« 9月28日(土) 「二匹目の東条」 | トップページ | 9月30日(月) エルキュール恋愛 »

2019年9月30日 (月)

9月29日(日) 東条掬い

 9月29日(日) 東条掬い
 反戦?駄洒落第2弾!D-ILAプロジェクター「DLA-V9R」「DLA-V7」「DLA-V5」のHDR機能を無償アップグレード!「Frame
Adapt
HDR」機能を実装<https://www3.jvckenwood.com/press/2019/dla-v9r_v7_v5.htmlより引用開始>新機能「Frame
Adapt
HDR」の特長 

 1.フレームごとの最大輝度を独自のアルゴリズムで瞬時に解析し、リアルタイムに画質を調整  HDR10コンテンツのフレームごとの最大輝度を独自のアルゴリズムで瞬時に解析し、プロジェクターでの映像投写に最適なダイナミックレンジにリアルタイムで調整します。また同時に、映像データの彩度、色相、明るさも解析し、補正を行うことで色相の変化や色抜けを抑えることが可能です。これにより、同じコンテンツの中でも暗いシーンではより深い黒の階調を、明るいシーンでは色を損ねることなくピーク輝度を上げることができるため、これまでプロジェクターでは難しかった、人間の目で見る現実に近い映像再現を実現します。


 2.あらゆるHDR10コンテンツに対応可能  本機能は、入力された映像信号を解析、調整を行うため、マスタリング情報の有無に関わらずあらゆるHDR10コンテンツへの対応が可能です。

 3.18-bitレベルのガンマ精度でなめらかなグラデーションを再現 従来は12-bit相当で行っていたガンマ処理精度を18-bitまで高めることで、階調表現力が向上。HDRコンテンツにおいて課題とされてきた明部の階調段差や暗部の黒つぶれを抑え、高精度でなめらかなグラデーションを再現します。<引用終了>

 このアップグレードの実施(ファームウェアをダウンロードしてUSBメモリを介してバージョンアップを行う・・・らしい。ここらへんはまだよく分からん)は10月中旬。実に楽しみである。

 しかし、このJVCのプロジェクターといいパナソニックのDP-UB9000といい、ファームウェアの更新でまるで別機種のごとく生まれ変わる。この様は2024年までにブロック4の実装が予定されているF-35戦闘機をホーフツとさせるのである(ホーフツとさせているのは私だけかも知れないが)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのホットドックとミルクティー。昼飯は20年ぶりくらいの一九ラーメン。もちろん替え玉もする。夕食は冷奴半丁でビール500ml缶を飲み自分で作ったカレーで仕上げ。いや、まだホテル仕様のレトルトカレーが残っているのだが、たまには人参や玉ねぎがごろごろ入っている奴を食いたくなるのだ。

 その後プロジェクターを起動させてネットフリックス配信の映画 『タイタン』を見る。2048年の地球は環境悪化が進み、早晩人類の数は半数になってしまうだろう。そうなる前に太陽系で唯一大気のある土星の衛星タイタンへ移住するのだ。しかしタイタンではもちろん人類は生きてはいけない。そこで人類を改造してタイタンで暮らしていけるようにする。名付けてホモ・タイタニアンだ!

 この肉体改造は我々の想像を絶するもので、肉体の異様な発達はともかくとして、両生類のようなのっぺりとした皮膚、タロス星の幻怪人(「スタートレック」ね)のごとき顔つき、手は中指と薬指が融合して4本になり、手からは何の必要があるのか触手が飛び出す。そしてもはや彼らにはバーバルコミュニケーションすら不要である。ある周波数の音波でお互いの意思を疎通しあうからだ。また両脇の下にはムササビのような被膜があり、これを使ってタイタンの大気中を自由自在に飛び回るのである。

 この改造が済んで家族にお披露目する場面でもう大笑い。「ご家族の皆さん、あなたの旦那様、奥様はこんな風になっちゃいましたよ、凄いでしょ」 家族はもうドン引き。子供などもう泣きそうである。

 しかもこの改造は大変に難しい。いくら実験段階であるとはいえ、10人の志願者のうち、最終段階に到達したのはただの二人。他の皆さんは死んだり、暴れ出して奥さんをぶっ殺して処分されたりするのである。そしてその二人の内、一人はこれまた狂い出して旦那さんを惨殺し射殺されてしまう。

 これだったら悪化していく地球の環境に適合するよう改造する方がよほど簡単だったんじゃないの(笑)。

 そしてこの映画の最大のポイントは50~60年代のSF映画だったら『4Dマン』や『戦慄! プルトニウム人間』、『蝿男の恐怖』『太陽の怪物』『X線の目を持つ男』といったような作品になっていただろうテーマを使って家族愛を描こうとしているところ。こんなネタで観客を感動させようというのですから大変な度胸です(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。夜の場面でトーンジャンプが目立つのにはちょっとがっかり。まあ、WOWOWだったらもっと凄いことになっていると思うけど。音声はドルビーデジタルプラス5.1チャンネル。的確な動きの表現が見事。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画の「ゴリパラ見聞録」 その後プロジェクターを再起動させて『ラドン HDリマスター』の続き。

 就寝午前1時過ぎ。


|

« 9月28日(土) 「二匹目の東条」 | トップページ | 9月30日(月) エルキュール恋愛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月28日(土) 「二匹目の東条」 | トップページ | 9月30日(月) エルキュール恋愛 »