« 3月30日(土) アラン・酢飯 | トップページ | 4月1日(月) 「水からのデブゴン」 »

2019年4月 1日 (月)

 3月31日(日) 「水からのテコンドー」

 3月31日(日) 「水からのテコンドー」
 トンデモ駄洒落。現在 JCOMの4Kセットトップボックス SR4300はソニーのテレヴィ(通常番組用)とプロジェクター 770R(プリアンプ CX-A5100経由)にHDMIケーブルを使って接続している。HDMI出力は一系統しかないので面倒臭いのを我慢してテレヴィ用、プロジェクター用で2本のHDMIケーブルを差し替えているのだ。ところがこの接続法にぴんでんさんが警告を発したのである。「限界接続回数ってのがありますからいつまでもそんなことやっているとHDMI出力がぶっ壊れますよ、下手したらSR4300交換ですよ、そうしたらUSB
HDDに録画している番組がパアですよ」と「ファティマ第三の予言」より恐ろしいことを言われたのである。

 HDMIセレクターの使用も考えたのだが私はAVに関しては極めてピュアな思考をする男である。なるだけ余計なものを挟まずにストレートに接続したいのだ。だから私はこの問題について考えに考えた。頭から煙が出て部屋の中が発煙弾を投げ込まれたかのようになるまで考えた。そしてついにある天啓を得たのである。

 「パナソニックのお部屋ジャンプリンク使えば良くなくね?」 パナソニックのテレヴィに買い替えてLANネットワークに組み込めばいいのではないか。同じくLAN接続しているDP-UB9000でもSR4300の番組(4Kを除く)を見られるのである。だったらテレヴィでもできるのに違いない。そこでアマゾンでパナソニックの4K HDRテレヴィを検索してみたらビエラ
TH-43EX600
という格好の製品が見つかった。お値段は6万弱であり、これだったら十分に手が届く。もともとテレヴィの買い替えを予定していたので資金面では問題なし。心配なのはブルーレイレコーダー BRW-1020のような映像・音の乱れが出るのではないかということ。UB9000では大丈夫なのでこっちも上手くいくと思うのだが。

 (最近、あの映像・音の乱れはJCOMカスタマーセンターの人が言っていたようにLANケーブル、LANハブに問題があるのではないと思えてきた。ケーブルは最新のヴァージョンだしハブを介さずにストレートで接続してもやっぱり起こるからだ。結局、悪いのはBRW-1020なのではないか)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯はラ王の中華そば。温泉卵、チャーシュー、もやし、茹でホウレンソウをトッピング。600キロカロリー。夕食はパックのゴハンを豆腐とワカメの味噌汁、海苔、大根おろしで食べる。500キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,400キロカロリー也。

 その後プロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『オペレーション・メコン』 実際に起こった事件を扱った対麻薬組織大戦争アクション映画である。麻薬組織へ迫る捜査の過程がややこしくしかも長ったるい。しかしその欠点を忘れさせてくれるのが終盤の戦闘場面でこのあたりはハリウッドのB級映画にも引けをとらん(なぜB級映画と比較する?)。

 この映画に登場する警察犬は本当にすごい。スーパーワンちゃんなのだ。犯人追跡や戦闘に留まらず敵陣地への爆弾持ち込みすらやってのける。しまいには対人地雷を処理したりする。地雷原をだーっと走るだけなのだが次々に地雷のワイヤーをひっかけていくので地雷が爆発するのだ。この地雷は対人用なので起爆すると地面から飛び出し地上2メートルくらいの高さで破裂し散弾をまき散らす。人間などばらばらに砕かれてしまうのだが、何しろ犬は体高が低い、だから大丈夫なのだってそうかなあ(笑)。

 ハイビジョン画質はいまひとつ。初めてUB-9000経由ではなくSR4300からの直接接続してみたのだが、やはり画質的に劣ってしまうようだ。音声はAAC5.1チャンネル。情報量が多く動きの表現も正確だがやっぱりAACの限界は越えられず。どうにも音場が薄味なのだ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝する。

 

|

« 3月30日(土) アラン・酢飯 | トップページ | 4月1日(月) 「水からのデブゴン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月30日(土) アラン・酢飯 | トップページ | 4月1日(月) 「水からのデブゴン」 »