« 11月8日(金) 「なぞの天王星」 | トップページ | 11月9日(土) 「墓場童子」 »

2019年11月10日 (日)

11月9日(土) 「墓場の王子様」

 11月9日(土) 「墓場の王子様」

 「a Knight from Graveyard」 なんかこんなタイトルのホラー映画ありそうですな。さあて今月分の米国盤UHDの注文は『スパイダーマン ファーフロムホーム』『ランボー 最後の戦場』『オズの魔法使』の3本です。送料込みで74.87ドル、到着は11月21日の予定です。

 随分前に録画しておいたWOWOWのフィンランド ダークヒーロー映画 『レンデル』を見る。悪徳製薬会社に妻子を殺されたフツーの会社員がダークヒーロー レンデルとなって復讐を開始というストーリーなのだが、なんかいろいろ変なところがあって落ち着いてみていられない。

 財務担当だった主人公が製薬会社の投資を拒否、製薬会社のボスが手を回してリストラさせる(という風に見えた)。再就職がまったく上手くいかない主人公を製薬会社に誘い込む。これから投資を拒否したことへの仕返しが始まるのかと思いきやさにあらず。その主人公をいきなり社の機密情報が満載の部屋に案内して書類を整理させる(という風に見えた)。あまつさえ社の最重要機密書類が自由に持ち出し可能。自宅へ持ち帰って調べていたら、社長の息子に「お前、ふざけたことをしやがって」と妻子を銃殺される。自身も釘を植え込んだバットで殴られて瀕死の重傷。

 あまりにも簡単に書類を持ち出すものだからそれが最高機密書類だったなんて私に思える訳ないよ(笑)。主人公に対する罠ではないかと思ったけど、まったくそうではないようだし。

 主人公はこれまたこの会社から持ち出した特殊な液体を顔面に塗りダークヒーローへと変身する。これは体に塗りつけると細胞レベルで同化し石のように固くなるという性質を持つのだがこんな大変な液体がそこらへんに放り出してあるという・・・。こんないい加減な会社だから最終的に主人公にこてんぱんにされるのだ。

 唯一、良かったのは鳴り物入りで世界各国から参集した傭兵軍団のやられっぷりか。電話で呼び出されるといちいち人を殺してフィンランドに向かうというイカれた奴らなのだが、主人公の前に現れた途端、一人一人実にあっさりとやっつけられてしまうのだ。傭兵軍団のボスに至っては「てめえ、絶対ぶっ殺してやる」と凄んでいる最中に上から自動車が落ちてきてぐしゃっである。

 この変なところを楽しめるかどうかでこの映画に対する評価が決まると思う。私は、もういいかな(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にゴハン1合をベーコンエッグ、茄子炒め、ホウレンソウの味噌汁、かつおぶしで食べる。げふっ。昼飯は冷凍うどんを使った焼うどん。オタフク焼きそばソースを控えめに掛けてウスターソースで仕上げるとなかなかに美味しくなった。夕食はピーマン・玉ねぎ・ベーコンを使ったスパゲティナポリタン。味付けはケチャップと牡蠣醤油。初めてケチャッピーではなくケチャップを使ってみたのだが、意外に美味しかった。もうケチャッピーはいらん!

 その後プロジェクターを起動させて前述の『レンデル』を見て首をひねったのである。

 画質・音質はまあ、ダメだな(笑)。ネットフリックスのドルビーデジタルプラスとWOWOWのAAC音声の評価は完全に逆転した。これはネットフリックスの音質向上のせいではなく単純に私の耳が慣れたせいかも知れない。

 終了後シャワーを浴びてまたダビング大会。午前12時過ぎまで掛かって「タモリ倶楽部」や「ゴリパラ見聞録」をブルーレイメディアにコピーする。午前12時半に入眠剤を服用し午前2時過ぎに就寝。
 

|

« 11月8日(金) 「なぞの天王星」 | トップページ | 11月9日(土) 「墓場童子」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月8日(金) 「なぞの天王星」 | トップページ | 11月9日(土) 「墓場童子」 »