチェックしてみたら 2017年12月14日 に公開されたファームウェア Ver.2.11でドルビービジョン及びHLGの伝送に対応したことが判明した。私のCX-A5100は2018年の購入だからその段階で実装されている筈。ファームウェアのアップデートも必要ない。プロジェクターのX770もHLGに対応しているのでこれで万事OK、何の心配もいらぬ、後は4K対応チューナーが届くのを待つだけだ。

 ということになればいいんですけどねえ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、何しろ今日は誕生日なのでいつものカロリー制限は撤廃、食いたいものを食いたいだけ食ってやる!朝飯はピザトーストとコーヒー。昼飯はスパゲティミートソース。茹でホウレンソウと刻みキャベツもたっぷりと。刻みキャベツはマヨネーズをしこたま掛けてやったぞ、わは、わは、わははは。もっともカロリーハーフのマヨネーズだけど。

 夕食はアンガス牛のステーキ 200グラム。付け合せはピーマン、玉ねぎの炒め物。後は豆腐とワカメの味噌汁。これでゴハン半合をがっがっと腹に詰め込む。もちろん、これだけでは足りぬ。さらにゴハン半合を納豆、生卵で食べてしまったのだ。ああ、満腹した、満足した。これぞ我が誕生日にふさわしき豪奢の夕餉なり。

 まあ、「カロリーを気にせず好きなものを好きなだけ食う」機会そのものが今の私にとってのごちそうなんですな。

 その後プロジェクターを起動させて『シンクロナイズド・モンスター』を見る。アメリカのそこそこの田舎町に暮らす人々が抱く大都会へのアンビバレントな思い、その大都会から文字通り都落ちしてきた人間の鬱屈、時として対立せざるを得ないこの2つの感情を上手く怪獣映画の枠の中に落とし込んでいる・・・てなことを書くともっともらしく聞こえるかもしれないけど、これはフツーに変な映画だよなあ(笑)。

 酒や麻薬におぼれる怠惰な日常の描写に妙なリアリティがあるのは確かなのだが・・・。

 ハイビジョン画質はダメ。ハイライトが伸びないし暗部はべったりと潰れてしまっている。音声はAAC5.1チャンネル。音場は広いが音数が少なく貧乏なサラウンド。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時過ぎからプロジェクターを再起動し『大事件だよ全員集合!!』の続き。いかりやにパトロン 藤村有広の女性関係の調査を依頼した芸者の中尾ミエ。しじゅう、「あたしにはもう希望がないよ、誰か一緒に心中しておくれでないかねえ」とコボしている。それを聞きつけた加藤茶、大喜びで「それならぴったりのゴリラ、いや人がいます。いかりやがあなたに恋焦がれていて、あなたとなら心中しても良いって言っているんです」

 中尾ミエ、さっそく青酸カリ入りのお茶をいかりやに飲ませる。いかりや頓死。中尾ミエも青酸カリを飲んだのだが一命を取り留める。加藤茶、仲本、荒井、高木の面々は素早くいかりやを棺桶に入れて「面倒な手続きはいりません、現金のお客様優先」の焼き場へ持ち込んでしまう。焼かれるいかりやの棺桶。いかりや生き返って熱い、熱い、助けてくれー。加藤茶たちは「これで自由だ、あのゴリラざまみろ」意気揚々と帰って行く始末。残されたいかりや、死にもの狂いで焼き場の煙突から脱出するのであった。

 心中や焼き場の流れは落語からなんでしょうなあ、しかしそれにしてもやっぱり酷い映画だよ、これは。

 午前12時過ぎに入眠剤を服用し午前1時半ぐらいに就寝する。
 

|

« 2月8日(日) 「電マでキッス」 | トップページ | 2月10日(日) 板東 英二ヴィクター  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月9日(土) ムーンウォークの「叫び」:

« 2月8日(日) 「電マでキッス」 | トップページ | 2月10日(日) 板東 英二ヴィクター  »