« 6月4日(火) 『宇宙スピルバーグ戦』 | トップページ | 6月6日(木) 推しメンとめしべ »

2019年6月 7日 (金)

6月5日(水) 「民さんはノキアのような人だ」

 6月5日(水) 「民さんはノキアのような人だ」
 「ノキアの墓」 さあ、見てきましたよ、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 まだ公開中なので露骨なネタバレは避けるけれどもこれだけは言っておきたい。あの作品中のゆるーい部分は昭和ゴジラ(特に『三大怪獣地球最大の決戦』)のお笑い要素を意識して取り入れたのだと思う。伊藤久哉の岩石ブレーンバスター(本当はジャーマンスープレックスだけど)とか電気ショック治療、電圧一気上げとか「交渉は決裂だな」とか(笑)。わざわざ意味のない『大魔神ネタ』まで入れてくる監督さんなのだもの、きっとそうに決まっているよ!

 本日は休み。午前7時過ぎに起床して洗濯やら掃除やら。午前9時過ぎから朝食。ゴハン1合をゴマサバのサバ抜き(もみのりとゴマのわさび醤油和え)、豆腐とワカメの味噌汁、大根おろし、ベーコンエッグで食べる。げふっ。本日は午後1時上映開始の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を見た後で食事するつもりだから朝から大飯食らっておくのだ。その後シャワーを浴びて身支度拵え事務所へ行く。仕事、まあ、ペットボトル・ビンのゴミだしだけどね、をしたり亀の世話をしたり。そして午前11時過ぎのバスで博多駅へ。

 午前11時半に到着して時間つぶしのため紀伊国屋書店などを覗く。そして午後12時半に上映館のTジョイ博多へ入場、チケットを発行して待つこと20分。ドルビーシネマシアターへ入場だ。入口、座席への通路の暗さはやはりドルビーシネマならでは。あんまり暗すぎたので前回の入場の際にどっちへ行っていいか分からなくなったぐらい。今回も前を歩いていたおじさんが迷っていた(笑)。

 午後1時に予告編が開始。これから私の目は私の体の離れてこの愉快な大怪獣映画の世界に入っていくのです・・・。いやあ、面白かった、堪能した、巷ではゴマすりバードなどと揶揄されているラドンが一番カッコ良かった(笑)。

 今回はドルビーシネマ 3D上映だったのだが、3Dに限っては通常の映画館の方が良かったと思う。3D眼鏡によってどうしても画面が暗くなりドルビービジョンの魅力が薄れてしまうからである。また解像度にもダメージがあり、ややピンボケ調に見えてしまう。

 ドルビーアトモス音声はさすがの迫力。体に叩き込まれるような重低音の量感がすさまじい。移動感表現の確かさはオブジェクトオーディオならでは。BGMの品位も大変に高かった。だが、しかし、それだけに私の体への負担もまた大きかったのでして。一時的に耳がおかしくなったし、映画を見ただけなのに酷く疲れもしたのである。年を取るっていやですね、ほんと。

 この映画は予告編まで含めると2時間半を越える大作。最後の20分間は尿意に悩まされ、さらにエンドクレジットの最中に便意を催した。んぎーと我慢してなんとか最後まで見終えた私はダッシュでトイレに向かい個室のドアを閉める暇もなく便器に座って盛大にひり出したのであった。

 (いや、ドアはちゃんと閉めましたよ、暇もなかったというのはウソですからね)

 その後博多駅のラーメン横丁で醤油ラーメンを食べバスで帰宅する。

 夕食は午後7時過ぎ。コンビニのカツサンドでビール一缶飲む。その後はネットの『ゴジラ キング・オブ・モンスター』評を漁る。

 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 午後11時過ぎからプロジェクターを起動させて「4K ウルトラQ 燃えろ栄光」を見る。ウウーム、冒頭の後楽園ホール(だと思う)客席の映像情報の豊かさに仰天。オリジナルネガスキャンの4K、適切なグレーディング、HDRの力でこれほどの映像が映し出されるのだ。

 就寝午前1時過ぎ。
 

|

« 6月4日(火) 『宇宙スピルバーグ戦』 | トップページ | 6月6日(木) 推しメンとめしべ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月4日(火) 『宇宙スピルバーグ戦』 | トップページ | 6月6日(木) 推しメンとめしべ »