« 7月9日(木) チヌーク症 | トップページ | 7月11日(土) ゼーレの住宅地図 »

2020年7月11日 (土)

7月10日(金) 「ノストラダムスの太陽光発電」

 7月10日(金) 「ノストラダムスの太陽光発電」

 誰が何といおうとこれは「ノストラダムスの大予言」の駄洒落なのだ。「ゲーム・オブ・スローンズ」 第3シーズン終盤でえらいことになった。フレイ家の陰謀で結婚式を餌におびき寄せられたロブ、彼の子供を身ごもっていた王妃ジェイン、母キャトリンと共に惨殺されてしまう。そのほか、有力な武将たちも一網打尽にされ、スターク家の命運は風前の灯となった。残されたのは足萎えの王子、ブラン、弟のコリン、そしてサンサとアリアの姉妹。サンサは人質としてキングスランディングに留め置かれティリオン・ラニスターと結婚させられる。アリアは奇妙な縁からサンダー・クレゲインに保護され今もって彷徨の生活を送っている。

 ここからスターク家を再興させるのはさすがに難しいのではないか。

 七王国を支配するバラシオン家もまた盤石とは言えない。「ブラックウォーターの戦い」で辛くも勝利を収めたものの、新王ジョフリーのサディスティックな性質により王国には不平不満が渦巻いている。そして「ブラックウォーターの戦い」で軍勢の半数を失ったスタニス・バラシオンは怪しげな女魔術師に取り込まれ、亡国への道を歩んでいるかのように見える。

 一人、デナーリス・ターガリエンのみが上手くやっているようである。彼女は夫を失って後、ほぼ徒手空拳の状態から「無垢の軍団」「傭兵軍団」を掌握、その戦力は一万余に及ぶ。さらに極めて裕福な奴隷貿易都市、ユンカイを手に入れており、その軍団はほどからず鉄の玉座を狙う一勢力へと成長するであろう。もっとも「ゲーム・オブ・スローンズ」なので何が待ち構えているか分からない(笑)。スターク家のような運命が彼女を襲ったことも十分に考えられる。

 最近はもう「ゲーム・オブ・スローンズ」ばっかり見ていて他の映画にかまう余裕がありませんよ、はっはっは。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。300キロカロリー。昼飯はカップヌードルとキャベツの千切り。千切りには例によってウスターソースを掛けてばりばりと。400キロカロリー。夕食は豚汁。半分は明日の朝飯に残しておく。これをおかずにパックのゴハンを食べたのである。800キロカロリー。

 本日の摂取カロリー量は1,500キロカロリー也。しかし、パックのゴハンはどうもいけない。べちゃべちゃで妙な臭いがしてはっきり言ってクソまずい。カレー以外には到底使えない。

 その後プロジェクターを起動させて前述の「ゲーム・オブ・スローンズ」を3エピソード見たのである。

 シャワーを浴びてあれこれ。午前12時過ぎに入眠剤を服用し午前1時過ぎに就寝する。


 
 

|

« 7月9日(木) チヌーク症 | トップページ | 7月11日(土) ゼーレの住宅地図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月9日(木) チヌーク症 | トップページ | 7月11日(土) ゼーレの住宅地図 »