« 9月13日(日) キャロライン・陽キャ | トップページ | 9月15日(火) 「みんなアーキテクチャ」 »

2020年9月15日 (火)

9月14日(月) 「宇宙船B級グルメ号の冒険」

 9月14日(月) 「宇宙船B級グルメ号の冒険」

 クァールの姿焼きとか、イクストルのつけ焼きとか。焼いてばっかりだけど男の料理ですからな。2011年9月に放送された「ヒストリーチャンネル 911陰謀論」 あるアメリカ人女性キャスターが「崩壊するのが早すぎるわ。重量に耐え切れなくなってその階がぐしゃって潰れたなんて信じられない。だってワールドトレードセンタービルは110階なのよ。口で110回ぐしゃっぐしゃっぐしゃって言うだけでも3分は掛かるわよ」

 本当にこんなこと言ってたんですよ(笑)。

 最近の陰謀論のトレンドはさらに情けないものになっているようで、なんとWTCに突入した2機の旅客機はCG映像だというもの。おーい、おーい(あまりの情けなさに泣いている)、おーい、おーい、テロ当日は旅客機突入を目撃した何千人もの人たちがパニック状態となった。中には一機目は事故だろうと考えていた人たちが二機目の突入で「げえっ、事故じゃない、テロだ、戦争だ、俺たちがいるビルも狙われているかもしれない、逃げろ!」という例もあった。そういう映像が山ほど残されている。

 そうした事実を一切無視しているのか、あるいはまったく知らないのか分からないが、WTCの突入映像のみを取り上げCGであると強弁するなど、正気の沙汰ではありませんな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は明太子マヨネーズスパゲティ。夕食はキュウリとワカメの酢の物と昨日のカレーの残りでゴハンを一合。何か食事がまったく楽しくない一日であった。

 その後プロジェクターを起動させてネットフリックス配信の『ネクストロボ』 パーソナルロボットの究極的な普及により清潔なる管理社会になっている筈の地球に無理やり『ブレードランナー』風の混沌を持ち込もうとしている映像デザインが痛い(笑)。ストーリーもロボット版ビル・ゲイツみたいな人が「全地球人類を抹殺してやる」と張り切っていたので、おお、ひょっとしたら人間は自分だけ、後は自分にかしづくロボットだけという彼なりのユートピアを作ろうとしているのか、それはそれで深い!と思っていたら実はロボットの反乱に過ぎなかったという。ビル・ゲイツみたいな人はロボットに殺されていたのだ。それじゃ当たり前すぎますってば。

 ただ、ロボット同士の戦闘場面は実に見応えあり。まさかこの手のCGアニメで板野サーカスばりのミサイル乱舞が見られるとは思っていなかった。

 この作品はドルビービジョン・ドルビーアトモス配信。映像は4Kの高解像度とざらざらした質感を両立させたのはエライ!けど、力のない発色、メリハリに欠けるHDRなど満足できるものではなし。ドルビーアトモス音声は動きの表現にすぐれているが音場が平面的。

 この映画に登場する新型パーソナルロボット。黒い頭部スクリーンに三つの○で顔が表現される。ウウーム、この表情は私にはどうしても昔の戯画的に描かれた黒人奴隷のものに見えて仕方ないのだが・・・。いや、多分、きっと気のせいだ、うん。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。午前12時過ぎに入眠剤を服用し午前一時半過ぎに就寝する。
 

|

« 9月13日(日) キャロライン・陽キャ | トップページ | 9月15日(火) 「みんなアーキテクチャ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月13日(日) キャロライン・陽キャ | トップページ | 9月15日(火) 「みんなアーキテクチャ」 »