« 10月21日(月) 『キズナアイ旋風児』 | トップページ | 10月23日(水) 『乱歩 最後の戦場』 »

2019年10月24日 (木)

10月22日(水) ダンプガイ絶壁

 10月22日(火) ダンプガイ絶壁

 久々の二谷英明駄洒落。実にヤバかった。下手したら大けがをして新聞に載るような事故になってもおかしくなかった。それは22日、午後1時の出来事。父親の老人ホームに差し入れをした帰り道、天神へ寄ってHiVi誌を購入した私は地下街への階段を降りようとした。そのせつな、階段入口の段差にけっつまづいてしまったのである。私の腰はくきんとくだけて踏ん張れない。私はけっつまづいた際に発生した運動エネルギーを保持したまま旧支配者の眷属たるヨグ=ソトースが支配するところの深淵(つまり地下街入口の階段)へツッコんでいったのである。本気と書いてマジで死ぬと思った(笑)。

 私はとっさに手すりを掴んで事なきを得た。やみくもに手すりに向かって手を突き出したのだから突き指などしてもおかしくはなかったのだが奇跡的に無傷であった。傷ついたのは私のプライドだけという使い古されたギャグのような状況で済んだ。もしもこの時手すりを掴めなかったり、あるいは手すりに手が届かないような場所で転んでいたりしていたら、私はそのまま階段を転げ落ちてしまったであろう。おそらく骨折などの大けがを負っていたに違いない。

 いや、私だけが怪我をするのは仕方ない。考えるだに恐ろしいが、もし前に人がいたらどうなっていたことか。私はたまらずその人の背中に激突し、心ならずも突き落す形になった筈だ。思いもかけないタイミングで背中をどんと押されるのである。私はその人のおかげで助かるかもしれないが、その人は私の身代わりとなって階段を転げ落ち、私が単独で事故を起こすよりも酷い怪我を負ったかもしれないのである。

 ああ、怖や、怖や。私はこの幸運をもたらしたであろうクトゥルーの神々を永劫に讃える。クトゥルー・フタグン ニャルラトテップ・ツガー シャメッシュ シャメッシュ ニャルラトテップ・ツガー クトゥルー・フタグン!
 (あの別に発狂した訳ではないのでキチガイ病院へ電話するのはやめて下さいね)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのカツサンドとカフェラテ 700キロカロリー。昼飯は前述の事故より奇跡的な生還を遂げた後に月見うどん。350キロカロリー。夕食はレトルトのカレーとラップで包んで電子レンジで3分加熱した玉ねぎ半分。450キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。

 その後プロジェクターを起動させてネットフリックス配信の『月影の下で』を見る。1988年に出現した奇妙な殺人犯は主人公の目の前で列車に轢かれてぺっちゃんこ。しかし、その9年後、死んだはずの殺人犯がまた現れる・・・のタイムスリップ的解釈はなかなか秀逸であった。

 また将来においてアメリカの破局を招く白人至上主義団体の構成メンバーが著名なピアニストなどに留まらず一介のバス運転手、調理人といった市井のフツーの人々にまで及んでいるというのが実にアメリカらしくて宜しい。さらに1988年に殺害された白人至上主義団体の大元の男が、麻薬でラリパッパ状態だったので死因がオーバードーズにされて連続殺人の犠牲者だとは思われていなかったというのもさらにアメリカらしくて宜しい(笑)。

 画質は4K HDR。4Kらしい解像度の高さは認められるもののHDRの効果はごく控えめ。音声はドルビーデジタル+5.1チャンネル。ヴォリュームを大きめにすると包囲感が段違い。ネットフリックスのサラウンドは大音量が基本だ!

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。「ウォーキングデッド」を2話見る。午前1時過ぎに入眠剤を服用して午前2時過ぎに就寝。

|

« 10月21日(月) 『キズナアイ旋風児』 | トップページ | 10月23日(水) 『乱歩 最後の戦場』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月21日(月) 『キズナアイ旋風児』 | トップページ | 10月23日(水) 『乱歩 最後の戦場』 »