« 9月6日(金) 「サムスンとデリラ」 | トップページ | 9月4日(日) オラは任侠もの »

2019年9月 8日 (日)

9月7日(土) おおプレイメイト あなたのお家はどこ?

 9月7日(土) おおプレイメイト あなたのお家はどこ?
 私のお家はプレイボーイ・マンションよ。レンタルブルーレイでクリント・イーストウッドの『運び屋』を見る。前半の「西東京市白光団地の最凶じいちゃん・イワオ(74)」(戸梶圭太著)をホーフツとさせる最強ジジイぶりは面白かったが、ラストの展開に口アングリ。いくら年寄りだからと言って下手したらギネス認定されかねくらいの大量の麻薬運んでいたんだぞ。大罪人じゃないか。それなのにDEAの捜査官たちは彼に妙にヤサシイのだ。

 それに離婚した妻の臨終に立ち会ったことで修復された家族の関係がそのまま続く筈もあるまい。フツーだったら家族との関係はもとの木阿弥。それどころか「結婚式で出して貰ったお金は麻薬運びで稼いだのね!そんな汚い金で私たちの歓心を買おうとしていたのね!」とか言われて以前よりさらに悪化してもおかしくないと思う。それなのに裁判所で自ら申し出て有罪が決定した直後、家族みんなが涙ながらに「面会に行くからね、私たちは味方よ」とか言いやがる。こう言っちゃなんだがありえねー。

 イーストウッドは末端価格1200万ドルの麻薬運びの最中、元妻が危篤であることを知って駆け付ける。わあ、爺さんが行方不明だと慌てる麻薬組織の付添人たち。こいつらのあまりの無能さにも呆れた。イーストウッドは縁もゆかりもないところへ逃げた訳ではない。元妻の家にいるのだから簡単に探し出せた筈だ。それができないということは彼の元妻の所在すら調べてないのであろう。いや、「え、奥さん、ガンで死んじゃったの」とか言っていたから元妻の存在自体を把握していなかったのかもしれない。なんと脇の甘い麻薬組織であることか(笑)。

 現実のメキシコの麻薬カルテルはそんな生易しいものではないと聞く。実際こんなことをやったら一族郎党皆殺しにされるのではないか。

 この映画は実際の事件に基づいている。イーストウッドが演じた園芸家レオ・シャープは2009年から2011年まで麻薬の運び屋を務め合計1,400ポンド以上の麻薬を運んだという。彼はコカインがディリリーと同じく人を幸せにする植物だから麻薬の運び屋をやったと語ったそうな。しょうもないじじいである(笑)。

 画質は良好。まったくパナソニックのスーパーマシーン DP-UB9000はブルーレイソフトの画質をここまで綺麗に見せてくれる。音声はDTS-HDマスターオーディオ。リアのパワーアンプをヤマハ MX-5000に変えてから初めてのサラウンド鑑賞となった訳だが、やっぱりモノラル・パワーアンプ NuForce
Reference9 V2 SE
(アップグレード)には敵うべくもない。移動感や定位は正確なのだが音場の厚みがまるで違う。

 まあ、これもアレをアレするまでの辛抱なのだが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯に卵入り豆腐の味噌汁、玉ねぎ炒めでゴハン半合。450キロカロリー。昼飯はちゃんぽん。いつもの冷凍ちゃんぽんではなく蒸し麺と液体スープがセットになったもの。野菜などの具材はこちらで用意するのである。冷凍ちゃんぽんの野菜はとうもろこしを除いてくっそマズイので(笑)逆にこっちの方がありがたい。ピーマン、キャベツ、玉ねぎ、もやしを使用。450キロカロリー。夕食はラーメンライス。ラ王の醤油味でゴハンを半合。ラーメンにはもやしとねぎをしこたま入れる。ゴハンは電子レンジで1分半加熱してアツアツにした奴に味ポンで和えたかつおぶしを混ぜ込む。この組み合わせはなんだか夢のように美味しかった。600キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 その後プロジェクターを起動させ前述の『運び屋』を見て首を捻ったのである。終了後シャワーを浴びてあれこれ。「ウォーキングデッド」を1回分。午後11時半に入眠剤を服用して午前1時過ぎに就寝。また変な夢を見た。


|

« 9月6日(金) 「サムスンとデリラ」 | トップページ | 9月4日(日) オラは任侠もの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月6日(金) 「サムスンとデリラ」 | トップページ | 9月4日(日) オラは任侠もの »