« 6月2日(日) 「がんばれゲーム機」 | トップページ | 6月4日(火) 『宇宙スピルバーグ戦』 »

2019年6月 4日 (火)

6月3日(月) 『スピルバーグと深海の怪物』

 6月3日(月) 『スピルバーグと深海の怪物』
 スピルバーグがあのレイ・ハリーハウゼンの『水爆と深海の怪物』をリメイクするそうだ(ウソ)。さて、昨日の無線LAN騒動の続報。いろいろ試してみた結果、ネット接続が頻繁に途切れる原因は無線LANルーター NV900Wにありと判明(多分だけど)。これはニフティのセキュリティオプションで設置したものだから、ニフティに連絡して交換してもらうことにする。

 これでも直らなかったらどうしよう。

 
 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとゼロカロリーコーラ。300キロカロリー。昼飯にサッポロ一番味噌ラーメン 450キロカロリー。夕食はゴハン一合を茄子炒め(味付けは味の素と焼肉のタレ)、大根おろし、ゴマサバのサバ抜き(要するにもみのりとゴマをわさび醤油であえたもの)、豆腐とワカメの味噌汁、生卵で平らげる。750キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 その後Netflix配信の韓国映画『チョ・ピロ 怒りの逆襲』 財閥の横暴、セウォル号事件という韓国のアレなところを組み合わせてそこに人生に絶望していた元女子高生とケチな汚職刑事チョ・ピロを放り込むとこういう映画になる(笑)。そして韓国映画の常として財閥のトップは007映画のスペクターの首領のごとき巨悪であり、保身のためならば殺人をも厭わないというか積極的に殺す(笑)。会長直属の室長はこのためだけに雇われている始末屋。表向きは財閥のSPである彼の部下たちも同様の殺人部隊だ。いくら韓国の財閥といえども無茶なのだが、そういうことを堂々とやってのけられるのが韓国映画の強みなのである。何度も言っているけれども娯楽としての映画を彼らは十分に理解しているのだ。

 ラストの大逆襲もその前に守るべき対象であった筈の元女子高生が財閥のあまりの仕打ちに絶望をより一層深めてあっさり飛び降り自殺している。その痛々しい事件があったからこそチョ・ピロの殴り込みにカタルシスを強く感じることができるのだ。

 まあ、正直言ってこのチョ・ピロの戦闘能力はあまり高くないので戦いの展開が「カッコ悪いヒットガール」みたいになってしまいましたけど。

 ハイビジョン画質は良好。鉢植えの葉っぱの美しい緑に驚かされる。暗い場面でもトーンジャンプは出ないし、変なノイズが増えることもない。音声はドルビーデジタルプラス 5.1チャンネル。珍しく重低音に迫力がある(笑)。前後への移動感も途切れることなくきちんと距離感を表現してくれる。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝と行きたいところだが、また眠れなかった。昔の「大食い選手権」を全部見た午前2時半過ぎにやっと眠りに入ることができた。でもまあ、午前1時に眠れても午前5時に目が覚めちゃうなんてこともあるので、どっちもどっちであるな。

|

« 6月2日(日) 「がんばれゲーム機」 | トップページ | 6月4日(火) 『宇宙スピルバーグ戦』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月2日(日) 「がんばれゲーム機」 | トップページ | 6月4日(火) 『宇宙スピルバーグ戦』 »