«  7月5日(金) 『空飛ぶ塩分地球を襲撃す』 | トップページ | 7月7日(日) 「私は塩分に乗った!」 »

2019年7月 7日 (日)

7月6日(土) 「空飛ぶ塩分同乗記」

 7月6日(土) 「空飛ぶ塩分同乗記」
 「いやー、おかげで血圧あがっちゃってお医者さんに怒られてしまったよ」 ジョージ・アダムスキー談。映画『新聞記者』 加計学園獣医学部の新設が「生物兵器製造のため」というアレな陰謀論があったのだが、これはそんな出鱈目を本当に映画にしちゃったという(笑)。「こっそり生物兵器を作って戦争しようとしているのだ」と言うのである。はっきり言って狂ってる。そんな映画を作って政権批判だ、どうだと威張っている奴はどう考えても気が狂っている。あるいは反日勢力の手先だ・・・とは言えないのがまた狂っている(笑)。このヒトタチは秘密裏に生物兵器を製造するため各方面の耳目を集めざるを得ない大学を新設するとかあり得ないだろうという判断ができないのだ。

 反政府、反権力はかまわん。言論の自由があるのだから。しかし、こんなことが現実に可能である筈がない。そうした常識の無さというのはいったい何なのだ。こんなアレな人たちが跳梁跋扈する邦画界とはいったい何なのだ。だから米海兵隊員を未成年の広瀬すずを容赦なくレイプする犯罪者、周囲の沖縄の人たちをそれを見てみぬふりをする存在として描いた極端に差別的な映画『怒り』を名作扱いにしちゃったりするのだ。またこんな雑な陰謀論を雑な論理のまま映画にしちゃう人たちなのだから、ご都合主義の域にすら達しない矛盾だらけのアレな映画を量産しちゃうのだ。メジャーな映画会社の特にアクションエンターテイメント的な映画のレベルの低さは絶望的だぞ。

 この時代遅れなサヨク的傾向は昭和40年代から変わっていないのではないか。いや、むしろ逆行しているようにさえ思える。これは間違いなく邦画界の構造的な宿痾である。

 そしてまた恐ろしいのがこの映画の内容を鵜呑みにしているアレなのがいること。安倍が悪いことをしているのだと思い込む人たちの科学的ですらない常識の無さがなにより怖い。この手の常識に欠けた二元論は容易に偏見・差別を生みだしかねないからだ。もっともこの手の論者は反安倍、サヨクに限ったことではない。保守・ウヨクとみられる人たちにもたくさんいる(笑)。ただ、繰り返すように邦画界の常識に欠けた二元論的サヨク傾向の蔓延が邦画の質の低下の遠因になっているのではないかと思う・・・それはさすがに発想の飛躍が過ぎるかな(笑)。

 まあ、あの『デビルマン』が意外とトクベツではないと認識した時のショックたるや(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。300キロカロリー。昼飯にラ王冷麺。トッピングはなし。その代り茹でホウレンソウを食べた。400キロカロリー。夕食は冷奴半丁、千切り山芋、それとケチャッピーを使ったナポリタン。茄子、ピーマン、玉ねぎ、ベーコンを使用。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 その後プロジェクターを起動させて米国盤UHDの『ザ・プレデター』を再見。以前は再生中2~3回フリーズするのが常であったが、DP-UB9000は先日のアップデートによりディスク再生能力が強化されている。おかげでまったくフリーズすることがなくなった。大変に嬉しかった。

 またプロジェクターV7での初鑑賞である。UB9000との連携によるHDR再生能力はまったくブレステイキングな暗部の見通しの良さを生み出す。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。「ゴリパラ見聞録」 また熊谷。新幹線で現地に到着した3人は1ヶ月前と同じだよと大苦笑。しかも偶然にも前回の依頼者と再会したと言う・・・。

 車内でゴリけん、また「玉竜旗」の仕事の話題を持ち出す。試合に出場する予定の監督さんたちと飲んだゴリけん、「技のカッコいい表現の仕方ってありますかねえ」 芸人たるものがそういった表現方法を聞く、しかも試合の当事者の皆さんに、と大笑い。このゴリけんの素朴な人間性の魅力は捨てがたし(笑)。

 午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。
 

|

«  7月5日(金) 『空飛ぶ塩分地球を襲撃す』 | トップページ | 7月7日(日) 「私は塩分に乗った!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  7月5日(金) 『空飛ぶ塩分地球を襲撃す』 | トップページ | 7月7日(日) 「私は塩分に乗った!」 »