« 6月12日(水) 『ジュラシックパンク』 | トップページ | 6月14日(金) 「パンクコパンダ」 »

2019年6月14日 (金)

6月13日(木) 『13日のキリル文字』

 6月13日(木) 『13日のキリル文字』
 キリル子供(キレる子供)なんちゃって、がはははは。NHK BSで放送された「ダークサイドミステリー」 フルベッキ写真やら東日流外三郡誌やらまるでと学会例会の原田実先生の発表みたいだなと思ってみていたら後半にそのご本人が登場。おもわずお久しぶりですとテレヴィに向かってあいさつしちゃった(笑)。

 フルベッキ写真といえば、思い出すのがある薬局。とある人にいい痔の薬を置いてあると紹介されて行ってみたのだが、ドアを開いて一番初めに目に飛び込んできたのが店頭に飾ってあった「フルベッキ写真」だったという(笑)。思わずたじろいだものだ。あ、そこで買った痔の薬はなるほどすごく効きましたよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。

 食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。300キロカロリー。昼飯はうまかっちゃん辛子高菜味とキュウリを一本。450キロカロリー。夕食は豆腐半丁の冷奴とスパゲティミートソース。650キロカロリー。本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 その後プロジェクターを起動させてネットフリックス映画の『パーフェクション』(4K ドルビーデジタル+5.1)を見る。意外などんでん返しがウリの映画なのだがストーリー自体が意外と雑で確かにびっくりはさせられる(笑)。二日酔いでめちゃくちゃ気分が悪いのにわざわざ中国の奥地へのバス旅行に出かけるとか、馬鹿でかい中華庖丁を懐からさっと出すとか、しかもその中華庖丁は路上レストランの厨房に置いてあったのをパクッたとか、もうどうにでもしてくれという気分になってくる。

 だいたいよう、あんな人里離れた中国の山の中で片腕切り落とさせるとかいくら止血帯を用意していたからといって危険すぎるだろう。それにチェロを弾けなくさせるためなのだから何も片腕落とすことはないじゃないか。親指でも切り落とさせてしまえばそれで十分なのに。

 ただ、悪趣味なのは大変に良かったです。あるチェロ専門音楽学校(女性専用)の主席演奏者はレズになる。なぜかというと大事な演奏会でミスをしたりすると校長先生や教師の先生方によってたかってレイプされるからです。そしてこの生徒さんはだいたい中学3年生くらいの年齢なんですよ。ねえ、本当に悪趣味でしょ。

 この映画のラストで校長先生や教師の先生方は二人のチェリストに復讐される訳です。先生方は毒殺され、校長先生の奥さんはナイフでぶすーっ、校長先生はブラック・ジャックのごとき高度な医療技術によって四肢を切断、目、鼻、唇は縫い合わされて芋虫状態となる。いやになるくらい悪趣味でしょ。私は思わず「なんと乱歩な」とか叫んでしまいましたよ(笑)。

 画質は4Kらしい高精細なもの。BT2020による発色の豊かさにも驚かされる。音声はドルビーデジタル+5.1チャンネル。あ、あれ、音が良くなってないか、音が太くいし、サラウンド音場の情報量も多い。動きの表現も確かだ。これならWOWOWのAACに負けていないぞ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。午後11時半に入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝。

|

« 6月12日(水) 『ジュラシックパンク』 | トップページ | 6月14日(金) 「パンクコパンダ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月12日(水) 『ジュラシックパンク』 | トップページ | 6月14日(金) 「パンクコパンダ」 »