« 10月25日(金) 「青髭は尊し」 | トップページ | 10月27日(日) 「金のガチョーン」 »

2019年10月27日 (日)

10月26日(土) 「携帯の大冒険」

 10月26日(土) 「携帯の大冒険」

 フランス小話。「お、なんや、フランスの地下鉄では誰もスマホいじっとらんで、日本とエライ違いや、さすがフランスやの―。「フランス、地下鉄電波届かへんねん」

 このフランス小話は今、私が5分でテキトーにでっち上げたものです。本当にフランスの地下鉄では携帯の電波が届かないのか私の知ったことではありませんのでご了承をお願いします。

 JVC プロジェクター DLA-V7のFrame Adapt HDRに関する続報。某所で読んだ書き込みを参考にHDRレベルの設定をオートから高に変えてみた(HDRプロセッシングはフレーム、シネマフィルターはワイドで設定)。ソフトは昨日に引き続き国内盤UHDの『ブラックパンサー』 HDRレベルを高にすると映像がよりヴィヴィッドになる。暗部に限らず明るい場面でもディテールが浮かび上がってくると言う3D的な効果さえ出してくる。かといって暗部の表現力に弊害が出てくるということもない。それどころか、夜景の美しさはこれがプロジェクターの映像だとは信じられないほどのリアリティを現出させるのだ。

 さて、『ブラックパンサー』の終了後は同じく国内盤UHDの『ハリーポッターと炎のゴブレット』 あー、こりゃダメだ(笑)。あのクイディッチワールドカップの会場ではファッジ魔法大臣の顔がおもいっきり飽和している。元々のソフトが悪いのだが、Frame Adapt HDRを使っても補正されるどころかむしろ強調されてしまうようである。

 ちょっとがっかりしたのだが、その次に試してみた『シンゴジラ』でその不満は銀河系の彼方まで吹き飛んでしまった。冒頭の東京湾の波濤からして違う。細かい波がよりくっきりと見えてくる。そしてFrame Adapt HDRがその真価を存分に発揮したのがゴジラが米軍B2を撃破後、怒りに任せて東京を焼き払う場面だ。

 ビルの窓の明かりが異様に鮮やか。また渋滞にあえぐ車のヘッドランプのまばゆさ、暗黒の東京に屹立するゴジラの禍々しさは初めて体験するもの。このディスクにはこれほどの映像情報が収録されていたのである。

 ということで、次は『シンゴジラ』を全編見返してみようと思っています。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン半合を炒めたベーコン、キャベツ・玉ねぎの味噌汁、かつおぶしで食べる。450キロカロリー。昼飯はキャベツ、ピーマン、もやし、玉ねぎ、人参を使ったチャンポン。600キロカロリー。夕食はレトルトのカレー。これにラップして電子レンジで5分加熱した人参を加える。後はキュウリ一本をクバラキャベツのタレで。450キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 その後シャワーを浴びてあれこれ。「ウォーキングデッド」2話分。しかし、このもっちゃりとした話の展開はすげえなあ。たいがいもの好きの俺だってネットフリックスで一気に見るという視聴スタイルでなかったらこの辺でもうやめちゃったかも知れんよ。

 午前1時過ぎに入眠剤を服用して午前2時過ぎに就寝。

|

« 10月25日(金) 「青髭は尊し」 | トップページ | 10月27日(日) 「金のガチョーン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月25日(金) 「青髭は尊し」 | トップページ | 10月27日(日) 「金のガチョーン」 »