« 4月2日(火) 「興味本位新聞」 | トップページ |  4月4日(木) 「針供養した宇宙」 »

2019年4月 4日 (木)

4月4日(水) 興味本位制度

 4月4日(水) 興味本位制度
 私はあまりというかまったく経済の知識がないためこの駄洒落については何も言いません。間違っていたらカッコ悪いからです。さて、予定通り新プロジェクター JVC DLA-V7が納品された。その画質は空前前後。パナソニック DP-UB9000との連携による映像プロファイル 「Pana_PQ_BL」(「ベーシックな輝度のプロジェクター 350nit程度」)で見るUHDソフト 『モータルエンジン』(米国盤)の芳醇な色、わざとらしさのないHDR表現には驚かされた。もちろん、ネイティヴ4Kパネルも十分にその効力を発揮しており強調感のない柔らかな絵なのだが細部のディテールがこれまでかというくらい出ている。またこのモードではランプ出力は低に抑えられておりファン音が小さくなるのも嬉しい限り。

 もうこれだけでヒッジョーに満足したのだが、本当の驚きはこの後に控えていたのである。それは「4K ウルトラQ」 とにかく金属の表現が凄い、その艶、てかりの表現などこんなモノクロ映像は見たことがない。万城目のジャンパーのジッパーという細かすぎる部分もしっかりその存在を主張してくる。「ガラモンの逆襲」でシスターボーイの人がチェロケースをトラックの荷台に押し上げる場面で後ろアオリ(http://www.jta.or.jp/coho/hayawakari/4.meishou.html 参照)のヒンジにその反射がちらちら写っていることに気付いて仰天した。本当に35ミリフィルムに収められた情報量というのは我々の想像を遥かに超えている。

 ただ欠点も当然ある。今までシャッター式であったレンズカバーが脱着式になった。この脱着の際に映像がずれてしまう。いちいち、レンズシフトで修正しなければならない。これは大変に面倒くさいのでレンズ部分に触らずに済むよう何かで代用できないか捜してみよう。

 本日は休み。午前7時半に起き出して部屋の掃除。V7搬入の際に販売店の人に汚い部屋を見せる訳にはいきませんからな。それからシャワーを浴びてケチャッピーを使ったスパゲティナポリタン。朝食にはいかにも重すぎるメニューだがどうせV7の設置、調整、鑑賞で昼飯なんか食べやせんからこれでいいのだ。

 午前10時過ぎに到着。搬入設置、そして770Rの梱包。事前準備を周到に行っていたゆえか(実際は販売店の人がほぼ一人でやってくれた)、20分程度で済んでしまった。販売店の人を見送ってからさっそく位置調整に入る。プロジェクター台自体の調整、レンズシフト・ズームを駆使しての映像合わせで、だいたい30分くらい掛かったか。レジ調整はレジずれが現時点では確認できず必要なし。ずれている場合が多いと聞いていたのでこれはラッキーだった。

 そしてこれから3時間、あなたの目はあなたの体を離れこの高画質の世界へと入っていくのです。

 夕食は外へ出る暇などなかったので豚肉のしゃぶしゃぶ(だし汁に酒、塩を加えて豚肉を煮る。器に盛って味ポン、大根おろしを入れていただきます)とこのスープを使った月見そばで雑に済ます。つーか、のんびり飯を食う時間すらもどかしい。

 この後、「4K ウルトラQ」を見てその異次元の画質に魅了されたのであります。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。2日続きであるがこれが飲まずにいらりょうか、ほい、ほい。就寝午前1時過ぎ。


 

|

« 4月2日(火) 「興味本位新聞」 | トップページ |  4月4日(木) 「針供養した宇宙」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月2日(火) 「興味本位新聞」 | トップページ |  4月4日(木) 「針供養した宇宙」 »