« 6月17日(月) 「森の小さな結界で結婚式を挙げました」   | トップページ | 6月19日(水) 「ウロボロス大作戦」 »

2019年6月20日 (木)

6月18日(火) 「カストリのプリンセス」

 6月18日(火) 「カストリのプリンセス」
 カストリ雑誌の表紙絵を武部
本一郎画伯が描いたと言う駄洒落でございます。父の老人施設入居についての話し合い。院内行事でカラオケ大会とかおはぎ作りなどをやっているようだ。私も爺さんになったら施設に入居してカラオケしたり、おはぎ作ったりしなければならないのかと思うと大変に気が重くなる。第一、私はおはぎが嫌いだ(あまり関係ない)。そしてこの手の施設には必ず博愛ババアみたいな人がいて(要するにおせっかいということ)、こっちが「わしゃ一人が好きなんじゃ」といくら言っても聞いてくれない。逆に「一人ではさびしいでしょう、ほらほらマイクを、ほらほらあんこを」とか言われるのである。「本当に一人がいいのじゃから構わんでください」と断り続けているとしまいには「あの偏屈じじいが」と言われ人間関係が悪くなる。博愛ババアをリーダーとするババア集団に何かとつらく当たられたりする。「あの人は1日におしめを2枚つかうのよ」と陰口を叩かれたりする。あー、面倒くせえ。オレの未来は暗い。

 オタク趣味ばかりの老人を集めたオタク老人ホームみたいのがあればいいのではないかと思っていた時期があった(どこかの国で本当にスタトレ養老院みたいなことをやったらしい)。ただ、それはあまりオタクの人との付き合い経験値が少なかったころの話で(笑)、その経験値がレベル30くらいになった今では「いやそれはそれで普通の老人ホームよりよほど面倒臭いことになるのではないか」と思っている、うん。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯はピザトーストとゼロカロリーカルピス。昼飯は父親の病院への物資補給の帰りに回転寿司。ここはいつものかっぱ寿司と違って注文した皿が同じレーンで流れてくる。前回はこのタイミングが良く分からず他の人が注文した皿をうっかり取ってしまい慌てて戻したなんてことがあった。今回はそういう失敗はしなかったものの、やはり面倒臭い。この点は専用レーンで新幹線の形をしたキャリアーで運ばれてくるかっぱ寿司の方が断然宜しい。いや、新幹線が走ってくるのを見てわーい、わーいとか喜んでいる訳じゃないんだよ、子供じゃないんだから(笑)。

 寿司の味に関しては・・・ウウーム、これは今日の店の方が美味しいかなあ。

 夕食はマルちゃん焼きそばの肉入りヴァージョン。いやー、やっぱり味の素をしっかり使うと味に深みが出て美味しいわ。

 終了後プロジェクターを起動させ米国盤UHDの『シュガーラッシュ 2』を見る。プリンセスネタが面白い。「それであなたはどんなタイプのプリンセスなの?」「毒を盛られたの?」「誘拐されたの?」「呪いをかけられたの?」 確かに考えてみればそんなブッソウな話ばかりだ(笑)。
しかし「あなたを助けてくれる強い男がいて問題が解決するのね、それでこそプリンセスだわ!」というのはジェンダー的に不味くないか。

 人面瘡ネタもディズニーらしからぬアブナいもの。私などは大笑いなのだが、どうもこのあたりがお母さんたちには気に入らなかったらしい。「子供にはちょっと怖すぎるところがあった」という評価が多いのである。いやなに、子供にはもういきなり怖いもん見せていいのよ、オレなんか子供の頃に「ゲゲゲの鬼太郎」で「もうりょう」とか「地相眼」とか「イースター島奇談」とか「かまぼこにされた鬼太郎」とかめちゃくちゃ怖い話を喜んでみていたんだ。そうしたらホレ、押しも押されぬ立派なクソオタクになりましたよ!

 画質は綺麗なのだが、HDRの効果が物足りない。映像が平坦に見えてしまう。音声はドルビーアトモス。音場の広がりが今一つ小さいようだ。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時半に就寝。

|

« 6月17日(月) 「森の小さな結界で結婚式を挙げました」   | トップページ | 6月19日(水) 「ウロボロス大作戦」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月17日(月) 「森の小さな結界で結婚式を挙げました」   | トップページ | 6月19日(水) 「ウロボロス大作戦」 »