« 7月3日(水) 「ギニーピッグマン」 | トップページ |  7月5日(金) 『空飛ぶ塩分地球を襲撃す』 »

2019年7月 5日 (金)

7月4日(木) 『くさや妖怪伝』

 7月4日(木) 『くさや妖怪伝』
 久々のアナグラム駄洒落。この時の安藤希さんはめちゃくちゃ可愛かったのだがなあ・・・。ネットフリックスのドルビーアトモス音声対応問題の件、パナソニックから解答が来た。しかし、その解答はまったくの的外れ。「ドルビー、DTS音声のデジタル出力をビットストリームに設定してください。BDの副音声は切にしてください」ってもうやっとるぞ。パナソニックの解答はドルビーアトモス出力全般についてのものであり、私が問い合わせたネットフリックスのアトモス音声対応ではないのだ。

 やっぱり納得いかないざます。ミーはまた問い合わせをするつもりざんす。そしてやっぱり事と次第によってはパナソニックの本社へ躍り込みチューブ2本分のマヨネーズをまき散らすざんす。このマヨネーズはカロリーハーフじゃないざんす。カロリーたっぷりのホンモノざんす。

 (いや、やらないですけどね)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ。ちょっと日記に書けないことがあって、ひどく落ち込む。今年はもういろいろありすぎて正直心が折れそう、何か大変に疲れた。

 食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯はコンビニの冷凍具付き醤油ラーメン。夕食は宮崎地鶏の焼き物で、これもコンビニ、ビールを飲み盛岡冷麺で仕上げ。

 その後プロジェクターを起動させてネットフリックス配信映画『シークレットミッション』を見る。北朝鮮のエリート工作員。彼は韓国に潜入し任務下達の時を待っている。彼の韓国における身分は町のバカ(知的障碍者)。そのミッションはキビシイ。1日に1回は人前で派手にこけて見せねばならぬ。1ヶ月に1回は人前で脱糞しなければならぬ。このあたりの容赦の無さはさすがに韓国映画。こんなのやれるのは世界広しといえども韓国だけ(笑)。

 しかし、後半の展開は実にシビアである。特殊部隊の存在を隠ぺいすべく北朝鮮上層部は潜入スパイたちに「とっとと自決せよ」と命じるのである。それに納得できない主人公は仲間たちと送り込まれてきた北朝鮮部隊と戦うのであるが衆寡敵せず一人また一人と命を落としていくのであった。

 この前半と後半のギャップの凄さと言ったらないよ。

 バカとしての主人公が世話になっていたお店のおばさん。口では厳しく主人公をしかりつけるのだが実は彼を息子のように思っていた。彼女が主人公に送った通帳には次第に増えていく給料と「ただ主人公の名前だけ」「家族のような主人公」「息子のような主人公」と変わっていく振込先が記録されていた。この場面は流石に上手いと唸らされましたな。

 ハイビジョン画質は暗部のノイズが残念であった。音声はドルビーデジタルプラス5.1チャンネル。銃器の発射音の鋭さ、定位の良さが特徴的。

 終了後シャワーを浴びてお酒。いや、昼間のショックが後を引いていて飲まずにはいられなかったのだ。お供は録画の「幻解 超常ファイル ニューネッシー」。就寝午前1時過ぎ。
 

|

« 7月3日(水) 「ギニーピッグマン」 | トップページ |  7月5日(金) 『空飛ぶ塩分地球を襲撃す』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月3日(水) 「ギニーピッグマン」 | トップページ |  7月5日(金) 『空飛ぶ塩分地球を襲撃す』 »